mixiユーザー(id:62460379)

2018年01月26日08:59

95 view

回路

一昔前にもてはやされたうす〜いメイン級俳優、加藤晴彦を主役に置くホラー映画。
彼の緊張感がない表情や脱力演技が、いい方向に働いてるような気がしますが、気のせいだったらごめんちゃい。。
ちょっと何言ってんだかわかんないセリフとストーリー、お話の中では輪郭が大事なのに終始フレームの中ではぼやけた映像。

よくあるジャパンホラーらしい「見せないで怖がらせる」なのに、意外に斬新なモヤッと感に惚れて何回も観てます。
とりあえず最後の最後にバーンと元凶出してビビらせるぜなサダコ的ゴシックからの脱却には成功してるけど、最後までボンヤリ。
それでいいじゃないっすか..なんせ黄泉がオーバーフローしたら、人間みんな染みになっちゃうんだから。

でさぁ、それはさておき何で映画の中の小雪って艶っぽいねぇネーチャン..みたいな錯覚起こすんだろ?銀幕マジックって不思議っ。

最後、エイベックス女優をディスって終わらすな。マツケンにぶんなぐられっぞ!

【★★★★☆】
【おススメの人:ビニールテープの扱いに長けた人】
【おススメしない人:シンクの蛇口についた水垢までこそぎ落とさないと、気になって夜も寝らんない人】

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する