mixiユーザー(id:6327611)

2020年07月25日05:32

41 view

“型にハマった”面白さと窮屈さを感じました。ビリー・ワイルダー監督(米での監督デビュー作)「少佐と少女」(1942)。

先日ビリー・ワイルダーの伝記を完読したことから、彼の監督作で未見だったものに手を伸ばしました。ドイツ時代の「ろくでなし(Mauvaise graine)」(1934)は置いといて、パラマウント作品から。ジンジャー・ロジャースとレイ・ミランドが主演です。脚本段階でワイルダーはケリー・グラントを主役に想定していたようですが叶わず、当時近所に住んでいたレイ・ミランドに声をかけたら“飛びついて”きたらしい。

物語はニューヨークに出てきたアイオワ娘スーザン・アプルゲイト(ジンジャー・ロジャース)が、1年間で25も職業を転々として今は頭皮マッサージをしていますが、パーク・アベニューの高級マンションに行くと、妻が留守中のオズボーン(ロバート・ベンチリー)に言い寄られます。アタマに来たスーザンはニューヨークで働くことを辞め故郷に戻る決心をする、という展開。

なにしろ定職を得られなかったスーザンなので、しっかりと田舎までの鉄道チケット代27ドル50セントを封筒に入れて手を付けずにいたのですが、鉄道運賃が値上がりしていて5ドル足りません。そのとき子連れの母親が子供のチケットを半額で買うのを見て、トイレに駆け込んで少女に扮装、駅にいたケチなペテン師に小銭をつかませ、子供用チケットを手に入れます。しかしペテン師が小銭以外をせしめてしまうところがいい。

そして乗り込んだのはいいのですが、検察に来た車掌に怪しまれ、あるコンパートメントに飛び込みます。そこには陸軍士官学校の教官カービー少佐(レイ・ミランド)がいて、幼い少女だと信じて救ってくれる、という具合です。

どう見ても12歳には思えないジンジャー・ロジャースを、言うがままに信用するカービー少佐ですから、そのあたりに“?”を抱いたらこの映画は楽しめません。僕はカービーの婚約者(リタ・ジョンソン)たちが、少女姿のロジャースを見た瞬間、少女だと認識するあたりのギャップが楽しい。

でもって見終わってimdbのトリビアを読むと、ジンジャー・ロジャースは娘時代に一家の巡業に同行して、旅費を倹約するために子供料金で旅した経験があるとか。それはそれで面白いトリビアですが、映画の本質とは別の楽しみです。まずは原題の「The Major and the Minor」という言葉遊びを楽しむといい。邦題の「少佐と少女」も考えた結果だとは思いますが、メジャーとマイナーという言葉ほどインパクトはありませんね。

士官学校に滞在することになったスーザンは、子供らしく“スースー”と愛称で呼ばれます。カービー少佐が“シースー”とか言い間違えるあたりも、言葉遊びの楽しさでした。←動詞のseeに釣られてしまうのです。士官学校の生徒が、女性とキスするための常套手段の小噺“マジノ・ライン”を繰り返すとか、南北戦争の英雄の像に小銭を入れて願いをかなえるとか、ワイルダーならではの小ネタ小道具が楽しい。

でもって終盤にはスースーの母親役としてロジャースの実母レラも顔を見せます(写真3)。僕はそれよりも、冒頭のオズボーン氏が「ジョーズ」の原作者の父親であるとは知っていたのですが、その妻役を演じる女優さんに見覚えがある。調べてみたらノーマ・バーデンでした。あの「サウンド・オブ・ミュージック」でトラップ一家を世話していた家政婦さんではありませんか!

てなわけで楽しく見たわけですが、やはりレイ・ミランドの少佐が“12歳の小娘”と信じ込むあたりに無理を感じます。俳句で言えば文字数もきっちり合っているわけなのに、無理して現代的な題材を入れちゃったな、みたいな窮屈な雰囲気がある。これが「お熱いのがお好き」になると、すいすいと楽しめるのですが、この作品ではいささか無理でした。

とはいえ考え抜かれたセリフのやり取りは、やはり“うまい!”と唸ってしまいます。脚本家として成功したチャールズ・ブラケットとの“黄金コンビ”の面目躍如たる作品でしょう。こういう“古典”から学ぶべきことは、まだまだたくさんあります。多少の窮屈さは“良薬は口に苦し”だと考えて、じっくりと味わいましょう。もちろん、映画を楽しむだけなら他の映画でもいいんですよ。無理してワイルダー作品のような“作り込みの妙味”に手を出さずに、“B級グルメ”を楽しむといい。

しかし、この作品のアレンジ・バージョンが、ディーン・マーティンとジェリー・ルイスの「お若いデス」だったのか。全く気づきませんでした。もっともルイスが水上スキーをして、浜辺で食事中の一家に突っ込み、サンドイッチを口にして“ハムだ”とかなんとか言った場面しか覚えていませんけどね。
5 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 10:12
    この映画は、全くの未見ですが・・・
    いい大人の女性がどうすれば12歳の少女に化けられるのか(笑)。それだけでも必見のような気がします。
    日本で言えば、安達祐実みたいな感じでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 12:14
    > mixiユーザー どうも。
    >いい大人の女性がどうすれば12歳の少女に化けられるのか(笑)。それだけでも必見
    という映画ではありません。1942年のハリウッド映画ですから、東映時代劇がそうだったように刀が舞ったらそのそばにいた俳優は切られたとして死ぬ、そういう映画です。だから「仁義なき戦い」の冒頭で菅原文太が拳を振り回したら、30センチ以上離れた相手が殴られたとしてぶっ飛んでしまう、それを納得して映画を楽しむ、そういう映画なのです。

    だからカービーの婚約者に妹がいて、彼女が12歳という設定ですが、その12歳の彼女を演じている女優さんも21歳。それが映画なのです。

    かつて「プリティ・ベイビー」という映画があり、そちらは少女が大人にも負けない色香を漂わせていました。残念ながら1942年では、子供はあくまで子供らしく、男は男らしく同性を愛さないという約束事がありましたから、それをギャグとして使用している(当然その裏でビリー・ワイルダーはニヤリとしている)だけなのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 13:42
    >刀が舞ったらそのそばにいた俳優は切られたとして死ぬ・・・
    な〜るほど、リアルの刀を振りかざしてどうのこうの言うのは野暮っちゅう映画なんですね。
    「杉村春子の『女の一生』でのセーラー服姿」のようなものですね?納得です手(パー)わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 15:45
    舞台だと60歳を超えていても女学生が可能ですが、映画ではそれは無理。だからジンジャー・ロジャースは母親の代役も務めます。そうすることでカービーの感覚がそういうものだと観客に納得させるわけ。

    ビリー・ワイルダーだけでなく、ハリウッドのあの時代の監督たちは、映画の中の夢を幻想の中の現実としてリアルに観客に届けました。それが映画だった時代にヌーベルバーグ作品を見た“大人”たちは面くらい、日活ロマンポルノがキネマ旬報のベストテンに選ばれたとき、断筆宣言したりしました。

    そんな時代に僕は、「用心棒」の豪快なチャンバラに拍手し、「ブリット」の鮮烈な血のりに仰天したわけです。でも、それは映画の出来が良かったということ。豚の血を使ったという映画は、糞をありがたがるリアリズムでしかないと判断できる感性を持ち合わせなくては、“意味”を持ちません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 18:46
    写真1を拡大して、ジンジャーの少女役を確認してみました。
    ところがイラストだったので本当のところはわかりませんでしたが、“Is she a kid...OR IS SHE KIDDING?”とあるのが効いている(うまい!)と思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 20:16
    > mixiユーザー どうも。
    このころのハリウッドは、しゃれたキャッチコピーがいっぱいあるようです。そもそも脚本のビリー・ワイルダーが、言葉の扱い方がすばらしく、機知に富んだセリフをいっぱい残しています。
    この映画で12歳になりすましているスースーが、“12歳にしては大きい”と言われると“うちはスウェーデン系だから”と言い返します。すかさず車掌も“スウェーデン語でしゃべってみろ”と言うのですが、それに対して“I vant to be alone.”と言います。これは「ニノチカ」でのグレタ・ガルボのセリフだそうで、スウェーデンなまりの英語なのでしょう。こういうセルフ・パロディーをやってのけたり、士官学校のダンスパーティーに女子高生たちが大挙してやってきて、“みんなベロニカ・レイク風なんだ”というと、ほんとにあのヘアースタイル(知らない方は「LAコンフィデンシャル」を参照ください)の女学生がずらりと並んでいます。

    てな具合の、“お約束ギャグ”がずらり、しかしそのセンスはなかなかのものなのでした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031