ホーム > mixiユーザー(id:62460379) > mixiユーザーの日記一覧 > 幻想元年(12/15Tビジョン)

mixiユーザー(id:62460379)

2019年12月16日19:52

15 view

幻想元年(12/15Tビジョン)

今期のわが社のPOG。あまりのことにそのPO本人もあまり話題に出さなくなったほどざわつく事態が発生しております。9月頃まで意地汚くポイントを拾っちゃ首位をギリでキープしてたあちきを重賞ツモ一発であっさり逆転してくれたその人。サラッと主要指名馬を紹介しますとレシステンシア、レッドベルジュール、サリオス...もうお気づきの方も多いでしょう。上位3頭がすべて負けなしの上、重賞勝ち。4つの獲得重賞の一つがG1勝ちでクラシック色がまだ皆無のこの段階で合計20万ポイント超え。ナニコレ?ちょっと前まで上にいた俺が2か月そこらで倍離されたこの状況(オイラ10万ポイント)。「絶対事故に遭うでぇ..」とか不吉なケケケ笑いを浮かべつつ本人を脅すことくらいしかそりゃできません。
 で、上記の3頭の名にちょいとご明察いただければ、この神がかった状態がおさまるどころか、更に猛威を振るう可能性が高いのはお分かりですよね。はい、いよいよ迫った2歳王者決定戦へ2頭出し..しかもおそらく本命対抗で..だからさぁ。ほんとナニコレ?

アブソルティスモが敗れ、ウーマンズハートが敗れ、リアアメリアさえも負けた。獲得ポイント上位トリオで次々と大物を破り続け、師走の大舞台では尚盤石の構え。もはやその生贄的な立場になりつつある次の相手、朝日杯で言う3番手に当たるのは...ここまで悔しさに唇をギリリと噛み締めながらも、遙か高みを行く敵の大将をヨイショしてきた訳がここにありんす。POG優勝なんてもはや二の次(てかもう諦めた)俺の天下分け目の決戦はこの12/15の阪神11Rにあるのでやんす!亡き父タートルボウルにSS系の母と言う5代の中にノーザンダンサーしかクロスのないひたすら外の筋で爆ぜた血。まさにアウトレイジ..あまりの前向きさに入れ込み癖が激しいとこなんざ、その意のまんま非情の暴力に似た怒りのイメージだぜ!タイセイビジョン。そこに主戦乗り替わりになり..過去19回の挑戦で未だこのタイトルが獲れていない..てかG1で獲れてない(ホープフルは除く)のは実質的にこれだけなんつうすざましい縁遠さ。もう1つのアウトが加わったと言っても過言ではない、ベテラン武豊がその背中に決定。もう一度言おう!去年のアドマイヤマーズに引き続き、俺の決戦ここにあり!4枠8番、さあ双角をなす猛者の首を逆に獲りに行こう。(←てか朝日杯にやたら執着して勝手に酔ってますが、結局本人は何をしてるわけでもなく、去年は友道&利一両氏のフンドシで相撲を取り、今年は西村&田中両氏のパンツまで履いて帰ろうとしてる奴)鞍上の取りこぼし、心残りを今回で成仏させよう。


うちの荒ぶる際物(アウトレイジ)はその怒りを内包して運び、直線で爆発させて名の如き大成の幻想をリアルにできるのか?1600m、1分半の短くもここに来るまでを考えれば2歳の半生を辿る長き旅路。そのゲートが開いて唸るように飛び出していく。飛びだしていく。
俺の今年の夢、おそらく現ながらの唯一の夢が短く切り揃えられた超高速の芝のイクサバへ飛びだしていく。

滑るような好スタートを切ったタイセイビジョンは、同じく..いや、それ以上に絶好の飛び出しを見せたサリオスを睨みながら、ジワジワと馬群の中にその身を沈めていく。もう一角の強敵、レッドの冠を表した唯一のディープインパクト産駒は引っかかるようなゲートを見せその後ろにいた。すでに狙うべき標的はこの瞬間、ほぼ1点に狭まった。
半マイルを過ぎて、やはり危険すぎる早い時計の展開となった。後ろに3頭を置き、馬群の底にいたタートルボウルの息子は、鞍上の導きにゆっくりと外目をまくり始める。決して落ち着いた動きではないが自らを焦がす入れ込みもないヤネのコントロールと自身の学習、そして何より陣営の努力が垣間見える最終コーナー。直線の入口に差し掛かった時..巨大な体躯で疾走する1番人気が射程圏内にいた。
互いの鞍上のムチが飛び、一対一の勝負が始まった。押し切を謀る1番人気に気合の固まりとなったタイセイビジョンが外から襲いかかる。追われるモノより追うモノ..強者の方程式の1つにはまったと思った瞬間、もう一度サリオスにムチが入った。規格外の相手だった。残り200を過ぎたところから雄大にもう一度伸びるとまた父の高名を響き渡らせることが決定したハーツクライの息子はタイセイビジョンを引きちぎってゴールに飛び込んだ。
並ばせてさえもらえなかった完敗の2馬身半差。清々しい?いや、悔しくてしょうがないですよ。次は正攻法でなくどんなやり方でもいいから勝ちたい..そうじゃなきゃ勝てない。

武J談「陣営の努力で折り合いもつき、思い通りに運べた。ハイペースに前が止まるかと思ったが勝馬が強かった。」ありがとうございます。勝つためのベストレースでした。ただ、この相手に勝てる..レースではなかっただけ。悔しいです。

ちっくしょう!!強えぇなぁ。タイセイビジョン負けて強し、そして悔しの2着。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する