mixiユーザー(id:6327611)

2021年02月17日03:39

47 view

やはりダメなシリーズに手を出してはいけないと痛感しました。ハンス・ペテル・モランド監督「特捜部Q Pからのメッセージ」(2016)。

「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(2014)が面白かったので、この作品にも手を伸ばしましたが、やはりダメなシリーズに手を伸ばした僕が間違いでした。ということで、ネタバレ全開で書きますので、ネタバレが嫌いな方は読まないで、まず見てください。

物語は、またぞろ前回からの続きとなっています。とはいえ、しょーもないと引導を渡した映画の内容なんか覚えていないから、刑事のカール・マークが前作のせいでふさぎ込んでいると言われても、すでに記憶から消しているから思い出す気にもなりません。なのに思わせぶりな描写だけを繰り返す。こんな刑事は辞職させてしまえ。

そういえばアラブ系の相棒アサドがいたなと思い出しましたが、相変わらず彼の信仰についてカールが文句をつける。そんなハナシは置いといて今回の事件について掘り下げろよ。そもそも海から発見された8年前のメッセージとリンクする事件が、都合よくメッセージが特捜部に渡った直後に再現されるなんて、ご都合主義も甚だしすぎるだろ。

「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」ではこの監督、抑えたタッチとギャングたちの“激闘”のアンバランスな感覚で不思議な面白さを作り出していたのですが、この「特捜部Q」のご都合主義は、安易なテレビ・シリーズという意味しか感じられず、ダメダメのダメでした。

そもそも特定の宗教団体を実名で悪役にする気かとヤキモキしていたら、犯人は悪魔だったという。その程度の根性で宗教に切り込んだつもりになるな、と思います。アサドが言うように、僕も「2001年宇宙の旅」のモノリスのような存在としての神なら想定できるから、無神論ではないようです。←無神論者は神の存在について考えないと思う。

だから、ニヒルな刑事という色付けをしたつもりでしょうが、カール・マーク刑事が単なるアホにしか見えません。それをさっさと殺さずに生き延びさせる犯人は、このシリーズの原作者と同程度に刑事を理解しているわけで、そこまで知ってたらもっと慎重に標的として扱えよと思ってしまいました。

そもそも犯人の乘った車の後部窓を撃ち壊し、後部座席に入り込んだカールがさっさと犯人を殺害したら事件は決着していたはずなのです。走る車に飛び乗る力がありながら、数発の銃弾が犯人をかすめただけだなんて、ご都合主義もここまで極まったら言うことなし。もうこういうシリーズには二度と手を出しません。←でも、またぞろ似た手合に手を出してしまうだろうな。そうじゃないと「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」みたいな“傑作”に出遭えないし。

ということで「特捜部Q」には三度目の引導を渡すことにしましたが、この監督さんにはもう少し猶予を与えます。なにしろimdbによると、彼の監督作は14本もあります。そのうちの1本が「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のアメリカでのリメイクなので、それは最後に回すとして(笑)、誰かが別作品を輸入してくれるはずですから。

そうは言うものの、やはり失望は大きい。デンマーク、ドイツ、スウェーデン、ノルウェーの合作という事実については、娯楽映画に不得手な文化大国が、猟奇趣味で儲けを企んだことに対する危険分担の結果だということです。かつてベルイマンを輩出し、ヨーロッパ映画の方向性を左右した各国が、このような体たらくでは困る。

日本映画が日本というローカル市場で外国映画を上回るカネを稼いでいる事実を、日本映画の勝利と考えている事実誤認(井の中の蛙発想です)にあぐらをかいている現実があります。日本映画マスゴミと、この北欧ドイツ合作軍団の発想は互角の勝負だと言わねばなりません。しかし彼らには「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」がありますが、日本にはせいぜい「万引き家族」ですからね。日本映画の未来はコロナ禍以上にお先真っ暗ですわ。
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月17日 05:17
    >そもそも特定の宗教団体を実名で悪役にする気かとヤキモキしていたら、犯人は悪魔だったという。その程度の根性で宗教に切り込んだつもりになるな、と思います。

    そういや、丁度、昨日のテレ東の昼に「ミスト」をやっていて、最後の方で、キリスト教を狂信する女がスーパーマーケット内に避難している人々を支配しだし、子どもを「生贄に」と言って子供に手を出そうとしたときに、マトモ(?)な側の人間に腹と頭を銃で撃ち抜かれるっちゅうシーンがありましたが・・・

    まあ、宗教とは厄介なものだと、思った次第で・・・私は、常々「宗教はクソだ」と思っているので、「無神論者」=「神の存在について考えない」という観点から言えば、無神論者じゃ無いのかも知れません。

    宗教を信じ勧めてくるヤツに対して、私は「お前らが、常々讃えている、神や仏が居るのなら、目の前に連れて来い!この理不尽な世界を放置し続けている、無能なそいつらをまとめて、ぶん殴ってやるから!」と、ことあるごとに言っているのですが、いまだかつて、神や仏を私の目の前に連れて来たヤツは居ません・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月17日 09:00
    > mixiユーザー どうも。
    僕は、人間を超越した存在としての神が存在してもいいと考えます。ただし、例えば僕が道端でアリを見つけたとして、そのアリがどのような生活苦があろうと手を出さないように、人間を超越した存在なら姿を現すとか手を差し伸べるということをしません。そういうことを期待して神を信じるという行為を、僕はそもそもしたくない。神は人間を超越しているから、人間を見つめているとは思いますが、個別に手を下して助けるなどありえないと考えます。

    「2001年宇宙の旅」のモノリスは、原作小説を読むとサルに知性を与えたことになっていますが、映画を見る限りそれは明確ではない。原作者の一人であるアーサー・C・クラークがどう考えたかは知りませんが、映画「2001年宇宙の旅」のモリノスは、僕にとって神の存在と同義だと言えます。

    >いまだかつて、神や仏を私の目の前に連れて来たヤツは居ません
    そりゃあなた、“宇宙に果てがあるのなら見せてみろ”と言っても、見せることができる人間はいないんじゃないでしょうか。とりわけ“信じているモノ”を他人に見せる能力があれば、すばらしいことです。僕にそれがあれば、僕が見た映画の感想は世界を制覇していると思うので、あこがれますけど無理ですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28