ホーム > mixiユーザー(id:6292339) > mixiユーザーの日記一覧 > iPad、iPod touch他 でデジタル3波が視聴できるTVチューナーの件(追記3)

mixiユーザー(id:6292339)

2011年12月21日10:27

441 view

iPad、iPod touch他 でデジタル3波が視聴できるTVチューナーの件(追記3)

フォト


ソフトバンクBBから、iPhoneやiPad、iPod touchで地上デジタルやBS/CSデジタル放送をワイヤレスで視聴可能にするデジタルTVチューナ SB-TV02-WFPL が2011年12月22日に発売された。
価格はオープンプライスで、2012年09月16日時点で最安値12,632円(価格.com調べ)で販売中。


大雑把に言うと、SONY LF-X1(2004年03月12日発売)に搭載されていた「NetAV」機能を割愛し、デジタル放送のワイヤレス視聴機能のみに絞り込んだ製品のようだ。
フォト

無線アクセスポイント機能搭載で、端末側のSafariを利用してネットサーフィンが出来るのは、言うまでもない。

--------------------------------------------------------------------------------
■SONY LF-X1の「NetAV」機能とは

SONY LF-X1の「NetAV」機能とは、ベースステーションを自宅に待機させたまま、ディスプレイ部を持ち出し、外出先ではディスプレイ装備のEthernet経由でブロードバンド環境に接続することで、ベースステーション内のテレビチューナや、ベースステーションと接続したハイブリッドレコーダなどの映像をインターネット経由で視聴できるという仕組み。
フォト

ソニーが販売を開始してしばらくして、「まねきTV」という会社が、利用者からロケーションフリー機器を預かることで、利用者が海外で日本のテレビが視聴できるようになるサービスを開始した。
これを公衆送信権と送信可能化権の侵害ととらえた権利者が、サービスの差し止めを求めて仮処分の申立と提訴を行ったという経緯があってか、現在では後継製品は発売されていない。

--------------------------------------------------------------------------------
■SoftBank SELECTION SB-TV02-WFPLとは

  SB-TV02-WFPLは、地上/BS/110度CSデジタルの3波チューナを搭載した製品で、受信した放送を無線LANで転送。App Storeで無料配布される「デジタルTV(StationTV i)」というアプリをiPhoneやiPadにインストールし、デジタル放送視聴を可能とする。
製品はピクセラ製。iPad 2、iPad、iPhone 4/4S、第4世代iPod touch対応で、iOS 4.3.5以上が必要となる。

 ワンセグで同様の事を行なう製品は既に存在するが、フルセグのデジタル放送を視聴できるのが最大の特徴。MPEG-4 AVC/H.264リアルタイムトランスコーダを内蔵し、MPEG-2の放送をAVCにトランスコードして、iPhoneなどに転送する。

 画質は高画質(6Mbps)、標準(4Mbps)、低画質(2Mbps)の3モード、無線LANの状態によりビットレートは変動する。転送される映像の解像度はいずれのモードでも1,024×576ドット。(縦表示の「ながら見モード」では768×432ドットとなる。)
無線LANはIEEE 802.11b/g/nに対応。
周波数帯域は2.4GHzと5.2GHz帯域の両方に対応しており、5.2GHzが利用できるiPadでは、5.2GHzで接続。電子レンジなどの干渉を防ぎ、より安定した転送ができるという。
フォト

 筐体にはminiB-CASカードスロットと、Ethernet、地上デジタル用とBS/110度CSデジタル用の2つのアンテナ入力を装備。
さらに「将来的な拡張用として使う可能性もある」というUSB端子も用意している。
(SONY LF-X1では、ベースステーション部にビデオ入力端子[×2],S映像入力端子[×1],AVマウス出力[×1]があり、AVマウスを接続することで、接続したHDD搭載Blu-rayレコーダー等のAV機器をモニターから操作が可能だったが、SB-TV02-WFPLには、こういった機能拡張の為の端子類は全く無い。)

 Ethernetは「デジタルTVチューナ」を無線LANのアクセスポイントとしても使用するための機能。
デジタル放送を視聴するためには、デジタルTVチューナと無線LANで接続する必要があるが、
そのままではテレビは視聴できても、iPad/iPhoneでインターネットに接続できない。

 そこで、ルータとデジタルTVチューナをLANケーブルで接続。
デジタルTVチューナをアクセスポイントとしても機能させ、デジタル放送のデータだけでなく、ネット接続も行なえるようになる。
そのため、LANケーブルを接続せずに使う事も可能。
また、iPhoneやiPadの3Gモデルでは、無線LANでテレビを受信し、3G回線でネット接続し、テレビを見ながらWebブラウジングなどをする事もできる。
なお、3G回線を使って自宅のチューナにアクセスし、テレビを表示する事はできない。

 本体の外形寸法は150×150×35mm(幅×奥行×高さ)、重量は約300g。消費電力は9W。

--------------------------------------------------------------------------------
■SB-TV02-WFPLの使い方


 アプリの「デジタルTVチューナ」を起動。アプリから無線LANの設定が操作でき、デジタルTVチューナに接続する。接続は1対1で、複数のiPadなどで同時にチューナに接続する事はできない。

 チャンネル切り替えは左右のフリック操作で可能。
フリックで放送局のアイコンが表示されている状態で、上下にフリックすると地上/BS/110度CSデジタルが切り替えられる。
フォト

 「ながら見モード」をONにした状態で、縦向きにすると画面の上部にテレビ、下部にWebブラウザを表示するモードになり、テレビを見ながらネットサーフィンをしたり、TwitterなどのSNSページを表示して、テレビについてつぶやくといった使い方もできる。

 ブラウザのブックマークには「Yahoo! テレビ.Gガイド」や「インターネットTVガイド」、「goo テレビ番組」などのiEPGサービスや、各テレビ局へのリンクがあらかじめお気に入りとして登録されており、そこから番組表を見て、見たいテレビを選ぶという使い方を提案。
そのため、テレビの放送波のEPGを表示する機能は備えていない。

 データ放送には非対応。字幕表示や音声切り替えはサポートする。なお、視聴予約機能は備えていない。

--------------------------------------------------------------------------------
(追記1ペン)SB-TV02-WFPLの安定動作に向けて 2012年07月31日(火)

SB-TV02-WFPLを使用してみて判ったことは、電波の到達距離が短く、設置場所(DK)から壁一つ隔てた別室では、Wi-Fi接続ができない。TVも視聴できない。(iPad用 充電ACアダプタを接続した状態では、途切れながらも、TVの視聴ができた。)
また、本機とiPodをWi-Fi接続中に突然通信できなくなり、本機の電源抜いて再起動させるしかなくなる不具合も度々発生している。こんな不出来な製品を販売する事自体、全く困ったものだ。

ネットでいろいろ調べてみると、
「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー SB-TV02-WFPLを3ヶ月使ってみた。」という記事がヒットした。 http://02memo.seesaa.net/article/274065862.html

この記事は、大変参考になったので、記事を抜粋しておきます。

(前略)
問題は無線LAN部分、これがクソすぎきて使い物にならない。
常時電源オンが前提の製品なのに連続稼働が1日もたない。
通信できなくなって本体のボタンを押してリセットするか、電源抜いて再起動させるしかなくなる。

マニュアルに載っている通信方法が3種類ある。

1 アクセスポイントモード
ルーターにLANケーブルで接続されたデジタルTVチューナーがアクセスポイントになってインターネットに接続。
フォト

<ipad>−無線LAN−<デジタルTVチューナー>−有線LAN−<ルーター>−<インターネット>

2 スタンドアローンモード
ルーターに接続しないで使用する場合の接続方法。
デジタルTVチューナーがネットワークに接続されていない状態でアクセスポイントになる。
フォト

<ipad>−無線LAN−<デジタルTVチューナー> ローカル接続でインターネットに繋がらない。

3 ステーションモード
LANポートのない無線ルーターなどを使用する場合の接続方法。
無線ルーターがアクセスポイントになってインターネットに接続。
フォト

<ipad>−無線LAN−<ルーター>
       +
<デジタルTVチューナー>−無線LAN−<ルーター>

※どの方法もデジタルTVチューナー内蔵無線LANを使うので時間が経つと接続不能になって使い物にならない。
(中略)
このチューナー駄目だなと見捨てて、既存の無線LAN接続でipad利用中に、TV視聴アプリのデジタルTVを何となく起動したらTVが映った。
どういうことかと言うと、TVの映像配信データはデジタルTVチューナー内蔵無線LANを経由しなくてもローカルネットワークに流せる仕様だった。
接続経路は、

<ipad>−無線LAN−<ルーター>
       +
<デジタルTVチューナー>−有線LAN−<ルーター>

デジタルTVチューナー内蔵無線LANを完全に使わずに視聴することが可能。
この経路だと安定稼働ができる。
チャペルTVの映像は有線LANでネットワークに流して、ipadは既存の無線LANで接続する。チャペル
これで使える代物になった。
(ただし、TVチューナーも完全安定でなくてハングする。2週間は持つけど、1ヶ月はもたないような感じ。その時は本体リセットになる。)
(以下、省略)

--------------------------------------------------------------------------------
(追記2ペン)搦手(からめて)から攻めてみた 2012年08月16日(木)

柳川パソコンサポートの久木山さんに相談して、
無線LAN親機・イーサネット子機・中継機として利用できるIEEE802.11a/b/g/n対応無線LANコンバーターBUFFALO WLAE-AG300N を使って無線LANによるネットワーク設定を試みた。

※AOSSでは接続できないので、無線親機のSSID(12ケタのMACアドレス)と、暗号化キー/KEY(13ケタの英数文字)を入力する方法で接続した。

iPadとは難なく接続出来たが、iPod touchとの接続が思うように出来ない。
※この後、(追記3ペン)で、接続出来ました。
フォトフォト
そこで、BUFFLO WZR-HP-G302HAを購入し、これでiPod touchとの接続も実現出来ました。
ネットワーク設定料金 5,000円也
iPod touchユーザーの三希雄くんもアイ吉くんもニコニコしています。
※BUFFALO WLAE-AG300Nは、iPad専用のアクセスポイントとして、1階で活用しております。

--------------------------------------------------------------------------------
(追記3ペン)iPod touch との接続が出来た。 2012年09月08日(土)

WLAE-AG300NとiPod touchとの接続は、iPod touchが、「2.4GHz帯」にしか対応していないため、エアステーション設定ツール(Ver.2) Ver.2.0.12をインストールし、設定画面で、(「5GHz帯」を利用する)11aを停止すれば良いと判明しました。
フォト

フォト

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!