mixiユーザー(id:62460379)

2020年03月25日16:57

20 view

入り組んだ海岸図(3/20コースタルチャート)

お姉さんは5歳になって尚盛んな現役快速レディ。その、世界で最も美しいと言われる海岸の名(アマルフィコースト)にあやかって付けられたと言う半妹、うちの指名牝馬コースタルチャート。新牡馬スピルバーグを父に持つ娘っ子は、今期POGのオイラ指名テーマ「新しいお父さんでGOGO!(できるだけ)」にピッタリではあったものの前評判自体はどうだったかとんと忘却の彼方に....つう事で、あまり書くこともな...もとい、この期待娘を選んだ我が動機を是非に振り返ってみようとちょい前に書いてみた時と同様、指名理由を探したところ...あー、もちろん、この微妙に海のものとも山のものとも...いえいえそりゃ当然、その名ズバリの海岸図なんだから海のもの?いやいやちょっと待て、そうも言い切れませんぞ、スピルバーグが父だから実は山のものか?(この名監督の姓の由来はドイツ語で「芝居山」だそうで)とまあ、お茶を濁してる内に何話してんだか迷走し始めるのもご愛嬌...えと、あ、そーそー。このかなりの意味で未知数の馬にスパッと行った理由をけっこう占めてんのは間違いなく名門・藤沢厩舎INだったからでしょう。んでもってさらに言えば、残ってたメモに「バランス良し」だの「評判いい」だのも書いてありましたが、いやいや俺だったらキュンと来た理由はこれでしょう..師曰く「なかなかいない」の一言。もういかにも俺の心が景気よく踊り出しそうな殺し文句だわぁ。つうかさぁ...今となってみたら「いない」の意味も具体的にはわからないんだから、実はこの文頭に「こんな変てこな馬」が付いてもおかしかない気もしますが(それはねぇか?)、つうか...疑ってかかれば、これ言ってる「師」だって和雄テキとは限らない...どっか通りがかりの祈祷師かなんかかも...てかなに?今更のこの疑惑塗れ。疑うんならチョイス前に散々やっとけよ。つうかどうしてそんな恨み節?
いやぁだってさー。このコースタルチャート(なんだ?唇とんがらがして)。待てど暮らせど一向に入厩して来ず(ちなみに当時の指名資料には「仕上り早い」の注記もありました..トホホ)ようやく年が明けて3歳迎えてからのデビュー。さんざん待って走ってくれたはいいけど、ミルコJと1番人気を背負っときながら、結果は見せ場もない9着惨敗。わかってますとも....これがその中じゃ選びたい放題になるとは言え、上位に新種牡馬産駒を持ってくるリスクだってことぐらいは。それでもねぇ....そのリスキーな牝馬が名門に入厩し、レース前の担当助手さんのコメントが「余裕を持って水準以上の時計出る」だったらば...期待するなと言われるのが酷と言うもの、フゥ。

さて、相も変わらず栓もない話をグジグジとこじらせておりますが、デビュー戦後とっとと厩房を追い出された時にゃ、こりゃ牝だしもう次はないな...と藤原厩舎故の実績ヒエラルキー優先型・椅子取り合戦の厳しさを知ってて選んだ身。当然諦めかけたところ、なんと戻ってきてくれて次戦が決まったこと自体がまずは僥倖と思わねばね。鞍上は引き続きミルコJ。昨年来の不振はエージェント替えの弊害かはたまたプライベートなメンタルダメージかどうかはともかく、継続もメリットと個人的には思うぞよ。3/20中山の未勝利戦、芝1800で牝馬限定レースを選べたことも良かった。今回の戦前コメントは「前走は囲まれて思うように動けなかった。ピリッとして変わり身期待」叩いての流れは前進を生むか。さあ行け16頭5番人気..んー大外8枠16番になったのはいかにも運を持ってない感をひしと感じるが、運命は自ら切り開け!行ってこい!

スタート!一息...デムJなので想定の範疇とは言え、大外でこりゃ致命的と青くなりかけたが、押して最初のコーナーから外をまくる形で一気に好位へ行きリカバリー..勝負所での反動は怖いが、いきなり舞台から転がり落ちて終わるまで後方で観客化しないでよかった。さあ、最初スムーズさを欠いたものの、道中はおさえも利いて折合いもまずまずのまま3コーナーに突入。外目を追い出しながら前を捕まえに最終角を回していくが...あー、先を行く馬の手ごたえは十分で差は詰まるどころか離される一方。こちらは逆に直線の途中で脚が鈍る感じに..ズルズル下がると思ったが、最後、内の馬が落ちてくるとなぜか勢いを取り戻して再び脚を伸ばし、最後はかわして4着フィニッシュ。んー..頑張ったよね。
ミルコJ談「うまく出脚もついてやりたい競馬は出来た。初戦は馬混みで気を使っていたが、だいぶ良くなってる。3,4コーナーでもっと自分からハミを取って行けるようになればいいんだけど」

前進には間違いないが、この細かな歩幅で名門厩舎はもう一度チャンスをくれるものか...特にこの時期になると出走以前の心配が尽きなかったりするが、どうか良い方向へ行きますように...。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する