mixiユーザー(id:62460379)

2020年06月07日15:23

19 view

決戦は日曜日(POG新年度開幕週・いきなり5頭出し)

ちかづいてくぅ〜♪ちかづいてくぅぅ〜
決戦の日曜日ィィ〜♪

おっとどっこいどやさっ!あぶねーあぶねー。これ以上、浮かれて歌ってた時にゃあ、JASなんちゃらから無断使用賠償金交じりの請求書が...て、同じボケのフリ繰り返すなっ!。つうことでとりあえずの今年の指名馬12頭は先にお伝えした通り。
その指名馬たちはまあいいとして、最後まで、これでいいのか迷い続けたのが、結果的に出たこの作戦の在り方。この開幕週にいきなりの5頭デビューとなったこと。
こうなっちまった...いやいや自分で決めたことだから、なっちまったじゃねぇやな。こうなったのは〔楡韻鬚弔韻真裕い匹海蹐今週デビューに3頭いたことPO馬重複ありのルールになった中で抜け出す勝機を見出すには、1つでいいから人と違うやり方を見つける必要があったこと。
思うところね。今年の目玉となる馬の何頭かがいきなりデビューとくれば、具体的な調教情報も整ってて選びやすいし、それに乗っかってのっけから勢いつけたい人も多いと思うのよ、俺もそのクチだしね。...でね。そこからが俺の今年の作戦で、まさか自分の指名馬にした有力馬(仮)と当ててでも、更に今週の出走馬から選んじゃおうとする人(バカ?)は少なかろう...と。で、実際いなかったら考え直したんだけどさ。攻めの具合から逆算して、血統背景や評判を見て行ったら、それら本命馬たちに負けても劣らない馬がいるって結論にたどり着いたから。ここが大事「勝るとも」じゃなくて「負けても」ね。
これは評判馬だろうがそうじゃなかろうがみんな一緒だけどさ。開幕の6月第一週から走るってことはこの後も時間的なアドバンテージがデビュー前の馬同様にかなりあるって考えていいってことじゃん?じゃあ、ここで1つ負けても特に気にすることもないし、つうかむしろ競馬経験した分有利?後、時計なんかの得られた情報を踏まえれば、いずれ、勝ち上がれる可能性も他の馬より具体的にわかってるわけで...。
そう考えると、この作戦のデメリットはただ一つ。ワクワクっぷり満載の開幕週に大量に指名馬出走して、勝星がないどころか、ボロボロの結果なんかになった時に、オレのライオンハートが耐えられるかどうか...つうことのみ。じゃあチャレンジしようと。バカですねぇ、我ながら。で、実際に今週の結果は?そして俺のメンタルはどうなった?

6/5阪神5R芝マイルに挑む一番手は、モーリス産駒のドナウエレン。川田鞍上で当然の一番人気だったが、しっかり競馬はできていたものの、直線、人気薄に抜け出されて差がある5着の残念結果。でも、人気どころ3つ巴での3着争いで差がなかったしね。
川田J談「すごくまじめで素直。性格も良く一生懸命走った。」さてと、次だわね。

6/5東京5Rこちらも芝マイルでデビューは奇しくも同じく新種牡馬モーリス産駒のブエナベントゥーラ。もうこの名前で母もおわかりの通りの良血馬。人気もすごく負ければボッコボコになりそうですが、負けたぁ!名人レーン騎乗で直線差がない勝ち負けしての2着。
レーンJ談「いい経験になった。流れからポジションも良く、反応も良かったが、1頭瞬発力がある馬がいた。次はもっと良くなってくると思う。」んー、いいデビューだったと思うけど、やっぱり巷ではなんだかボコボコに。俺は次が普通に楽しみです。

さて、翌日6/6最後まで迷ったのはカナロア息子のリュラネブラ。勝手に相性が悪いと思ってるだけだけど、この父産駒指名で勝てた記憶がないから。でもねぇ。なんだかこの子人気者で速攻出走でルメールヤネで1番人気で...走っちゃったらやだから最後の最後に選んじゃいました。東京6R芝1400。ガクッと出遅れると後ろから上げて外を回そうとして詰まると何もできずに11着。いや競馬出来たとは言えなかったし、もう1戦見てからだけど、こりゃ辛い。ルメ談「まだ子供。流れに乗れなかった。距離もマイルの方がいい。」

指名同時一斉5頭出走作戦は大失敗の様相となってきましたが、最後はディープ娘サトノレイナスとスクリーンヒーロー子女アップリバー。よかったぁ。ナナコJ騎乗キズナ産駒のノビノビした逃げっぷりに最後まで苦しめられましたが、どうにかサトノレイナスが直線届いて差し切り、一緒に上がってきたアップリバーも差せなかったものの2着と差がない3着。最後の最後だけイメージ通りになってくれた。苦しかったけどなぁ。
ルメールJ談(サトノレイナス)「能力はありそうだがまだ子供。まっすぐ行けたらもっと楽に勝てていた。道中もすごくおとなしい。これから楽しみ。」
石橋J談(アップリバー)「課題も厩舎が修正してくれ、今日は問題なかった。センスがいいし、道中で変なこともしない。抜け出す時もいい感じで走ってくれた。」

うーん...思い切ってはみたけど、この作戦やっぱ難しかったかなぁ。予期せぬ大負けしてしまった子がいたのは痛いな。いや、でもこの6月一週デビューは、この後も他の新馬とほぼ変わらぬ時間を有する上に競馬経験した分だけアドバンテージがあるはず。どうかこの苦難がいい方向へ変わりますように。うん、何はともあれ今年度POGがまた始まった。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する