mixiユーザー(id:62460379)

2021年03月15日06:20

9 view

女神礼賛(3/13Uリバー・Bリボン3/14Lネブラ)

いや、今年のPOGはほんと牝馬に助けられててねぇ...とかなんとか、また耳触りのいい言葉見つけて、カッコつけて語ろうとして..とりあえず確認のためにここまでの全指名馬の勝ち星を数えてみたら、男女半々..つうかむしろ牡馬の方が勝ってました、ワハハ、超思い込みテキトーやろー!!(てめぇのことだろ?)いや、でもねぇ。そんなオイラの印象に影響を与えてるに違いない状況もあるのよぉ(はい、言い訳タイム開始..てかダレトク?)。つうのは毎年勝負の行方を圧倒的に左右するディープインパクト産駒の指名。うちのPOGについては、基本同一産駒指名2頭までの縛りがありますが、ディープ枠についてはさらに特別ルールが。我らの世代はあまりにもディープ馬の台頭が顕著過ぎてるからねぇ。この産駒だけはPOG(全12頭指名)でオスメス1頭ずつ、POG(全10頭指名)で,了慳焦楼奮阿ら更にオスメス1頭ずつ、計4頭まで指名が可能。つまりはただでさえ、能力馬の可能性が高い上に選べる数も多いと。
で今年も当然ながら、上位指名でしっかりオスメス2頭ずつを選んでますがね。牝2頭はあっさりデビュー勝ちしたばかりか、今の時点でどちらも2勝してる(サトノレイナス&オヌール)と言う、これぞ産駒の面目躍如って感じ。その一方、オスの2頭(アークライト&ギルティブラック)は未だどちらも未勝利...ほらね?(何がだ)てか誰が指名下手やねんっ!?チャンチャン

と言うことで、今年頼りになる牝馬たちが、なんと今週は3頭出走。さらに星を量産してほしいところ...て、あれ?リュラネブラって...オス?あれ?ま、まあ、とにかくみんな頑張れ!(もう延々とグダグダすぎて何が何だか)

3/13中山4Rダート1200。スクリーンヒーロー娘アップリバー。走りに走って全8戦着外0の安定感だが、どうしても勝ちきれず。前走から砂に活路を見出そうとして3着。うーん、芝砂両用とマルチに走れるのは発見だが、なぜ勝てない?首を傾げながら中1週で同条件のもう1戦。鞍上6戦連続木幡巧J。5枠9番から1番人気で用意ドン!来たぁ!来ました!
前走と同様、芝スタートで勢いをつけると一気にハナへ。水の浮く不良馬場をものともせずにワンターンを回してくると、標的にされる前に一気にスパート。200を残して勝負ありました。2番手を1馬身半寄せつけず、その他はぶっちぎっての快勝。泥んこをスイスイなのもこりゃナイスなスキル。
巧也J談「前回がいい競馬だったので同じようにしようと。力を出し切れた。芝、ダート不問でクラスが上がってもやれそう」器用貧乏な一輪、ついに開花。

さあ続きたい同日中山7Rは芝20000。デビューを軽々と素質で逃げ切ってさらにブイブイ言わせたいキセキの全妹ビッグリボン。鞍上をベテラン福永Jに強化して、あえての平場戦。11頭立て3番人気7枠9番からGO!
叩きつけるような雨に臆したか、消極的な出足に控えての道中は最後方。3コーナーをぶん回しながら押し上げて行ったが...。ドロンドロンになりながらの直線。伸び脚も鈍く、はるか遠くで競馬は終わっての6着まで。うーん、新馬と一転、後ろからの競馬、この不良馬場...何が向いてなかったかわかりませんが、ここは残念な結果に。

そして翌日3/14中山5R芝2000。ビッグリボンと同コースになんか昨日のゲンの悪さが漂ったままの気がしますが、デビュー4戦目のリュラネブラ。芝もダートも掲示板に載らない結果のまま3か月引っ込められて立て直し。調教もまずまず、距離を大きく伸ばしてのチャレンジがどう出るか?若き昇り龍、横山武史が主戦なのは頼もしいがさて。フルゲート3番人気、3枠6番からスタートです。
出足バッチリ。積極的に前へと出ていく姿にこりゃいよいよ、POG本で大写真紹介された今は悲しき思い出の凛々しき片りんをチラリと垣間見たが、さあさあ!逃げ馬を外から半馬身差でピタリとマーク。こりゃ強い馬の競馬っぽいぞ、さあさあさあさあ!!(うるせーよ)そこから最終角を回し、ヤネが激しいアクションで直線並びかけようとするが..あり?追えども追えども、縮まるどころか前との差は広がるばかり。つうか後ろからも飲み込まれてなんだかズルズル離されていき..この感じはガス欠?長かったのかしらん?5着。いや、むしろあれでよくまあ掲示板に残したわ。リュラネブラ結果、一歩前進..前進か?
武史J談「芝もダートももうワンパンチほしい」ごもっとも..だが、最初は超パワーヒッターのはずがジャブも打てなかったんだから、やはり前進したでしょ。次はワンツーだ!

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する