mixiユーザー(id:62460379)

2021年02月15日06:45

9 view

ライアン慕情(2/14Tラファエロ・Sヴェローチェ)

原題は「Saving Private Ryan」。ライアン二等兵を救え..ですな。なんで邦題が肝心な「救え」が抜けて「ライアン二等兵」なのか単純に疑問ですが。ド有名なスピルバーグ映画で作品賞こそ獲り損なってますが(ライフイズビューティフルと恋におちたシェイクスピアのどっちかだったかと)監督賞他いっぱい(何部門か忘れた)獲ってますよね。
上映時、あたい二十代でしたがロードショー観に行って号泣し、その後レンタル落ちのVHS買って何度も観ちゃその度泣き続け...とか言いつつ、ビデオの時代が終わると共にソフトはどっか行っちゃってスッキリすっかり忘れてたわけですが、つい先日、中古屋でDVDを500円で見つけて即買い。今週、それを久々に観てまた超号泣。やっぱとんでもねぇ映画だ、おい。確かねぇ、この映画の何年か後にスターリングラードってジュード・ロウ主演のやっぱ戦争もんをやって、その売り文句が「プライベートライアンを超える冒頭の迫力シーン」みたいなんで..映画館観に行って、おう、確かに超えてるぜ!いや、いいもん観たとかなんとか思った印象が残ってたわけですが、いや..全然だ。今観ると、こっちは作品の厚みがバーガーキングのワッパーとデ○リーストアの100円バーガー位違うわ。てか、ライアン二等兵役をマット・デイモンがやってたのさえ忘れてたんだから、今だってペラっとした適当なこと言ってるだけなんですが..ほいでと。
また、自分だけが勝手に繋がりを感じて、全然関係ないような話しとりますが、そうライアンと言えば、僕らの時代はメジロ牧場全盛期。マックイーン、パーマーと並ぶ87年トリオ..。あれですな..オグリ一色の有馬記念を「ライアン、ライアン」と一人連呼してた故・大川先生が偲ばれますが、そっちではなく、思い出したのは横山典弘さんのこと。メジロライアンの主戦騎手で、30手前で大往生したこの馬のお墓を建立したのもこの人だとか。
弥生賞でモーゼのように馬群を割って出てきたこの馬に「(クラシックを)全部勝てると思った」と、その後大舞台で負け続けても「この馬が一番強い」と、1991年の春天でのG1初制覇に「G1を勝てる馬だと信じてた。僕のミスでこれまで悔しい思いをさせて申し訳ない」と...こんなこと言う騎手がハートがないわけがない。そして散々気まぐれだの、天才肌だのやたらと言われとりますが、実はこの人こそ実は理屈のかたまりだと自分は思ってます。武豊が天才の頂点なら、横山典弘は理論の最高峰、秀才の頂点だと自分は思って止みません。
今年度POG、何の因果かたくさんの指名馬が、横山パパさんに乗ってもらってます。俺は楽しいなぁ、今年。負けても勝っても。ゴチャゴチャ言うなっ!!勝っても負けても指名馬に乗ってるノリさんに俺はノリ続けます(つうか否応なしにそう言うゲームだしね)。さあ、べらぼうなバゴ産駒、べらぼうな能力を垣間見せている指名エースのステラヴェローチェの主戦が横山父Jだという幸せ。前哨戦、共同通信杯に向かいます。

そしてその前に..前哨戦の露払いに同じ須貝厩舎の1頭が向かう。POG本にはブチコの初仔以外なんも情報なかった気もしますが、何の根拠もなくゴルシ筋から今年はこのやべぇ(いろんな意味で)テキの年と腹を括ってました。須貝預託から選んだのはステラ他3頭。その四天王のエースと同日、2頭目のテーオーラファエロが奇しくも2/14小倉10R芝2000あすなろ賞で出世を狙います。有力馬に「明日なろう」ではなく今なろう。鞍上主戦、浜中俊。大内1番がどう出るか?12頭立て6番人気。さあ行こう。
あああああああ!!(絶叫)スタートふわっと出たらそのままトコトコ。鞍上も追わず、最初のコーナーに差し掛かるところではすでにコースから大きく外れ競争中止。大逸走...じゃない...うわぁ最悪だぁ。明らかに故障発生。とにかく無事だけを願ってます。現状の情報ほしいです。

とまあ、気もそぞろで迎えたメインレース。
ステラヴェローチェはただ1頭57Kg背負って3番から。2/14共同通信杯芝1800。1番人気(12頭)。とにかく心ざわついてますがなんにしろどっちにしろノリさんに任せるだけ。さあ結果は?
課題のスタートも負けずにしっかり出て、いい感じに追わずに行かせて前に壁を作る形。前内外に馬を置く6番手で周回。まったくの馬也でじっと待機。最終角回して直線に完全に向くまでノーアクション。その間に前の壁は入れ替わり進路にフタ...こりゃぁ、やばと思った瞬間、前が一瞬開いて光明が垣間見えてのスパート。でありましたがパンとは反応できず、開きかけた勝利へのドアもすぐに閉められて万事休す。ああ。もう少しスムーズに運べたら1つ2つ着順上がったかもしれない最後まで伸びての5着。我慢させるという、大舞台への意図は見えたレースだった気がしますが...ちょっと負け過ぎかなぁ。
須貝テキ談「いろんな要素があった。斤量だけではない。馬はよかった。」なんかノリさんの馬はガンバッてるコメントを彷彿とさせる言葉の含みにはJへの恨み節もあるかしら?
いや...このコンビで本番での大暴れを祈ってます。

泣き面に蜂?いや、今まで調子よすぎたから好事魔多し...の方ですね。なんにしろ、今日はステラよりテーオーラファエロが心配でなりません。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する