ホーム > mixiユーザー(id:63228544) > mixiユーザーの日記一覧 > ある国王侍従の子弟の生涯 笑い

mixiユーザー(id:63228544)

2018年05月19日09:56

79 view

ある国王侍従の子弟の生涯 笑い



1769年9月14日、ベルリンでプロイセン貴族の家[3]に次男として生まれ、国王の侍従であった父親は、温厚で優しい人物であったが、フンボルト9歳の時亡くなった。母親は、孤高で、冷たく、尊大で、清教徒的な人であった。兄弟の教育は家庭教師がついて行われた。読み書き計算術を教えたのはヨアキム・ハインリヒ・カンペという若者であった。その後任はゴットロープ・クントで、兄弟には歴史や数学の基礎を教え、さまざまな語学に重点を置き、二人が大きくなるとより進んだ学習が出来るようにと専門家たちを招いて学習させた[4]。

フンボルトは、幼いときから自然に著しく関心を示し、花・蝶・その他の昆虫類、貝や石ころなどを探し収集し、これらを分類しラベルを貼るなどの整理をしていた。また、暇があれば本を読み、外国旅行や冒険を夢見ていた。10代の前半には、兄は勉学で才能を発揮していたが、フンボルトは物覚えが悪く、ひ弱で、落ち着きのない子であった。16歳の時、ユダヤ人の医師マルクス・ヘルツを紹介されたことが契機となって科学へと傾倒していった。ヘルツからは物理学や哲学に関する一般向けの講義や科学的な実験などを交えた説明を聞いた[5]。

18歳の時、母親の希望でオーデル湖畔のフランクフルト・アム・オーデル大学に入学した[6]。ゲッティンゲン大学、フライベルク鉱山専門学校で学んだ。ジェームズ・クックの第2回探検隊の隊員だったゲオルク・フォルスターと知り合い、彼とヨーロッパ旅行をしたことがフンボルトを世界探検へと旅立たせるきっかけとなった。

南北アメリカ旅行
1796年11月、母がガンでなくなった。55歳であった。フンボルトは、家庭との絆から解放されるとともに、遺言によって相当額の遺産を相続した。1797年2月に鉱山の職を辞任し、本格的な探検調査に乗り出し


以上 ウィキペディア もおもしろい ハインリヒ なんとか Alexzander Von Humbordt

つまり英才教育は最後に大学へ行くのである。これだけが
こちらの本文になり、大検学校の思想がある。では


22 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する