mixiユーザー(id:62460379)

2018年01月29日08:45

42 view

トウキョウソナタ

いや、いい映画でした..(←なんでちょっとびっくり顔だよ)。

急坂にある上に窓の外を電車がガタゴト行き交いする立地の悪い戸建てで暮らす地味な夫婦と二人の息子。
そのそれぞれの悩みが飽和して噴出し、コントロールがきかぬまま流れ出ていく、ある家族の崩壊と再生のお話。
閉塞感、孤独感、虚無感、焦燥感...急速に高まる感情の奔流は..ソナタのようにメヌエットを経て一家は再びロンドをむかえられるのか。

とか何とかしゃらくせーこと言ってんじゃないよ。
リストラパパの香川照之はほんと不満を顔だけで表現するに日本一の役者だし、
ママ役の小泉今日子って枯れてきて尚、顔も声も存在もつくづくスーパーアイドルだと思うわぁ。
勝手に傭兵になって渡米しちゃう長男もカッコいいねぇ。

小汚い役所広司を、とんでもない角度からぶっこんできたのはビビりました。

あ..ちなみに役所広司には3パターンあります。
,Δ襪気ぬ鮟蟾司 ⊂汚い役所広司 うるさくて小汚い役所広司...この3つです。

ストーリー後半から、家族それぞれの感情が突っ走りだして(てか、ほんとにみんな走ってもいるのがとても笑える)、
メリハリきいてます。てか小学生の次男が逮捕されたのには爆笑!不起訴になって前科つかなくてよかったねぇ。

いや、ママ暴走パートは、話がちんけな失楽園になってきてかなりドキドキ。
ピアノの先生役の井川遙なんかより、俺的にはよっぽど小泉今日子の方が色気があってトキメキますわ。
結局未遂で終わって..チェッ。小汚い役所広司は海に帰りましたとさ。

最後は箱(お家)に戻って、みんなで食卓を囲んで小団円。
と見せかけて
もう一ひねり、次男の奏でるドビュッシーに会場の誰もが釘付けになると言う、やっすい大団円でエンディング。
まったく前歴者のくせに!(←とか言いながらそのシーンで香川パパと一緒に不覚にも涙ぐんだのでちょっと悔しい)

エンドロールの音楽なし..ピアノコンクール(?)の会場を片付ける音をBGに流したのがとても好きです。
あ、間違えた!!△犬磴覆て、のうるさくて小汚い役所広司の方だったぁ!(どーでもいーよ)

【★★★★☆】
【おススメの人:CMで必ず奇っ怪な動きを強いられる土屋太鳳を、目を細めてみてる人←実は出演してんのよ。】
【おススメしない人:通勤ラッシュのホームで「おう、節税対策に買ったる買ったる。2億やな?」とかかかってきてもない携帯で芝居したことのある人】

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する