mixiユーザー(id:6327611)

2021年02月22日04:34

87 view

やはりタラちゃんの最高作は、この映画です。とことん細部まで楽しめる。クエンティン・タランティーノ監督「パルプ・フィクション」(1994)。

先日「ジャッキー・ブラウン」を見直して、思っていた以上に面白かったので、“本家”はどうかいなとハイビジョンで見直しました。そしたらやはり「パルプ・フィクション」がタラちゃんの最高傑作だと思います。日記を読み返したら、日本での惹句(宣伝文句)が“時代にトドメを刺す”だったことを思い出しました(けんさん、ありがとゔ)。とどめを刺したかどうかの判断は別にして、強烈な登場の仕方をしたという事実は抑える必要があると思う。

物語はimdbの要訳が見事なので、それを引用しましょう。
The lives of two mob hitmen, a boxer, a gangster and his wife, and a pair of diner bandits intertwine in four tales of violence and redemption.
2人の殺し屋、ボクサー、ボスとその妻、そして食堂で強盗を働くカップルの人生が、4つの犯罪と贖罪に関する物語として絡み合う。
なかなか簡潔で見事な紹介記事です。

そして今更2時間35分もかけて見直す気が起きない方のために(しかしこの映画の良さはよく知っていると自身のある方のために)、imdbがリンクを張っているA Guide to the Films of Quentin Tarantinoという3分足らずの映像集をご紹介します。これを見れば、タラちゃんの映画の本質が感じ取れます。“感じ取れる”と書いたのは、僕の英語理解力では理解できないけれど、本質は感じ取れるから。
https://www.imdb.com/video/vi1419296281?ref_=tt_pv_vi_aiv_3

次に、この映画に使われたテロップをご紹介します。冒頭にまず2枚のテロップが出ます。
Title Card: pulp /'p&lp(引用者注=発音記号が文字化けしたらしい)/ n. 1. A soft, moist, shapeless mass of matter.(パルプ=名詞、1.柔らかく湿っている不定形物体)
Title Card: 2. A magazine or book containing lurid subject matter and being characteristically printed on rough, unfinished paper.(2.ばかげた主題を含み、粗雑な未精製の紙をわざわざ選んで印刷されている雑誌または本)←僕の主観的な翻訳ですから、適宜修正してください。

そして、テロップが出たことを忘れてしまうほど時間が経って(2時間近いと思う)から、今更“章立て”かよという雰囲気でテロップが入ります。
Title Card: American Heritage Dictionary(アメリカの遺産というべき辞書)
さらに十数分かそれ以上後にもう一枚。
Title Card: New College Edition(そのカレッジ版)←この2枚についても、僕が今グーグル翻訳を元に訳しただけですから、字幕からの引用ではありません。だから内容からかけ離れている可能性が大です。何?字幕はもっとかけ離れてる? そんなこと言うたらあかん。

ということで、この映画のポイントは登場人物の人柄です。たとえば6連発銃を全弾ぶっ放しても殺し屋たちにカスりもしなかった事実に対し、トラボルタは偶然を主張し、ジャクソンは奇跡だという。あるいは、ジャクソンが奇跡を信じて退職し、トラボルタだけを連れてボクサー(ブルース・ウィリス)のアパートで待ち伏せしているボス(ヴィング・レイムス)が、トラボルタのためにコーヒーを買いに出かけてやるとか、そのトラボルタは助けに来た掃除屋(ハーベイ・カイテル)の命令口調が気に食わないと不平を言い、カイテルの機嫌を損ねそうになるとか、そんな細かい描写が見事なのです。

カイテルは、細かい文句を言うジミーに札びらを切り、ボスはもっとお前を大事にしてくれるとなだめるし、父親の形見を置き忘れた妻の失態をなじるボクサーも、妻(マリア・デ・メデイロス最高!)が泣き出しそうになると“朝飯を食っておけよ”と金を置いて自宅に戻ります。そういう優しさがキモの映画なんです。そうそう、トラボルタがトイレで読んでいたのは「唇からナイフ」りモデスティ・ブレーズのコミック本だったっけ。

はい、この2段落に書いた細かい話を、面白いと思わない方はタラちゃんの映画に合わない方ですから、どうぞお引取りください。長らくのお付き合い、お疲れさまでした。今後僕が褒める映画についても、あんまり意見が合わないのではないかと心配しています。

それとこの「パルプ・フィクション」は、スケッチシークェンスの積み重ねが売りですから、オールシネマ・オンラインの記載にあるように“錯綜する時制の処理は思ったほどのまとまりではないが”などと、いかにも冷静に分析しているかのような方法だけを論じるノータリンの論法に関わってはいけません。こういう人はノータリン監督の“錯綜する時制の処理”をありがたがってメメントしておればよろしい。

写真は今回気づいた人だけにしました。まずはバディ・ホリーのそっくりさん(スティーブ・ブシェミ!)。そしてマリリン・モンローを演じたスーザン・クリフィス。そして6発全てを外したアレクシス・アークェット(アークエット兄弟の一員ですが、すでに2016年に亡くなっているようです)。

それにしても10年前にはimdbの“史上5位”だったこの映画が、今は8位にずり落ちています。何年後かわからないけど、僕がこの世からいなくなったころにはベスト10からもずりおちるのでしょう。そういう“ベスト”を信じる人は、興行収入の金額で映画の中身を判断する人と、ほぼ同質であることを反省してください。僕の死後にその現実を見届けた方は、歴史をきちんと読む視点を持った人間が何年か前にもいたということを知っていただけると、僕も浮かばれるというものです。
5 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月22日 16:56
    >「パルプ・フィクション」がタラちゃんの最高傑作だと思います。

    ハゲしく同意であります!
    僕の好きなシーンはスタッフがそっくりさんのレストランでミアとヴィンセントが躍るツイストのシーンですね。
    一体この映画は何?と思いました(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月22日 19:20
    > mixiユーザー どうも。お待ちしておりました。
    注文を取りに来たバディ・ホリーのそっくり姿を再度確認してしまいました。スティーブ・ブシェミと言われたら、そのようにも見えるのですが、エド・サリバンやプレスリーのそっくりさんがいる中、ブシェミがデて出てきたとしても、それがとゔした?状態ですわ。

    つまり、テンポの良い漫才コンビが、ひとつやふたつのギャグが観客の耳を素通りしても、それがどうした笑えるときだけ笑え、というくらいの意気込みが感じられて心地よい。ケチャップのジョークは、すでに知っていてもニヤリとしてしまいます。あかん、またタラちゃん中毒になりそう。ヤ、ヤクをくれ!←なんちゃってね。ジョークですがな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月22日 21:37
    僕はバディ・ホリー自体を知りませんでしたが、1959年に22歳で亡くなっているそうで、映画公開当時のアメリカ人にとってもかなり過去の人。
    そういう人をスティーブ・ブシェミで登場させるのもタラならではですね。
    映画を見てもブシェミらしさはありません。
    タラさんは1963年生まれだから、モンローもディーンもすでに亡くなっていて、ほかのそっくりさんたちもタラにとっては微妙な存在だったでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月23日 04:11
    銀幕のスターや人気歌手については、テレビがない時代からブロマイドやグラビア雑誌が売れるという状況がありました。そしてテレビが登場した1950年代には、有名人が茶の間で見られるようになります。あのエド・マローが、スターのお宅拝見という番組で人気を博したわけで、それがマッカーシズムに対するまっとうな批判へとつながったりします。

    ポップス音楽界ではとくに、若者たちにアピールするスター歌手が水性の如く現れ、交通事故などで早逝して話題となりました。スターへの憧れはアメリカン・ウェイのひとつの展開でもあり、1950年代に世界をリードする消費文化を誇ったアメリカには、かつてないイメージ産業を生みました。

    僕自身も映画に惹かれた原点は「映画の友」という映画雑誌だし、そのグラビアを飾るスターたちのイメージを追い求めて現在に至ります。中学生のころにリバイバル公開というものが出現し、同時に名画座での低価格の名作上映という追い風に随分助けられました。タラちゃんの場合はレンタル・ビデオだったわけですが、そういう映像産業の発展とともに成長してくると、映画は実生活に喝を入れてくれる存在となりました。

    タラちゃんの根本には、僕と同質の映画観があると確信しているので、たとえば彼が体験するはずもない「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の時代でも、僕には生き生きと伝わります。やはり先人たちの“本気”を真摯に受けとめる姿勢が大きい力を生むのでしょう。知識のみならず愛が感じられるから、タラちゃんの映画は抜群なのだと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28