mixiユーザー(id:63325276)

2021年02月23日15:13

65 view

再掲 これを思うところ 関係ないは通用しない

youtubで会見みたけど、ヒドいものでした。自分達が主導したリコール署名運動で大掛かりな不正が起きているのが現実なのに、不正に関わっていないという明確な証拠も示さず、自分達は知らない、不正していない、カンケ―ない、と繰り返すばかり。挙げ句は河村氏が自分に声を掛け、運動の代表に担ぎ上げられたと言わんばかりの発言もされました。
例え自身の意思で代表になったわけでないとしても、実際に運動の先頭に立って主導していたことには変わりありません。
この人はリコール請願署名とはどういうものか、どれほど責任が伴うのかを理解していない、単に大村憎しで辞めさせてやれ!で始めたのだと思います。
リコール請願署名での水増し、偽造は地方自治法に違反するれっきとした犯罪です。高須院長、河村市長、田中孝博事務局長(維新)は団体の責任者である以上、正確に署名を集め、精査し不正防止の為に厳重に保管する責任があるのです。大規模な不正が起きたけど、私達は知りませんで済ませてはなりません。他国の大統領選は不正ダ―と声高に騒いだけど、この国で、しかも自分達の周りでの民主主義を揺るがすようなこの事件のほうがよっぽど事は重大なのです。
この事件がどういう方向に向かおうとも、高須、河村、田中氏の3名は捜査に全面的に協力し、責任者としての役割を果たせなかったことを県民に説明、謝罪する必要があります。


■代筆者集め「依頼していない」=団体幹部が関与否定―愛知不正署名
(時事通信社 - 02月22日 22:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6422191
8 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する