ホーム > mixiユーザー(id:62853383) > mixiユーザーの日記一覧 > イジメは受ける方にも問題があると思う

mixiユーザー(id:62853383)

2019年10月10日21:27

337 view

イジメは受ける方にも問題があると思う

いじめ被害教諭メッセージ全文
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5821734
自分の体験から実例を書きますけど、私の通っていた長野県岡谷東部中学校の学生時代、
東中連合という不良集団が職員図書室を占拠して暴れており、授業妨害もしょっちゅうで、
卒業式には私服警官に保護者席に入ってもらわなければならないくらい学校が荒れていました。

当時、学年度末に学級長選出選挙があったのですが、
東中連合で中心になって暴れていた和田収くんという人を学級長に推薦するワルガキがいまして、クラス内の連中も皆さん面白がって和田収くんに集中投票したため、慌てた先生(当時学年主任で、ウチのクラスの副担任をしていた三澤和剛先生)が選挙を無理やり中止させて私を個人的に呼び出し、 「お前が根回しして和田収が学級長にならないように工作しろ」と指示を受けまして、根回し工作をやってみたのですが、うまくできなくて先生に迷惑をかけてしまった思い出があります。 のみならず、和田収くんに投票した「クラスの大半の連中」から「あのヤローは教師の側につきやがった」ということで、以降卒業までに凄惨なイジメを受けました。自殺を考えたことや登校拒否に陥ったことも一度や二度ではありません。
卒業後、ある先輩にこの話をしたら、その時にいわれた言葉が「自分を含めて10人しかいない共同体の中で、自分以外の9人までが人を殺して食べることを当たり前と思っている社会においては、当然自分も合わせて生きるべき。お前は、根回し工作を断乎断るべきだった。中学生だったのだから、『先生から言われたからやりました』なんていう言い訳は通らないだろう。イヤなら断ることもできたはずだし、なによりも教師の側につけば、大半のクラスの連中を敵にまわすことになることぐらいマトモな中学生ならば判断予測できたはずだろ。俺は、お前にいっさい同情できない。自業自得だ。社会性の無い人間がイジメを受けるのは当然だ。」というものでした。基本的にこの言葉は正しいと今でも思っています。
今回被害に遭った教員には、一応同情しますが、周りに合わせることができないタイプのようにも思えるので、中学校時代の私と同様、100%は同情できませんwwww
5 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:36
    あなたの場合は、いわゆる”イジメ”ではなく、”総スカン”です。自分から敵を作って、被害者ぶって、ソレを”イジメ”と混同しないでください。自分もかつて、”イジメ”の被害者だったから、あえて言います。あなたが受けていたのは”イジメ”ではなく”総スカン”です。一緒にしないでください、迷惑この上ないです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:43
    以前も同じコメントしてましたね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:45
    > mixiユーザー 
    例えば、西洋で有名なガリレオ裁判というのがありましたよね。
    確かに、当時の「太陽が地球のまわりを回っている」という考え方は間違っていて、ガリレオの「地球が回っている」という考え方の方が正しかったのですが、「当時の九割の人間」は天動説を信じていたのですから、ガリレオは黙っているべきだったということです。それなのに、ガリレオはバカ正直に自分の考えを主張して、宗教裁判にかけられて拷問されました。
    はっきりいって、私はガリレオに同情できません。自業自得だ、と思います。
    もっと突っ込んで言わせてもらえば、わたしは、勝てる見込みも無いのに安っぽい正義感にかられていたずらに大勢に逆らって反抗する奴ほど愚かなものはないと考えております。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:46
    > mixiユーザー 
    日記で例に挙げた和田収君の話ですが、彼は現在ワダ・エンタープライズというお会社の社長になり、PTAの会長も積極的に引き受けてこなす、大変に教育熱心なお父さんとして頑張っておられるそうです。
    https://guide.kabu-shimosuwa.jp/company/wada_enterprise/
    岡谷東部中学校を卒業して社会に出てから色々あったと思いますが、文字通り『自分たちは圧倒的に少数派、長いものに巻かれた方が得策wwww』ということに気づいたのではないでしょうか。
    ただ、それは文字通り『社会に出て』からのことであり、中学校という閉ざされた空間で、学校の大多数の生徒も教師に対する安っぽい反抗心やいたずら心から不良グループのことを支持しているような状況下では、そういうことには気づきにくい。それだけの話だと思います。
    先日連載最終回を迎えた真鍋昌平先生の『闇金ウシジマ君』の連載初期のお話でマサルが『哀沢なんて、所詮いま・ここだけの権力者だぞ!』と話す場面がありましたが。
    昔のマンガの話ですが、『はだしのゲン』という作品がありますよね。
    閉ざされた空間で、大本営発表を盲信していた多数の日本人は日本が負けるわけはない!と洗脳されてましたが、共産党の情報ルートから、多少海外の事情を知ることができたゲンのおとうさんは『アメリカと日本では資源の量が違いすぎるから、勝てない』と主張するのですが、当然非国民扱いされて差別弾圧されます。
    これも、現在みたくインターネットで情報を得たりできる情報環境であれば、もう少し違っていたかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:48
    > mixiユーザー 
    同意します
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:50
    だからイジメて良い理由になりますか?それこそそんな知恵がある共同体なら話し合いなり出来るでしょ?理由を理由にしてはいけませんよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 22:14
    > mixiユーザー 
    誤解しないでいただきたいのですが、一部ろくでもない教師がいたことも事実でございますが、多くの先生方は劣悪な環境のなか涙ぐましいくらい岡谷東部中学校の治安改善の努力をしてくださっていました。
    mixiですし時効に近いくらい昔のはなしなので実名を出しても問題ないと思いますから出しますが、当時岡谷東部中学校で技術と英語を教えてくださっていた藤森敬一先生は岡谷東部中学校OBでしたが、私たちが卒業したあとも「僕はこの中学校のOBです。生徒たちは皆後輩にあたります。ここは僕の母校ですから、母校が正常になって、後輩達が落ち着いた学校生活を送れるようになるのを見届けるまでは、絶対に大丈夫だと確信できるまでは、僕は転任しません。」とおっしゃって結局8年間もの間岡谷東部中学校にとどまって岡谷東部中学校の正常化に尽力してくださったことを先日別の岡谷東部中学校教師から教えていただきました。
    公立中学校で、転任しないで一カ所にながくとどまることは、事実上出世の道を閉ざされたことになるそうです。
    大半の先生、おそらく9割の先生方がさっさと別の治安の良い中学校に転任する中、藤森敬一先生は出世を犠牲にして母校に尽くしてくださいました。
    率直に申し上げて、私は藤森敬一先生の生き方を尊敬します。しかし一方で「馬鹿だな、他の大半の先生みたいにさっさと転任しちゃえば善かったのにw」とあざける自分がいるのも自覚しています。
    ちなみに私に根回し工作を指示した三沢和剛先生は順調に出世して偉くなりました。世の中所詮そんなもんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 22:27
    > mixiユーザー 
    教師はろくでも無いやつ多いですよ。そのおかげで私は教育が大事だと気付けましたから。
    私なんかは教師からもイジメられてました。基本的にイジメの理由はなんでも良いんです。理由はなんぼでも作れます、だから理由にしちゃ駄目ですしイジメられる側に責任を求めちゃいけません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 22:34
    > mixiユーザー 
    立派な教師の事例もありますよ。
    上で書いたように私の通っていた長野県岡谷東部中学校の学生時代、
    東中連合という不良集団が職員図書室を占拠して暴れており、授業妨害もしょっちゅうで、
    卒業式には私服警官に保護者席に入ってもらわなければならないくらい学校が荒れて いました。
    この当時、体罰指導が無かったか?といえばもちろんありました。
    生徒のアタマをメガホンでぶったたく体罰教師もいました。私も二回くらいメガホンでぶんなぐられましたが。
    時効に近いくらい昔の話だから実名出しても問題ないと思うので実名で書きますけど、私が名取秀樹先生というメガホン教師に頭をぶったたかれた二回とも、生徒集会中だったのですが東中連合の使いっパシリ三下みたいな奴に絡まれて頭を叩かれたり小突かれたりしたので、手でそれを払いのけていた。それが、二人して生徒集会中に騒いでいると認識されたらしく、メガホンでぶったたかれました。
    私は、頭をぶったたかれた二回ともに非常に不本意な気持ちでその体罰を受け入れましたけど、「昔から連帯責任というか、喧嘩両成敗という言葉もあるし、これはこれで仕方ない」と自分で自分を納得させていました。
    自分にも言い分はあるにせよ、頭を小突かれたり叩かれたのを振り払って、結果的に生徒集会の進行を妨害していたのは事実でしたから。

    その少し前にも似たような状況下で教師に殴られて『僕は不良から絡まれたから反撃しただけです。何故殴られなければいけないんですか!』と抗議したら『誤解されるようなことをしていたお前が悪い!言い訳すんな!』ともう一発ぶん殴られたこともあったので、とにかく連帯責任だから仕方ないと思ってました。

    ところがその後あるとき、全校集会で東中連合の不良グループが椅子を投げつけるなどして大暴れして、体育館内がめちゃくちゃな騒ぎになった
    事件があったのですが、周りの教師達はびびってしまって止めに入りませんでした。
    件のメガホン教師も傍観していました(笑)ただ一人だけ不良達を止めようとしたのは、国語の女性教師の笠井みゆき先生でした。
    体罰指導なんかとは特に縁も無いような体の細い、気の弱そうな先生で私は直接教わったことはありませんでしたが、本当に偉い先生だったと今でも尊敬しています。もっとも、多勢に無勢で不良達には歯が立たず、ボコボコにされていましたが(笑)。
    薄情なようで申し訳ないんですけど、私は笠井みゆき先生が不良集団にボコボコにされていたとき、ゲラゲラ笑ってましたね。あまりにもブザマで滑稽で。
    もちろん、半分くらいは多勢に無勢で勝てる見込みもないのに不良集団を止めようとひとりだけ立ち向かっていた笠井みゆき先生のブザマな姿が滑稽だったから笑ったんですけど、半分はメガホン持ったまま傍観していた名取秀樹先生の姿が滑稽だったから、というのもあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 22:35
    あんたのメガホンは、俺のアタマをぶったたくのは役に立ってるみたいだけど、不良集団を止めるのには全然役に立ってねえな、と。
    テメぇラ体育会系教師どもの体罰指導やら体育会系のリクツは、俺を殴るのには役に立ってるみてぇだけど、東中連合の不良どもを止めるのにはクソの役にも立ってねぇじゃねーか、と。
    もちろんこれは極端に酷い教師の事例であって、そうじゃない体罰指導教師もたくさんいるとは思います。

    繰り返しますが生徒集会中に体罰教師からメガホンで頭をぶったたかれたこと自体は納得しています。故意にやったことではないにせよ生徒集会の進行を妨げていたのは間違いなかったし、誤解を招くような行動をとったワタシの当時の判断も不適切だったとおもうから。
    ただその後、不良集団が大暴れしたときは、これは私のケースとは根本的に違って、明らかに悪意をもって意図的に生徒集会を妨害していたのは誰がみても分かることで誤解のしようもないのに、なんでそれは止めなかったのか?しかも女性の先生がただ一人だけ止めに入ってボコボコにされているのに…
    ということです。
    あんたの持っているメガホンは、飾りか?と。
    おそらくメガホンでぶったたくのは大きい音がするだけで特に痛くはないし、体罰の範疇には入らないだろうし、頭をぶったたく大きな音が体育館内に響けば生徒の耳目を集められる。
    「お前ら、騒げばこういう目に遭うぞ!」というミセシメと脅しの意図がメガホン教師にはあったんだろうと思いますが。
    誤解の無いように補足しておきますが、私は教育的な懲戒効果が見込める体罰指導は必要だと思うし、
    原則肯定しています。
    また、教育の現場における体罰指導や暴力指導が連帯責任を伴うものである以上、ときに受けた生徒が理不尽に感じるケースがあるであろうことも理解はしているつもりです、一応。
    今回名取秀樹先生の実名を出して批判したのは、この教師の暴力指導に覚悟も信念も一貫性も無かったからです。

    ちなみにその時に傍観していたメガホン教師の名取秀樹先生は順調に出世して、現在は長野県茅野市にある長峰中学校の校長をやってます(笑)

    周りの教師がビビっていた中でただ一人だけ飛び出して不良を止めようとしてボコボコにされていた笠井みゆき先生は何をなさっているのか音信がつかめなかった。

    だから私は、『あんなに酷い目に遭ったから、教師の仕事に幻滅して辞めてしまったのだろう。ま、世の中なんて所詮そんなもんだw』と世の中をナナメに見ながら生きていたのですが、

    先日偶然、本当に偶然ですけど、笠井みゆき先生が、私の住んでいる街のとなりの隣町の小学校で校長として頑張っておられることを知りました。

    社会なんて、人生なんて所詮そんなもんだwwwwと、世の中をナナメに見る自分の考え方や生き方が変わったわけではありません。

    でも、確かに世の中なんて社会なんて所詮そんなもんなんだけど、だけどそれでも捨てたもんでもないな、と思えるようにもなりました。

    それで先日、そこの小学校に行く用事があったので、先生に会って話してきました。

    『あのときは必死だったので周りの先生が、誰も止めなかったなんて知らなかった、今日教えてもらって初めて知った。私は亥年なので後先考えないで行動しちゃうから。一つだけ覚えているのは不良グループのボス格のB君にボコボコにされたんだけど、何とか止めなきゃ、と思ってつかんでいたズボンを絶対に離さないと思って握りしめていたら、はずみで脱げちゃって、B君のパンツが見えちゃったことくらいかな。これは、今でも覚えている』と話してくださいました。

    『そのパンツB君はいま、結婚して、先生が校長先生をしているこの街に家を建てて住んでいます。子供も、いずれ先生のお世話に、間接的にせよ、なるかもしれません。先生は、二人の人間を救ってくださいました。パンツB君と、僕です。』と話してきました。

    『今日はそんなに良い話をしてくれて嬉しかった。ただ、今でも思っているけど、あなたの中学校に当時いた生徒は、私からみて、みんな良い生徒だったよ。心底腐りきったような悪い生徒は、いなかった』と、最後に言われました。

    …最後の言葉はいまでも納得できませんけど2つ、実感したことがあります。ひとつは、自分があとどれくらい生きられるか分からんけど、残りの人生すべてかけて努力したとしても、絶対にこの先生をこえることは出来ないだろうということ。あともう一つは、あのとき、不良グループが暴れた時に、一番ブザマで滑稽だったのは、暴れた不良グループでもなく、ただ一人だけ止めに入ってボコボコにされていた笠井みゆき先生でもなく、ビビって見て見ぬふりして傍観していた他の教師たちでもなく、それを見て幻滅して、すべてを馬鹿にしてゲラゲラ笑っていたワタシ自身だったということです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 01:26
    ニュースから。身も蓋もない言い方をすると、人間は集団行動を基本とする動物であってその点ではサルやチンパンジーと変わらないんですよね。
    集団行動を基本とするから一人一人の個人も集団に資する事を求められるし、個人もまた、集団に資しているかどうかについて意識の有無に関わらず不安感を抱いているために、一度明確に集団からつま弾きにされた人間を見ると安堵するし、ややもすればそのつま弾きの立場を固定化したいと願って自ら迫害する行動に出たりします。
    なのでいじめられる側に問題があるというご意見は、ある程度肯定できます。もっと厳密に言うと、集団からつま弾きにされる事について無防備だったという点が問題なのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 20:06
    > mixiユーザー 
    あなたの主張は、その通りだと思いますよ。でも、”イジメに遭うのは、被害者側に、、、”は違いますよね。だって、件の”ガリレオ裁判”にしても、それでガリレオに降りかかったのは”イジメ”ではなく、明確な”迫害”です。
    そもそも”イジメ”とは、加害者が、"無自覚"に、”自分の気分”や、"虫の居所"で被害者を傷つけるための行為です。
    その原因の根本に、明確な理由はありません。いわば、"未必の殺意"と同類の悪意の発露です。
    イジメの加害者には、被害者への明確な敵意、嫌悪感等はありません。ただただ、"自分が面白く感じる"から、"自分の気分が晴れるから"という理由で他人を傷つけるのがいわゆる"イジメ"です。
    あなたが体験したことは、あなたが明確に原因を創り、周囲の人々から敵意を向けられた結果です。
    このことを踏まえて、今一度、”イジメ"と"総スカン"の違いを考えてください。
    今回の事件に限らず、"被害者"が、"加害者"に"何か悪意を持たせること"をした結果ですか?
    "そんな訳がない"と、私は断言します。
    その証拠が、加害者側の言い訳です。
    必ず出てくる一言、「遊びの中での行動が、エスカレートした」、「そんなに嫌がっていると、思っていなかった」。
    加害者からこの言葉が出た時点で、被害者に落ち度は全くなかったと、私は断言します。
    今回の事例では、被害者を羽交い締めにして激辛カレーを無理矢理食べさせている動画が拡散されてました。
    明らかに、複数の人間が、たった一人に、面白がってやってますよね?
    羽交い締めにしなければならないほどの抵抗をしている人間が、"そんなに嫌がっていると思わなかった"レベルの嫌がり方だったと、思いますか?
    そして、誰が見ても"いや、本気で嫌がってるだろ?"と思える状態なのに、見え透いた言い訳をして言い逃れられると考えるのが、"イジメ"をする人間の考え方です。
    今一度、今回のあなたのコメントと、私のコメントを読み返してみて、よくよく考えてみていただきたいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する