mixiユーザー(id:62460379)

2021年02月08日06:26

7 view

取っ散らかし戦隊参上(2/6・7Vオロ他3頭)

やべーな。最近じゃクラシック登竜門とも言っていい、きさらぎ賞開催。だがい〜んです!!勝ち目のあるところに活路を見出すのが我がPOGの常とう手段。その真骨頂のような今週。うんうん、勝てそうもなきゃ逃げりゃいいんじゃない?人間だもの。え?人間じゃねぇ?馬?知るかーっ!!(ナニコレ?)
と言うわけで、両にらみだったきさらぎ賞は面子やばそうなんで、勝ち上りはしたもののなかなか次が取れないうちの子はちゃちゃっと東京開催のゆりかもめ賞を選択。何気にクラシックディスタンスへの適正も図りつつ2勝目を狙うゴルシ産駒ヴェローチェオロ。重賞ツモの賞金は惜しいが、現実的にせいぜい着拾いできるかどうかになるくらいなら、特別の1000万獲りに行くのが戦略の機微ってもんでしょう。でもって、今週はさらに3頭が小倉と東京に散らばるクラスター作戦。勝てるかどうかはともかくとして、指名馬たちが元気に走る姿を見られればみられるほど嬉しいわけで、これぞまさにオイラ理想のPOGの有り様。もちろん見返りも欲しいけどねっ。さあ、我が取っ散らかし戦隊は合算でどこまで重賞のポイントに迫れるか。

2/6東京9R芝1400春菜賞。牝限定戦に、うちの須貝四天王の紅一点、サトノアイが典さんを背に挑む。勝ち上がりまでに半年5戦を要したが、ここに来てどこか一変した雰囲気があるハーツ娘。産駒の特徴たる成長力の確変に期待しての一番星。16頭3番人気、5枠9番からさあ行ってみよう。
ノッタリスタートで無理に行かさず、ほぼ殿...ノリさん殺法パターンかぁ。ここでもう勝鞍黄信号は仕方なし。そのまま内ラチべったりで回して用意ドン!あわよくばのパターンではありましたが、前は全く止まる気配なしでひたすら伸び、追っかけてもここは出番なし...結局、んー、なだれ込みんで、まあ内捌いての狙いは見えてましたがの不発7着、無念。

2/6小倉10R芝1200かささぎ賞。小倉の電撃戦に出撃はこちらも女子。飯田厩舎隋一の姫ことメイショウイチヒメ。今日のところは立て込んでますのでまた機会があればまたゆっくり語りたいメイショウボーラーとメイショウマンボの子。武J鞍上でデビュー勝ち。その後KBSファンタジーSで重賞に挑んだが2桁着順惨敗。さあ、立て直しての3戦目。横山和Jをヤネに結果を出せるか。5枠7番、13頭7番人気。どうか成長を見せてくれ。
用意ドンで、あああ!こりゃだめだ。スタートまずまずも也で後方。そのまま追走に苦労しながら外目回してめいっぱいフカしても、更においていかれる完全に力量不足ありありの9着。姫、もう一度成長待ちかな?

そううまくは行かないとわかっていても...こりゃ凹む2戦完敗ポイント0でさあ翌日。取っ散らかし戦隊後半戦2頭は?
2/7小倉5R芝2000。あえてでしょう?キセキの全妹ビッグリボンのデビューはローカル、鞍上はここが主戦場の西村淳也J。調教過程もなかなか。そう、中内田師ここは確勝狙いでのあえての九州と見た。世もそれを感じてでしょう、小頭数8頭立ても手伝っての鉄板1.9倍一番人気、ここは昨日惨敗の渇きからも私欲ムンムンで勝ちが欲しい...3枠3番頼むよぉ、スタート!
ハイ確勝でした!うっしゃぁ!!ゲート品良くスウッと出てくと也で先頭に。鞍上が「え?誰も行かんの?」とキョロキョロしてハナへ。道中1000mを1分4秒のゆとり逃避行。3角で突っつかれても普通に回してならばせず、そのままノーステッキで4馬身差快勝。
西村J談「逃げたくなかったが、自然とハナへ。血統的にもいいしこれからが楽しみ」レースのレベルがどうかはありますが、まずは文句なし。さあ次へ。

2/7東京9Rゆりかもめ賞芝2400。これが俺の指名馬今週オオトリのヴェローチェオロと横典J。サトノアイの無念をここでどうにか..9頭立て大外から4番人気で狙った2勝目。きれいに出て西日に輝く金色のたてがみと尾っぽをたなびかせながら3番手、好位で周回。芦毛の馬が大きく逃げるのを追いかける展開で外から並びかけつつ直線へ。後ろからもガンガン来られてハナも粘るゴリゴリのゴール前、あっさりかわされかけたのを気合で盛り返して頑張りましたが、最後は粘り切れずの4着。2勝目はまたもお預け。
須貝師談「伸びていたが、この馬にはもう少しクッションのきいた馬場の方がよかった。」残念。

きさらぎ賞賞金3,800万円...ビッグリボン新馬勝ち600万+ヴェローチェオロ4着150万で我がトッチラカシ隊の本日のトッパライ額合計は750万円。うーん...いやいや贅沢言っちゃいかんね。みんな頑張ってくれました。


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する