ホーム > mixiユーザー(id:62853383) > mixiユーザーの日記一覧 > イジメは受ける方にも問題があると思う

mixiユーザー(id:62853383)

2019年09月17日18:30

150 view

イジメは受ける方にも問題があると思う

■壮絶ないじめの記憶に今も苦しむ42歳女性 鴻上尚史が伝えた“今あなたに本当に必要なこと”とは?
(AERA dot. - 09月17日 16:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=5791564
自分の体験から実例を書きますけど、私の通っていた長野県岡谷東部中学校の学生時代、
東中連合という不良集団が職員図書室を占拠して暴れており、授業妨害もしょっちゅうで、
卒業式には私服警官に保護者席に入ってもらわなければならないくらい学校が荒れていました。

当時、学年度末に学級長選出選挙があったのですが、
東中連合で中心になって暴れていた和田収くんという人を学級長に推薦するワルガキがいまして、クラス内の連中も皆さん面白がって和田収くんに集中投票したため、慌てた先生(当時学年主任で、ウチのクラスの副担任をしていた三澤和剛先生)が選挙を無理やり中止させて私を個人的に呼び出し、 「お前が根回しして和田収が学級長にならないように工作しろ」と指示を受けまして、根回し工作をやってみたのですが、うまくできなくて先生に迷惑をかけてしまった思い出があります。 のみならず、和田収くんに投票した「クラスの大半の連中」から「あのヤローは教師の側につきやがった」ということで、以降卒業までに凄惨なイジメを受けました。自殺を考えたことや登校拒否に陥ったことも一度や二度ではありません。
卒業後、ある先輩にこの話をしたら、その時にいわれた言葉が「自分を含めて10人しかいない共同体の中で、自分以外の9人までが人を殺して食べることを当たり前と思っている社会においては、当然自分も合わせて生きるべき。お前は、根回し工作を断乎断るべきだった。中学生だったのだから、『先生から言われたからやりました』なんていう言い訳は通らないだろう。イヤなら断ることもできたはずだし、なによりも教師の側につけば、大半のクラスの連中を敵にまわすことになることぐらいマトモな中学生ならば判断予測できたはずだろ。俺は、お前にいっさい同情できない。自業自得だ。社会性の無い人間がイジメを受けるのは当然だ。」というものでした。基本的にこの言葉は正しいと今でも思っています。
今回の女性には同情しますが、周りに合わせることができないタイプのようにも思えるので、中学校時代の私と同様、100%は同情できませんwwww
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月17日 20:56
    それは、裏切り者への制裁で、虐めとして扱うことではありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月17日 22:28
    > mixiユーザー 
    日記で例に挙げた和田収君の話ですが、彼は現在ワダ・エンタープライズというお会社の社長になり、PTAの会長も積極的に引き受けてこなす、大変に教育熱心なお父さんとして頑張っておられるそうです。
    https://guide.kabu-shimosuwa.jp/company/wada_enterprise/
    岡谷東部中学校を卒業して社会に出てから色々あったと思いますが、文字通り『自分たちは圧倒的に少数派、長いものに巻かれた方が得策wwww』ということに気づいたのではないでしょうか。
    ただ、それは文字通り『社会に出て』からのことであり、中学校という閉ざされた空間で、学校の大多数の生徒も教師に対する安っぽい反抗心やいたずら心から不良グループのことを支持しているような状況下では、そういうことには気づきにくい。それだけの話だと思います。
    先日連載最終回を迎えた真鍋昌平先生の『闇金ウシジマ君』の連載初期のお話でマサルが『哀沢なんて、所詮いま・ここだけの権力者だぞ!』と話す場面がありましたが。
    昔のマンガの話ですが、『はだしのゲン』という作品がありますよね。
    閉ざされた空間で、大本営発表を盲信していた多数の日本人は日本が負けるわけはない!と洗脳されてましたが、共産党の情報ルートから、多少海外の事情を知ることができたゲンのおとうさんは『アメリカと日本では資源の量が違いすぎるから、勝てない』と主張するのですが、当然非国民扱いされて差別弾圧されます。
    これも、現在みたくインターネットで情報を得たりできる情報環境であれば、もう少し違っていたかもしれませんね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する