ホーム > mixiユーザー(id:6327611) > mixiユーザーの日記一覧 > 画質がいいと映画の内容が引き立つという見本に出会いました。ルイジ・コメンチーニ監督「ブーベの恋人」(1964)。

mixiユーザー(id:6327611)

2019年09月10日12:21

57 view

画質がいいと映画の内容が引き立つという見本に出会いました。ルイジ・コメンチーニ監督「ブーベの恋人」(1964)。

いつもの研究会で、だいぶ前から企画されながら諸事情で延び延びになっていた作品です。←たまたまということですけどね。そもそもクラウディア・カルディナーレとジョージ・チャキリス主演のこの恋愛劇を、僕は公開当時から軽視していました。カルロ・ルスティケリの主題歌が受けて、街中でガンガン流れていた時代の話です。

メモをひっくり返したところ、1964年9月20日に見ていました(当時17歳!)。友達と朝からヒッチコックの「マーニー」を見て(なんばロキシー、学生300円)、別の友達がその妹と来るのを待ち合わせして、午後の上映を見たしだい(なんば大劇場、学生320円)。当時は上映途中から入場するのが常識でしたが、待ち合わせもあったから前回終了間際にすべりこんで4人並びの席を確保した記憶があります。わりと混んでいたので、劇場の右後方でした。

なんば大劇場は70ミリ常設館でしたが、この作品は35ミリで、おまけにモノクロ。とはいえ、ビスタサイズのスクリーンはけっこう大きかったと覚えています。今回はマイミクさんの試写室での勉強会ですから、わりと小さいスクリーン。しかし、なのです。ブルーレイの画質が極めてよく、きちんと一コマずつリストアしてあるらしくテレシネの揺れが感じられない。これがまず見事でした。

ビスタサイズですが、サイズはアメリカン・ビスタ。どうやらパラマウントのイタリア支社が買い付けた作品ということで、アメリカ用のサイズにしたらしい。さらには音楽とSEがステレオなので、これには驚きました。音楽のオリジナル・サウンドトラックはステレオで残されているとしても、セリフはモノラルです。面倒なミキシングまでやり直したということですね。

で、驚いたのはカメラワークでした。基本的にマーラ(クラウディア・カルディナーレ、公開時25歳!)の顔をアップで追います。バストショットなどもあるのですが、基本的にパンしたりトラックで追いかけます。この動きの流麗さに唸りました。撮影は「81/2」のジャンニ・ディ・ベナンツォ。同時期にフェリーニ作品でカルディナーレをミューズの孤独とらえていますね。あれと似た感覚。

フェリーニ作品ではニーノ・ロータが“サーカス風の音楽”をつけて、作品を夢幻の世界へといざないました。こちらはマーラという二十歳前の少女から見た世界、という感覚です。だから連合軍の上陸は映すけど明確な年代は記しません。とりあえず1943年7月以降ですね。その後イタリアは国王を擁したパドリオ政権が南にでき、北部にドイツ軍が擁立したファシスト政権と対立します。

ブーベ(ジョージ・チャキリス)は、パルチザンとしてファシスト政権打倒のため戦っています。マーラの兄は敵につかまり銃殺されています。父親もパルチザンを支持しているのでブーベを温かく迎えますが、息子を亡くした母親はブーベとマーラの仲を喜ばない。そのあたりがマーラの姿中心に語られるわけで、当時を知る人には政治の動きまですべて見通せるわけです。

とはいえ、ルイジ・コメンチーニ監督の目的(それは同時にパラマウントの狙い)は、大衆に受ける娯楽作でした。だから甘い音楽を流してムードを盛り上げる。とはいえ撮影監督は、見事に登場人物とその時代を把握していました。2年前にテレビで見たときには、今回スクリーンで見るような迫力が感じられなかった。それは42インチテレビだったから、ということです。

スクリーンで、これだけ流麗な画像が展開したら、おまけに粗末な服の素材が、その粗い手ざわりまで感じ取れるうえに、2〜3年後の場面では着てている服の生地が、ずいぶん上質になっています。前回見たときもそのあたりまでは感じ取れていましたが、冒頭からのめくるめくカメラワークによって、今回はことさら感じ入ったわけです。マイミクさんに感謝!

マーラはブーベが裁判にかけられているころ、友人の紹介でステファノ(マルク・ミシェル)と知り合います。かなりの仲まで進行していたらしいのですが、マーラはやはりブーベを忘れられません。2週間に一度の面会に欠かさず通うマーラは、一度はシャツにして愛用していたのであろうブーベがくれたパラシュートの絹布を、スカーフに変えてまとっていました。

でも、マルク・ミシェルはこのあと「シェルブールの雨傘」でカトリーヌ・ドヌーブと結婚しますから、心配するには及びません。そもそも「ローラ」でアヌーク・エーメに振られたことをこの映画で語っているのなら、エーメを性悪女とこき下ろすのが許せない。そことはになおれ!

一方のカルディナーレは、「刑事」でニーノ・カステルヌオーボに人生を捧げる役でした。カステルヌオーボは警察に逮捕されますが、その車を追ってカルディナーレが走る場面がラストシーンでした。「ブーベの恋人」でも、ブーベが旅立つシーンでマーラが車を少し追います。このあたり、きちんと“踏襲しているな”とニンマリしました。カステルヌオーボ君は残念ながらカトリーヌ・ドヌーブをマルク・ミシェルに取られるわけですが、エレン・ファルナーがおれば十分じゃろ。何も「イングリッシュ・ペイシェント」で歌を披露することはなかったぞよ。

と、余はいろいろ物思いにふけるのであった。おつきあい、ありがとうございました。
4 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 12:17
    20年くらい?の懲役刑を食らってメソメソ泣くチャキリス。何よ!これくらいで泣かないで!。。と励ますカルディナーレ。2ヶ月?ごとに電車で面会に行くブーベ。。。出獄後ふたりはどういう生活を送るのだろうか。。と、想像します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 14:05
    > mixiユーザー いらっしゃいませ。
    僕のずいぶん前の日記まで読んでくださりありがとうございます。
    「ブーベの恋人」は公開当時に見てそれなりに印象に残りましたが、それは主題歌がヒットし、映画もヒットしたことが要因だと感じていました。その判断は基本的に間違っていなかったと思いますが、今回見直して画面の作り方などが気に入っていたに違いないと思ったしだいです。

    共産党の兵士として戦い、それゆえに訴追されたブーベが、皮肉にもファシストの手先だった神父の証言で救われます。そして刑務所に入るわけで、それに対して僕は、“メソメソ泣く”という表現ではこぼれ落ちる感情があるように思います。この後イタリアは、マフィアと深くかかわる国家へと“発展した”わけですし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 18:08
    メソメソ泣かないで!。。というのはカルディナーレ視点です。チャキリスはそうじゃない、と、言い訳していた。
     この映画がいいのは、時代、に共感するかどうかですね。。朝鮮戦争が始まった頃の雰囲気は今でも覚えています。裏山で保安隊?が射撃訓練していたから。
     それに、映画がモノクロ、カルディナーレももっとも美しかった。それ以後、山猫とか。。カラー映画にドンドン出演したが、ちっとも惹かれませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 18:10
    同じ日記が二つ入力されましたが? エラーならこのメッセージとトモlに削除願います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 20:17
    >同じ日記が二つ入力されましたが?
    そんなことはありません。別々の日記にそれぞれ投稿していただいてます。

    カルディナーレに限らず、モノクロ映画で美しさが際立った女優さんは数多いですね。カラー映画だからダメなのではなく、たとえば「サーカスの世界」とか「ピンクの豹」のように、ハリウッド的な照明でありきたりに映し出されると、カルディナーレの魅力が半減するのだと思います。モノクロから感じる“色合い”の方が、よく思えるわけでして。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 10:44
    新藤兼人、の、鬼婆、をご覧になりましたか?(裸の島はご覧になっていると思います。。)。このふたつが新藤の傑作とおもいますが、双方ともモノクロであるのは偶然で無い、とおもいます。カラーは時間とともに色があせます。人間の色彩感も時代とともに変化します。モノクロは、色そのもの、人間の嗜好の変化、に比較的長期に耐えられる技術だと思います。文学だって言語は時代とともに変化し、死語、などがあらわれます。モノクロでないと、鬼婆は不可能な映画ですね。。映画の舞台は私の住んでいるところにある印旛沼です。(新藤原作シナリオは京都に近い、琵琶湖当たりを想定したようです)

    allusionさんの日記にたどり着いたのは、FBからの検索です。
    追記:1808のわたしの投稿がなぜか、同じものが二つ表示されたので、1810の投稿をしました。一時的な現象だったようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 10:55
    新藤兼人の「鬼婆」は見ています。公開当時、吉村実子にぞっこんだったもので(笑)。

    新藤兼人の監督作といっても、そんなに熱心に追いかけていません。「裸の島」も見ていますが、せいぜい“海外で受けてよかったね”という程度の印象です。

    >カラーは時間とともに色があせます。
    そうでしょうか。テクニカラーの三原色に分解したネガがきちんと保存されていれば、かなりの年数保存が利くと思います。問題なのは、映画なんて公開したらお終いだと、きちんとした保存をしなかったかつての映画会社だと思っています。そして僕は、モノクロ映画よりカラーが“上等”だと刷り込まれていて、スタンダードよりも“大型映画”という時代に映画を好きになっていますから、お説に対してはあまり理解できません。

    なにしろ子供時代には保存状態の悪いモノクロ映画を見せられ、それが名作だといわれてもとても信じられなかったわけですから。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年09月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930