ホーム > mixiユーザー(id:62460379) > mixiユーザーの日記一覧 > 凪にたゆたう(10/26ランクリッツ・マンオブスピリット)

mixiユーザー(id:62460379)

2019年10月28日16:32

21 view

凪にたゆたう(10/26ランクリッツ・マンオブスピリット)

社内POGの現状..6月始まって1週目速攻タイセイビジョン&モーベットで新馬2勝してロケットスタート切ったれ作戦が功を奏し(作戦とか何とか偉そうに言ってるが、何一つこちらでやってるわけではない)、一気にトップのまんまで夏競馬を席巻して大逃げ打つつもりが、現実はそんな都合よく行くわけもなかった。どうにか前述タイセイビジョンの頑張り(函館2歳Sを2着)とむしろ嬉しい誤算に近かったサトノゴールドの札幌2歳Sの2着(ただし、その陰にはやはりマイ指名馬で人気に推されたゴルコンダの惨敗もあり微妙ではあった)の実績で精一杯。8月以降、出走はするものの勝ち上る馬さえもほぼいなくなって、あっという間に道中でつかまるくらいの行きっぷりの悪さとPOGレースはなり果て、観念してたのだけど、それでもなぜか運良く、他のPOオーナーの追い上げもジワジワで9月いっぱいは暫定首位で生き長らえた。こりゃあ、再び突き放すチャンスありかな?の秋競馬..と思ったら、そりゃ大甘でした。10月になってサリオス持ちの同僚に一発で逆転され首位陥落、次の週にはさらにワーケア持ちの先輩に蹴り落とされ、坂を転げ落ちるようとはまさにこのこと。3か月守ってきた1位はたった2週で砂ぼこりにまみれながらはるか上を仰ぎ見るところへ..盛者必衰だの物の哀れだの..元々、こちとら路傍に落ちた糞の様なもんだから、気取るつもりもございませんがね。何がまずいって...じゃあここから改めて気を吐けるかと我がリストに並んだ指名馬達のスケジュールを見返してみたが..あー、やっぱり持ち直せる要素があまりない。
そうなんだよなー。この仕上がり早い馬を中心に選んでのっけから突っ走る作戦は、一度躓くと、素質だけで早くに勝ち上がりその後余裕あるスケジュールで順調に成長してきた能力馬や、秋からデビューの本格有力馬達の勢いにとてもじゃないが、ついて行けなくなるんだわね。...去年は1頭、その能力馬のトップレベルが我が陣営にたまたまいたからクラシックまでずっと上位を走り続けられたけど、そんな幸運は続くわけないっつう事。今年は、ポスト・アドマイヤマーズがいない時点で詰むのはまぁ当然と言えば当然で、ここを..いや、ここから先をどう耐えきるかが今年の本領。

つまりは夏後半から陽気な高気圧が呼ぶ追い風は去り、我が海域はジリとも動かない凪に入っりっぱなしだと言うこと。ほら、今週デビューする2頭の新馬を見ても、本来なら熟成させてた能力爆発お披露目のはずが、どちらも少々ぼやっとした調教でボンヤリ出てきたと言う印象しかないのがその証拠。..同じレースにブッキングとなりましたが2頭合せてもなぜかポイントの匂いがしない..。しかもその内の1頭はPOGルールで牡牝各2頭ずつ選べる中、2番目に選んだディープ牝馬だからえらくしんどいか?で走る前からまったく誉めてないけど、愛しく思うからこそなんだけどね。浅見師の元で頑張ってるランクリッツ。そしてもう1頭は斉藤師のとこで、ほぼ也でじっくり調教のルーラー息子、マンオブスピリット。超かっけー名前に恥じない結果をいきなり出したいが..こっちも初戦は微妙か?
さあ臨むは10/26京都5R芝マイル新馬戦。更に弱気の風に我が心ざわつくのはこの番組の面子の骨っぽさ..。ランクリッツ、鞍上岩田パパで14頭6番人気、マンオブスピリットは気合が入った出稼ぎシュタルケJの分をちょっと買われたか4番人気...果たして強面の上位人気たちにどうにか割って入れるか、はいスタート!

はい、ランクリッツ割って入るどころかレースにも入れなかった。416kgの貧弱な見た目のままヒョロッとよたりながら遅れてゲートを出て、促しても戸惑ったように脚つかず。終始後ろで、直線向いてレースが早くなると、片隅でチロッと伸びてるかなぁ?と言う残像も消え、はるか向こうで勝負は終わりましたの8着...重い馬場に「軽い走りなので良で」と言っていた担当の人の言葉だけが次への希望か?

そしてマンオブスピリット。こちらもゲートは反応遅れるも鞍上がガツガツ出してリカバリー。先行群の後ろに沈めてガマンさせ、四角曲がりきる直前からスパート。本来前が止まらない展開を鬼の末脚で1番人気が制すると言うきっつい上り勝負の中、ジリッジリッとしぶとい伸び脚を繰り出して踏ん張るがやはり勝ち負けははるか前方、5着にぶら下がったこと自体が希望か?
シュタルケJ談「落ち着いてリズムよく走れた。賢くてレースもわかっていた。スタミナはすごくありそうで伸びてもよさそう。次が楽しみ。」ヤネの言葉で希望がもう一筋。

凪にたゆたう2隻の処女航海はやはり行方定まらず..今は耐えるのみだね。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する