mixiユーザー(id:63228544)

2021年03月23日12:10

38 view

沈んだ大聖堂

Lacathedraleengloutie
言語
見る
編集
La Cathedrale engloutie(5:25)

2006年4月にパリで ピアニストのイヴァン・イリッチが 演奏
このファイルの再生に問題がありますか?メディアヘルプを参照してください。
LaCathédraleengloutie(沈没した大聖堂)は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーがソロピアノのために書いた前奏曲です。それは1910年にドビュッシーの12のピアノ前奏曲の2巻の最初の10番目の前奏曲として出版されました。それはその形、調和、そして内容においてドビュッシーの特徴です。

内容
音楽印象派 編集

この前奏曲は、ドビュッシーの音楽的印象派の例であり、イメージやアイデアを音楽的に描写したり、ほのめかしたりしています。ドビュッシーは、La Mer、Des pas sur la neige、Jardins sous la pluieの場合のように、彼が喚起しようとしたイメージに従って作品に名前を付けることがよくありました。前奏曲の2つのボリュームの場合、彼は曲のタイトルを曲の最後に配置します。これにより、ピアニストは、ドビュッシーが音楽の音をどのように意図しているかを知る前に、音楽に直感的かつ個別に応答できるようになります。音楽のほのめかしにもっと曖昧さを適用する。[1]この作品は伝説に基づいているため、プログラム音楽と見なすことができます。

イスの伝説 編集

この作品は、Ys島の沖合で水中に沈められた大聖堂が、水が透明な晴れた朝に海から立ち上がるという古代ブルトン神話に基づいています。海の向こうから、僧侶の詠唱、鐘の鳴き声、オルガンの演奏の音が聞こえます。[2]したがって、ドビュッシーは、音楽的象徴主義のスタイルで、伝説の陰謀をほのめかすために特定のハーモニーを使用しています。

作品を始めるために、ドビュッシーは平行五度を使用します。曲の最初のコードは、響き渡るGとDで構成されています(オープン5度)。ここでの完全五度の使用は、海を越えて遠くから聞こえる教会の鐘のアイデアをほのめかしています。[3]ピアニッシモと記されたオープニング・メジャーは、ト長調のペンタトニック・スケールの概要を示す、上昇する平行な5番目のコードの最初のシリーズを紹介します。これらの和音は2つのことを思い起こさせます:1)ドビュッシーが1889年のパリ万国博覧会でのジャワのガムラン音楽の演奏中に聞いた東部五音音階[4]と2)並行5分の1のオルガナに似た中世の聖歌Musicaenchiriadisから、音楽に関する9世紀の論文。[5]昇順のフレーズの形は、おそらく大聖堂の水からのゆっくりとした出現を表しています。

最初のセクションの後、ドビュッシーはロ長調に変調し、波のようにメロディーを形作り、小節16に重要な物語の指示を含めることによって大聖堂を穏やかに水から引き出します:Peuàpeusortantdela brume(少しずつ霧)。これは、ドビュッシーが音楽印象派の彼の最も近い症状を示していることを示しています。[6]次に、Augmentezの進行(ゆっくりと成長する)とマークされたセクションの後、大聖堂が出現し、壮大なオルガンがダイナミックなレベルのフォルティッシモで聞こえます(28〜41小節)。これは作品の中で最も大きくて最も深遠な部分であり、スコアではSonoresansduretéとして説明されています(ソノラスですが、過酷さはありません)。オルガンの壮大な入口と出口に続いて、大聖堂は海に沈み(62〜66小節)、オルガンはもう一度聞こえますが、水中から聞こえます。城のイメージを反映するこれらの効果を達成するために、ほとんどのパフォーマーは、音色に影響を与えるためにペダリングとアーティキュレーションに関して特定の技術を使用します。たとえば、一部のパフォーマーは、全身の体重を使ってキーを押し、豊かなサウンドを作成します。また、演奏者はペダルを踏んだ音を瞬時に離すことでベルの鳴り響きを生み出します。最後に、大聖堂は見えなくなり、遠くのピアニッシモで鐘だけが聞こえます。

音楽分析 編集

形 編集


 Wikipedia
17 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する