ホーム > mixiユーザー(id:6292339) > mixiユーザーの日記一覧 > HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT を改修する。(追記2)

mixiユーザー(id:6292339)

2011年12月09日11:36

3196 view

HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT を改修する。(追記2)

犬http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1776079890&owner_id=6292339 からの続きです。走る人

3年前に購入した HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CTの延命を図るべく
OSをWindows7 Ultimate(64bit)に変更すると共に、以下の部品の取り換えを行いました。

1メモリを8GBに増量。
2システムドライブ(C:)を、HDDからINTEL SSD 510 (250GB)に変更。
3電源を630W (玄人志向 KRPW-G630W/90+) に取り替え。
4グラボもATIのローエンド(シングルスロット占有)のものに取り替えてみたが、
画像の色合いは際立つものの、アニメ等では、動きのあるシーンで横縞が目立ち、
このグラボは却下。元のグラボ(NVIDIA GeForce GT320)に戻しました。
(TVキャプチャーカード PIX-DT096-PE0とATI系のグラボとの間には、なにやら相性問題があるらしい? http://club.coneco.net/user/391/review/40440/ )

◆今回のテコ入れの最大の目玉は、SSDの換装。
INTEL SSD 510は、SerialATA3.0(6Gbps)対応なのだが、
いかんせん3年前のPC(G33Expressチップセット搭載)なので、SerialATA2.5(3Gbps)水準。


『桜PCの役立つパソコン情報』
( http://www.sakura-pc.jp/pc/contents/hardware/hdd/SSDSC2MH120A2.html )
によると、Intel「510 Series」は搭載する容量によって書き込み性能が異なり、
250GB:6Gbps接続 Read 500MB/s Write 315MB/s | 3Gbps接続 Read 265MB/s Write 240MB/s
120GB:6Gbps接続 Read 450MB/s Write 210MB/s | 3Gbps接続 Read 265MB/s Write 200MB/s との事だが、

HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CTは、3Gbps接続 Read 225MB/s Write 207MB/s (Seq 0Fill)。
Windows Experience Indexも、サブスコアが 5.9(HDD) → 6.9 に改善したものの、7.X には達しませんでした。残念無念。
INTEL SSD 510のもう一つの特徴〜長期間使い続けても、速度が落ちにくい〜は、使い始めで、まだ判りませんが、これも選択理由の一つで、期待しております。

フォト


以下は、共にHDD→SSDに換装したm9380jp/CT(右)とHPE-280jp/CT(左)のスペック

フォトフォト

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

(追記1ペン) 2012年08月06日(月)

2011年12月09日にINTEL SSD 510に換装したHP Pavilion Desktop PC m9380jp/CTですが、
この所、Windows7が起動しないことがあります。
SSDの寿命を縮める禁断のデフラグを繰り返し実行した報いか??

フォト


HPのロゴでF9でだせる診断ツール(PC-Doctor?)を走らせて調べてみると、
SSD,HDDは「正常」と表示されるものの、
その下のブートパスが、"エラーBIOHD-3 起動可能なドライブは検出されませんでした。"と警告されます。

いつもお世話になっている柳川パソコンサポートの久木山さんに尋ねると、
SSDがお亡くなりになる前兆かも知れないとの事。

HDDをSSDに最初に換装し、現在もトラブル無しで稼働しているHP Pavilion Desktop PC HPE-280jp/CTには、東芝製のSSD SSDN-ST256Bを導入しています。

この例に習って、東芝初のSATA 6Gbps対応製品SSDN-3T240Bを発注しました。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1206/01/news057.html
フォト

m9380jp/CTは、旧式PCのため、このSSDが持つ本来の性能は引き出せないかも知れませんが、
ユーザーの間で、「鉄板」との評価が高い東芝製SSDの耐久性に期待します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

(追記2ペン) 2012年08月08日(水)

柳川パソコンサポートの久木山さんにお願いして診てもらったところ、
INTEL SSD 510 (SSDSC2MH250A2K5) は、BIOS上からも認識しなかったそうです。
結局、東芝製のSSD SSDN-3T240B に交換し、Windows7をクリーンインストールしてもらいました。
工賃7,000円也。
(INTEL SSD 510 は、Formatをすることで、使用可能になったそうです。)

アプリケーションをインストールし、元通り使えるようにするには時間がかかりそうです。げっそり

猫http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1862381148&owner_id=6292339 へ続きます。走る人
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する