mixiユーザー(id:62853383)

2020年06月02日14:43

197 view

誹謗中傷は、される側にも問題はあると思う

■木村花さんの母がTwitterへの投稿にお願い 「思い遣って 言葉を選んで」「いまはそっと見守って」
(BIGLOBEニュース - 06月02日 13:36)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=258&from=diary&id=6104551
こういうことを書くと批判されるかもしれませんが、
私もイジメを受けたりしましたが、自分を含めてイジメを受ける側も周りの空気が読めなかったり、協調性や社会性が欠如していたりとか問題があるケースが多いから、ネットで誹謗中傷を受ける側にも誹謗中傷を受けるだけの問題はあるとも思います。
いや、もちろん今回のケースは実のところ被害者が、何をして誹謗中傷されたのか?詳細もよく知らんのですが。

自分の体験から実例を書きますけど、私の通っていた長野県岡谷東部中学校の学生時代、
東中連合という不良集団が職員図書室を占拠して暴れており、授業妨害もしょっちゅうで、
卒業式には私服警官に保護者席に入ってもらわなければならないくらい学校が荒れていました。

当時、学年度末に学級長選出選挙があったのですが、
東中連合で中心になって暴れていた和田収くんという人を学級長に推薦するワルガキがいまして、クラス内の連中も皆さん面白がって和田収くんに集中投票したため、慌てた先生(当時学年主任で、ウチのクラスの副担任をしていた三澤和剛先生)が選挙を無理やり中止させて私を個人的に呼び出し、 「お前が根回しして和田収が学級長にならないように工作しろ」と指示を受けまして、根回し工作をやってみたのですが、うまくできなくて先生に迷惑をかけてしまった思い出があります。 のみならず、和田収くんに投票した「クラスの大半の連中」から「あのヤローは教師の側につきやがった」ということで、以降卒業までに凄惨なイジメを受けました。自殺を考えたことや登校拒否に陥ったことも一度や二度ではありません。
卒業後、ある先輩にこの話をしたら、その時にいわれた言葉が「自分を含めて10人しかいない共同体の中で、自分以外の9人までが人を殺して食べることを当たり前と思っている社会においては、当然自分も合わせて生きるべき。お前は、根回し工作を断乎断るべきだった。だいたい中学生だったのだから、『先生から言われたから、その指示に従って言われた通りやりました』なんていう言い訳は通らないだろう。イヤなら断ることもできたはずだし、なによりも教師の側につけば、大半のクラスの連中を敵にまわすことになることぐらいマトモな中学生ならば判断予測できたはずだろ。俺は、お前にいっさい同情できない。自業自得だ。社会性の無い人間がイジメを受けるのは当然だ。」というものでした。基本的にこの言葉は正しいと今でも思っています。

繰り返しますが、こういうことを書くと批判されるかもしれませんが、
私もイジメを受けたりしましたが、自分を含めてイジメを受ける側も周りの空気が読めなかったり、協調性や社会性が欠如していたりとか問題があるケースが多いから、ネットで誹謗中傷を受ける側にも誹謗中傷を受けるだけの問題はあるとも思います。
もちろん今回のケースは実のところ被害者が、何をして誹謗中傷されたのか?詳細もよく知らんのですが
中学校時代の私と同様、被害者にもあまり同情は出来ません。
1 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 16:21
    正直な意見だなと思いました。大変興味深いです。
    私の率直な意見は、
    誹謗中傷の全てのケースにおいて、主様がおっしゃる通り、理由が無い!とは限りませんよね。でも、本当に理由がなくただただその場にいただけで、誹謗中傷を受けてるケースもいくつかはあるとは思います。
    主さんの場合は、理由があったのかもしれませんが、それが全ての人に当てはまるわけでは無いのかなと思いました。

    ただ、理由があったとしても、誹謗中傷は卑怯な行為だと思います。相手のことを思えば、相手の欠点を受け入れるか、アドバイスをするか、距離を置くか等、誹謗中傷以外でもっと理性的に出来ることはあると思います。
    被害者に同情するしないは、個人の自由なので、主様が同情出来なくても全然問題ないと思います。
    (決して、主様の意見の批判では無いです。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 16:38
    > mixiユーザー 
    日記で例に挙げた和田収君の話ですが、彼は現在ワダ・エンタープライズというお会社の社長になり、PTAの会長も積極的に引き受けてこなす、大変に教育熱心なお父さんとして頑張っておられるそうです。
    https://guide.kabu-shimosuwa.jp/company/wada_enterprise/
    岡谷東部中学校を卒業して社会に出てから色々あったと思いますが、文字通り『自分たちは圧倒的に少数派、長いものに巻かれた方が得策wwww』ということに気づいたのではないでしょうか。
    要するに遅ればせながらも『社会性』やら『協調性』とやらを身につけた、と。
    ただ、それは文字通り『社会に出て』からのことであり、中学校という閉ざされた空間で、学校の大多数の生徒も教師に対する安っぽい反抗心やいたずら心から不良グループのことを支持しているような状況下では、そういうことには気づきにくい。それだけの話だと思います。
    先日連載最終回を迎えた真鍋昌平先生の『闇金ウシジマ君』の連載初期のお話でマサルが『哀沢なんて、所詮いま・ここだけの権力者だぞ!』と話す場面がありましたが。
    昔のマンガの話ですが、『はだしのゲン』という作品がありますよね。
    閉ざされた空間で、大本営発表を盲信していた多数の日本人は日本が負けるわけはない!と洗脳されてましたが、共産党の情報ルートから、多少海外の事情を知ることができたゲンのおとうさんは『アメリカと日本では資源の量が違いすぎるから、勝てない』と主張するのですが、当然非国民扱いされて差別弾圧されます。
    これも、現在みたくインターネットで情報を得たりできる情報環境であれば、もう少し違っていたかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 16:48
    確かに狭い視野の中で、ちょっとした違和感だけが先走って誹謗中傷が起きがちですよね!

    インターネットが普及してから視野が広がるんじゃ無いかと理想でしたが、逆のパターンもあるようで。。。cyberbullingは世界的にも問題になってますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 18:06
    こんばんは。

    タイトルを見て、最初は否定的な思いを持ちながら読ませていただきましたが、
    先生という黒幕に言われて行動したが故に同級生達にイジメられたという背景を把握して、私も中学生の頃そういう学生でしたので大いに共感しました。

    私の場合はかたよった真面目さが仇となっていたのですが。、
    なにゆえ若い頃は視野が狭かったので、真面目だけが取り柄と思っていました。



    木村花さんのケースと主さんのケースは異なる点がありますが、
    誹謗中傷する側の人間もある意味視野の狭い人間だったのではないでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月02日 18:16
    > mixiユーザー 
    例えば、西洋で有名なガリレオ裁判というのがありましたよね。
    確かに、当時の「太陽が地球のまわりを回っている」という考え方は間違っていて、ガリレオの「地球が回っている」という考え方の方が正しかったのですが、「当時の九割の人間」は天動説を信じていたのですから、ガリレオは黙っているべきだったということです。それなのに、ガリレオはバカ正直に自分の考えを主張して、宗教裁判にかけられて拷問されました。
    はっきりいって、私はガリレオに同情できません。自業自得だ、と思います。
    もっと突っ込んで言わせてもらえば、わたしは、勝てる見込みも無いのに安っぽい正義感にかられていたずらに大勢に逆らって反抗する奴ほど愚かなものはないと考えております。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する