mixiユーザー(id:62853383)

2020年06月06日10:14

139 view

ここまで恨みを買うようなことをしたのか?

ボーガン殺傷 一方的に恨みか
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6109291
殺された人には気の毒ですが、ここまで恨みを買うようなことをしたのか?何をしたのか?そっちの方が気になってしまいました、不謹慎だけど。
先日も神奈川県横浜市神奈川区のアパートで、父親から日常的に虐待を受けていた16才の少年が逆襲して父親を殺してしまう事件が起きましたけど、
もちろんやらかしたことは許されないことですが、この殺された父親も、そこまで恨みを買うようなことをしたのか?どういう虐待をしたのか?そっちの方が気になってしまいました、不謹慎だけど。
まあ要するに殺された側にも同情は出来ないケースもあるということ。
今回の事件に関しては被害者がボウガン大学生に日常的に虐待をしていたのか?よく分かりませんけどね。
ちなみに子供を虐待する親も、体罰指導する暴力教師も私は肯定するし認めますけど、子供が成長した後にやり返されるかもしれない、場合によっては殺されることも覚悟したうえで暴力を行使しろよ!と、思う。
本音を書きますが、私個人は手に負えないような悪ガキや、あまりにも素行の悪すぎる子供のことは親は恨まれることを恐れず叩いてでも躾するべきだと考えているし、
教師も恨まれることを覚悟で体罰指導で根性を叩き直してやるべきだ、とも思ってます。もっとも、虐待しようが体罰指導しようが構わないけど、やるなら恨まれることを覚悟して一貫性もってやってほしいと常々考えてますが。

反抗しない大人しい子供は遠慮無く一方的に殴れるけど、本気で反抗反撃してくる可能性がある凶暴な子供は恐ろしいから殴れないとか、マジで勘弁してほしい、と。
反抗反撃しない子供はぶっ叩くけど、凶暴な不良少年は暴れても止めることが出来ないような親や教師の暴力指導に、教育的な懲戒効果が期待できますか?そんな親やセンセー、尊敬できますかねwwww?

こんなことを書いたのは、私の子供時代に似たような体罰教師がいたからです。
私の通っていた長野県岡谷東部中学校の学生時代、
東中連合という不良集団が職員図書室を占拠して暴れており、授業妨害もしょっちゅうで、
卒業式には私服警官に保護者席に入ってもらわなければならないくらい学校が荒れて いました。
この当時、体罰指導が無かったか?といえばもちろんありました。
生徒のアタマをメガホンでぶったたく体罰教師もいました。私も二回くらいメガホンでぶんなぐられましたが。
時効に近いくらい昔の話だから実名出しても問題ないと思うので実名で書きますけど、私が名取秀樹先生というメガホン教師に頭をぶったたかれた二回とも、生徒集会中だったのですが東中連合の使いっパシリ三下みたいな奴に絡まれて頭を叩かれたり小突かれたりしたので、手でそれを払いのけていた。それが、二人して生徒集会中に騒いでいると認識されたらしく、メガホンでぶったたかれました。
私は、頭をぶったたかれた二回ともに非常に不本意な気持ちでその体罰を受け入れましたけど、「昔から連帯責任というか、喧嘩両成敗という言葉もあるし、これはこれで仕方ない」と自分で自分を納得させていました。
自分にも言い分はあるにせよ、頭を小突かれたり叩かれたのを振り払って、結果的に生徒集会の進行を妨害していたのは事実でしたから。

その少し前にも似たような状況下で教師に殴られて『僕は不良から絡まれたから反撃しただけです。何故殴られなければいけないんですか!』と抗議したら『誤解されるようなことをしていたお前が悪い!言い訳すんな!』ともう一発ぶん殴られたこともあったので、とにかく連帯責任だから仕方ないと思ってました。

ところがその後あるとき、全校集会で東中連合の不良グループが椅子を投げつけるなどして大暴れして、体育館内がめちゃくちゃな騒ぎになった
事件があったのですが、周りの教師達はびびってしまって止めに入りませんでした。
件のメガホン教師も傍観していました(笑)

ただ一人だけ不良達を止めようとしたのは、国語の女性教師の笠井みゆき先生でした。
体罰指導なんかとは特に縁も無いような体の細い、気の弱そうな先生で私は直接教わったことはありませんでしたが、本当に偉い先生だったと今でも尊敬しています。もっとも、多勢に無勢で不良達には歯が立たず、ボコボコにされていましたが(笑)。
薄情なようで申し訳ないんですけど、私は笠井みゆき先生が不良集団にボコボコにされていたとき、ゲラゲラ笑ってましたね。あまりにもブザマで滑稽で。
もちろん、半分くらいは多勢に無勢で勝てる見込みもないのに不良集団を止めようとひとりだけ立ち向かっていた笠井みゆき先生のブザマな姿が滑稽だったから笑ったんですけど、半分はメガホン持ったまま傍観していた名取秀樹先生の姿が滑稽だったから、というのもあります。
あんたのメガホンは、俺のアタマをぶったたくのは役に立ってるみたいだけど、不良集団を止めるのには全然役に立ってねえな、と。
テメぇラ体育会系教師どもの体罰指導やら体育会系のリクツは、俺を殴るのには役に立ってるみてぇだけど、東中連合の不良どもを止めるのにはクソの役にも立ってねぇじゃねーか、と。
もちろんこれは極端に酷い教師の事例であって、そうじゃない体罰指導教師もたくさんいるとは思います。

繰り返しますが生徒集会中に体罰教師からメガホンで頭をぶったたかれたこと自体は納得しています。故意にやったことではないにせよ、不良学生から髪の毛を引っ張られたりしていたのを振り払ったりして、結果的に生徒集会の進行を妨げていたのは間違いなかったし、抑も誤解を招くような行動をとったワタシの当時の判断も不適切だったとおもうから。
ただその後、不良集団が大暴れしたときは、これは私のケースとは根本的に違って、明らかに悪意をもって意図的に生徒集会を妨害していたのは誰がみても分かることで誤解のしようもないのに、なんでそれは止めなかったのか?しかも女性の先生がただ一人だけ止めに入ってボコボコにされているのに…
ということです。
あんたの持っているメガホンは、飾りか?と。
おそらくメガホンでぶったたくのは大きい音がするだけで特に痛くはないし、体罰の範疇には入らないだろうし、頭をぶったたく大きな音が体育館内に響けば生徒の耳目を集められる。
「お前ら、騒げばこういう目に遭うぞ!」というミセシメと脅しの意図がメガホン教師にはあったんだろうと思いますが。
誤解の無いように補足しておきますが、私は教育的な懲戒効果が見込める体罰指導は必要だと思うし、原則肯定しています。
また、教育の現場における体罰指導や暴力指導が連帯責任を伴うものである以上、ときに受けた生徒が理不尽に感じるケースがあるであろうことも理解はしているつもりです、一応。
今回名取秀樹先生の実名を出して批判したのは、この教師の暴力指導に覚悟も信念も一貫性も無かったからです。
2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 11:24
    荒れてた学校ってドラマの世界じゃなく実際あるのですね。よく無事に卒業できて何よりでした。不良って何で他人に迷惑かけるのでしょうかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 11:34
    > mixiユーザー 
    ちなみにその時に傍観していたメガホン教師の名取秀樹先生は順調に出世して、現在は長野県茅野市にある長峰中学校の校長をやってます(笑)

    周りの教師がビビっていた中でただ一人だけ飛び出して不良を止めようとしてボコボコにされていた笠井みゆき先生は何をなさっているのか音信がつかめなかった。だから私は、『あんなに酷い目に遭ったから、教師の仕事に幻滅して辞めてしまったのだろう。ま、世の中なんて所詮そんなもんだw』と世の中をナナメに見ながら生きていたのですが、先日偶然、本当に偶然ですけど、笠井みゆき先生が、私の住んでいる街のとなりの隣町の小学校で校長として頑張っておられることを知りました。

    社会なんて、人生なんて所詮そんなもんだwwwwと、世の中をナナメに見る自分の考え方や生き方が変わったわけではありません。でも、確かに世の中なんて社会なんて所詮そんなもんなんだけど、だけどそれでも捨てたもんでもないな、と思えるようにもなりました。

    それで先日、そこの小学校に行く用事があったので、先生に会って、あの時、他の教師連中が軒並みビビって傍観していた中で、飛び出して止めようとしてくれたことのお礼を含めて色々話してきました。

    『あのときは必死だったので、周りの先生が、誰も止めなかったなんて知らなかった、今日教えてもらって初めて知った。私は亥年なので後先考えないで行動しちゃうから。一つだけ覚えているのは不良グループのボス格のB君にボコボコにされたんだけど、何とか止めなきゃ、と思ってつかんでいたズボンを絶対に離さないと思って握りしめていたら、はずみで脱げちゃって、B君のパンツが見えちゃったことくらいかな。これは、今でも覚えている』と話してくださいました。

    『そのパンツB君はいま、結婚して、先生が校長先生をしているこの街に家を建てて住んでいます。子供も、いずれ先生のお世話に、間接的にせよ、なるかもしれません。先生は、二人の人間を救ってくださいました。パンツB君と、僕です。』と話してきました。

    『今日はそんなに良い話をしてくれて嬉しかった。ただ、今でも思っているけど、あなたの中学校に当時いた生徒は、私からみて、みんな良い生徒だったよ。心底腐りきったような悪い生徒は、いなかった』と、最後に言われました。

    …最後の言葉はいまでも納得できませんけど、2つ、実感したことがあります。ひとつは、自分があとどれくらい生きられるか分からんけど、残りの人生すべてかけて努力したとしても、絶対にこの先生をこえることは、出来ないだろうということ。あともう一つは、あのとき、不良グループが暴れた時に、一番ブザマで滑稽だったのは、暴れた不良グループでもなく、ただ一人だけ止めに入ってボコボコにされていた笠井みゆき先生でもなく、ビビって見て見ぬふりして傍観していた他の教師たちでもなく、それを見て幻滅して、すべてを馬鹿にしてゲラゲラ笑っていたワタシ自身だったということです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 13:00
    ホントに長文有難うございます。小説読むよりリアルで楽しいです。そんな偶然あるなんて。長年の思いを伝えられて良かったですね。そんなにじぶんを責めなくてもそんな気持ちで生きてこられただけでも、あの高校時代の事件は意味があった事ですね。あの事件で同じような思いを持たれた方が大勢いれば良いですね。でも暴れて不良でも家を建てて家庭を持ってまともな人生を生きていられるってどんな人生をすごしてきたのでしょうかね?あの時の自分の行動を反省されたなら良いけど。メガホンの名取先生も上手く人生を渡ってきたのでしょうね。笠井先生も校長になられて良かったですね。結婚されたのかな?でも、その事件についてクラスメイトとお話しなんかしたのですか?
    よくいじめで自殺される学生もいるけど、自殺したクラスメイトや加害者って負い目感じて生きているのかなあ?といつも気になります。
    それにしてもボーガン大学生の生育環境気になりますね。少なくても友人はいなさそうですね。何で家族を殺せるのかな?
    カリタスの自殺した犯人の事件も後味悪かった。死んじゃうと動機がわからないのが嫌ですね。
    寝屋川の中学生殺人事件は犯人捕まってるのに犯行動機わからないのが嫌ですね。自供していないのかな?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する