mixiユーザー(id:62460379)

2020年01月23日17:52

23 view

これがホントの梅花の宴(1/18.19白梅紅梅京成)

初春の令月にして気淑く風和らぎ 
梅は鏡前の粉を被き〜...なんつってね。
さて、格調高く始まりましたが、ご存じ令和の由来となった万葉集、梅花の歌の序文..いやいや、言いかえれば去年はこの時点でまだ平成だったわけだし、今年の今週こそ令和にして初の梅花の宴と言っていいわけですよ...これ以上知的っぽく振る舞うと、思いっきり馬脚を現しそうなんでこの辺で...競馬だけにねっ!

梅は咲いたか。桜はまだか。
と言うことで今週は何ともおめでたげな番組、土曜に紅梅S、日曜に白梅賞。そのどちらにも我が指名っ子が出走するとなっちゃ、まさにこいつは春から縁起がいいわい..を地で行くようなもんで(←年明けてからの散々な流れをコロッと忘れてる)..とか麻呂っぽく雅に喜んでたら、そこにデビュー大コケで一時はどうなるかと思ってたドラ1、リメンバーメモリーが未勝利抜けただけの分際で(分際言うなっ)、京成杯の高みに無謀にチャレンジ(無謀言うなっ)まで決定。両袖に白梅紅梅を従え、中央に重賞の冠。いやぁ..めでたさ極まりけり。
もうこの時点で、一堂に会して記念写真を撮っておきたいくらいですなぁ(意味不明)。と言うわけでその様子は如何に...(←てなこと言ってますが、前振りがこんなにやたら長い時点で結果には触れられたくない空気ムンムン...サラリと流しますよぉ...ヒソ)

紅梅S。1/18京都10R芝1400。ほぼ400Kgの小さな体でデビュー快勝したディープ娘のマテンロウディーバ。新馬の勝ちっぷりからまだまだ潜在能力も見込め、実のところ今週の我が出走馬の中では一番期待が持てる子だとは思っておりましたが..全10頭3番人気、五分でゲートを出ていくと道中は控え、最後のコーナーから直線向いても馬群の中でガマン...とにかく閉じ込められて追い出しが遅くはなりましたが、最後は外に出してグーンと伸びてきて、前が止まらないながらもなんとか3着に飛び込んだ。うん、展開のあやでもう1つ上の着順もあっただろうけど、逆に下げる可能性も十分にあった2着から5着までがクビクビハナ差。まずは今年初の指名馬馬券内になったことに感謝しよう。
佑介J談「スタートで後手に回って苦しい位置になり道中もまれた。もう少しスムーズなレースがしたかった」

白梅賞。1/19京都7R芝マイルに出走は3戦目で勝ち上がったダメジャー娘、ラヴォアドゥース。鞍上は乗り替わっての坂井瑠星Jでしたが、2枠2番から飛び出したところを最内からバチンとぶつけられ..フラフラと出遅れる形に..師が前に行かないとトモが弱くまだタメがきかない..と戦前コメントしてた通りそのまま、馬群に包まれいいところなしで直線も見切れて終了。9頭立ての8着で俺の中ではデロッと脳内麻薬が出てノーカウントっす、よかったよかった(よくねーわ)。

さて恰好がなんとかついた紅に、咲かずに散った白...と浮かぬ流れの中迎えたメインかつ最難関のドラ1リメンバーメモリーの京成杯1/19中山11R芝2000はと言いますと...勝ち上がった逃げる競馬で持ち味有との見立てに絶好の2枠2番。スタートもポンと小気味よく飛び出しましたが、乗り替わってのヤネ大野Jは行き脚がつかないと見るやなんと控え...あれよあれよと道中見てる間に最後方へ。はい終わったぁ...と閉店ガラガラワァオ!と脳ベルショーの司会者のマネゴトとかして残りの時間をこちらはつぶしてましたが..何と..直線向いて大外から飛んで来たぁ!..は、ちょっと言い過ぎだわね..重賞の厳しいゴール前追い合戦からははるか離れたところでしたが、今までにない伸び脚を見せ、最後は11番人気のところを6着。見せ場はなかったが新たな可能性はチカチカっと垣間見えた。ここでガマンしとくってもんでしょう..うんうん。
大野J談「1コーナーでゴチャついて後ろになった。外に出してからはいい走りだったし終いもよく伸びた。現状でこれだけやれたので使って行けばもっと良くなる。」使って使って使い続けてここまで来たのだけどね..もう少し出来るのかな?

とにかく今年初馬券、初ポイントに感謝。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する