mixiユーザー(id:62460379)

2020年06月27日23:11

28 view

土曜日の女(6/27Gフィオーレ・Uリバー・Mイチヒメ)

日曜の女には 到底 成れない

インディーズ時代とは思えないビジュアルバンド、シドの艶っぽいナンバーですなぁ..とまたよくわかんないとこから持ってくるんじゃないよっ。そんなんより直下の現実を見ろ現実を。何せ、6月POG新シーズン始まったばかりだというのに、おいらの指名馬すでに出走回数9回。22頭中9頭がもうデビューと言うロケットスタートっぷり。とそれはそれで狙い通りではあるのだけれど、肝心の成績はと言うとなんとたった1勝。いやいやもっと問題なのはその9頭の新馬戦中なんと5頭が1番人気だったこと。4頭飛んでるんですわ。そりゃあ2歳馬はわかんねぇとはいえ、ここまであらぬ方向にぶっ飛びまくっちゃうとはねぇ。と言うわけで、さっきのシドの歌を続けるならまさに毎週競馬終わりにゃ「月曜・・・枕を濡らす」感じだったわけですが...ここでシュンとなってたまるかいっ!?目の前に凶刃ぎらつく時、下がればただ命絶たれるもんです。活路は前にあり!進むしかないのです。つうことで今週の出走は5頭。そしてなんと土曜の3頭はすべて牝馬。ほらね?(タイトル指さしてなんつうドヤ顔だ?)

つうことで早くも始まったばかりの未勝利戦にエントリーした子が2頭、新馬のかっとび競争(短距離)に出走が1頭。そうそう、デビューが早ければ早いほどチャンスの回数も多いはず...も今年の指名の狙いだったのだ。求めるのは勝利のみ!

さあ今週の大量出走。口火を切るは新父ドゥラメンテ娘グランデフィオーレ。初戦なんだかボンヤリでさっき愚痴った通りの1番人気を裏切り4着に沈んだ子。「怖がりでゲート出なかった」「道中も動けなかった」と苦言交じりのコメントを残した川田J続投なのは...うん、俺は強みとみる。中1週でお小言の内容が改善するかはともかく、少しでも前進を。距離を縮めた6/27阪神1R芝1400。鞍上超強化のキズナ産駒牝馬が相手か?13頭立て4番人気。2枠2番、さあ全身を願ったが、あー。ゲートはドッスン負け気味っぽくもなんとか出て、道中押して好位へ、最終回しながらムチもしっかり連打で入ったが、次のギアもなくズルっと後退6着。こりゃ騎手のせいじゃなくはっきりと力不足ありあり。成長待ちだね。

ガンガン行くよー!過去は振り返らずに...トホ。こちらは開幕週、あえての指名馬2頭出しで3着となった(勝馬は現在俺の指名唯一の1勝馬サトノレイナス)スクリーンヒーロー産駒アップリバー。中2週で、こちらはちょっと自信ありのリベンジ戦。ここで勝ってくれたら今年初めて勝手な思惑がうまくいったことになる。どうかおいらに成功体験を!誉めて伸ばして!こちらもヤネ継続でバシシューさん。東京1R芝マイルは当然の1番人気、8枠9番。さあどうだ?あー、惜しかった。終始ペースを握られた逃げるナナコ&キズナ産駒にしてやられた。直線最後、詰めに詰めたが上りは同タイム。間に1頭入って併せられなかったのも闘志が燃え切らない原因だったか?半馬身差2着。
石橋J談「ペースは遅かったがうまく対応してたし脚も使った。勝ちたかった。」勝ちたかったぁ。この子は勝てるはず。順番待ちます。

ほらもういっちょ行くよー!本日ラストはデビュー戦。パパもメイショウ、ママもメイショウ、当然娘のあたいもメイショウに決まってるメイショウイチヒメ。めちゃくちゃ地味っぽいとなめるんじゃないよ?父は地べた選ばずの名短距離馬メイショウボーラー、母はオークス馬(つうかG13つ勝ってるんだっけ?)ながら後年は負けても負けても戦い続けた印象の方がずっと強いメイショウマンボ。実は文句なしの超良血娘です。これがまた師が母の新馬勝ちを乗った飯田先生。鞍上がその後の母の主戦騎手の兄、武豊ときたもんだ。なにこれ?もう勝ちでよくね?ダメ?つうことで阪神5R芝1200、2枠2番から1番人気で用意ドン。で、やっぱ勝ちで良かった。おらぁ!!今季2勝目。出た後の脚が付かず追走が苦労そうに見えた時点でドキドキしたが、直線外から抜け出し、その後も早仕上のお墨付き良血+ルメ鞍上をクビ差凌ぎ切っての価値ある勝利。
武J談「レース前から落ち着いていた。三角を曲がれずにヒヤッとしたが、それ以外は余裕があった。着差以上の内容だし、いい馬。」

うらあ!!(絶叫しつつ明日へ続く)
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する