ホーム > mixiユーザー(id:6231411) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:6231411)

日記一覧

残酷な話
2015年09月29日23:54

頼まれたからといって、刺すというのは余程のことなのだろう。だが、人間の人生は18歳でどのくらい決心が付くものなのだろうかと考えると若さというのは余りにも感情的で残酷なものだと思わざるを得ない。僕もしばしば知人や近しい人間に言うのだが「18歳

続きを読む

今年のホークスが史上最強だという説は基本的に間違っている。それは時代を違えずに言えば間違っていないのかもしれないが他にも多数の突然変異で強かったチームもあるのである。2001年、シーズン140試合制を導入したシーズンは近鉄がチーム211本塁

続きを読む

安心してください
2015年09月26日12:20

主婦業に休暇を!という発想そのものには賛同するが実質的に帰省をしたり、旅行に行ったりして主婦業を休んでいる日は年に3日では済まないのが我が家の家内の場合である。それでも、「帰省したからって、主婦業から解放されるわけではない」と言い張るので義

続きを読む

モアベターを追求していくと我々の生活は均一的で無味乾燥したものになってしまう。信教の自由も認められているのであれば「それまでの慣習であった」のも一つの文化である。我々が、その文化を「差別行為」と認定するのであればそこは差別されている側に「屈

続きを読む

十人十色かしら
2015年09月22日02:58

名古屋で仕事をしていた時、知人友人と離れていた暮らしをしていた事もあり、美容院に通うのが1つの楽しみになっていた。一回り以上、年下の担当の女性スタイリストは、僕が初めての男性顧客で、彼女の師匠である男性スタイリストと、彼女の弟子に当たる男の

続きを読む

悔し紛れでロッケンロー
2015年09月19日00:48

ひとまずは今シーズンの激闘に対する労いの言葉と優勝の栄光に対する賞賛が彼らに与えられるのが正しいことだと思う。だが、それで良いのか。ホークス。と疑義を呈したい気持ちでいっぱいである。ホームランを大量発生させるための新スタンドをホームグランド

続きを読む

下がれ、野党と不戦論者
2015年09月18日01:24

強行採決に踏み切れば、当然可決できる態勢にありながら議論(?)と納得(?)を経て採決に臨みたかったはずの与党サイドだがここまでの頑迷なまでの安保法案に対する姿勢はそこに便乗する野党の攻撃も寄せ付けなかった。安保法案そのものの是非はここでは問

続きを読む

この世を何に例えようぞ
2015年09月15日02:07

久々に会った知人と、話に花が咲くのが頭髪がどうの、体力がどうのという老化にまつわる話。知人は最近になって父親になったばかりであるが僕は、高校生になる娘が居て、下手をしたら近いうちに孫ができてもおかしくない。その一方で、ごくたまに女性と若者の

続きを読む

選手生活の末期
2015年09月15日01:44

また一人、メジャー帰りの戦士が引退する。寂しい気持ちも半分、お疲れ様的な気持ちも半分である。今年は楽天の斎藤隆も引退を表明。あちらで活躍はしなかったけど挑戦して帰ってきた川上憲伸は中日を戦力外に。藤川は帰国したけどNPBに復帰するのかな。引

続きを読む

いよいよ終盤ですね
2015年09月14日06:18

勝負もミズモノであるから、元々ミズモノの打線が好調のヤクルトが混戦を抜け出すという予想は安直だ。広島との対戦数が多く残っているチームが苦戦すると予想する上では阪神が圧倒的に不利である。ジョンソン、マエケン、黒田のローテーションをぶつけられた

続きを読む

先日、史上最年少の弱冠二十歳でトリプルスリー、日本で言うところのシーズン30本塁打、30盗塁、打率3割の達成記録をもつ中西太氏に会う機会があった。当時はこのような記録に対する注目はなくNPB初の達成者は岩本義行であるがもちろんのこと、後付け

続きを読む

たまには牙を剥け
2015年09月13日02:49

和田監督がここに来て、積極采配を振るうのは悪いことではない。優勝争いをしている3チームの原、和田、真中、それに追撃して優勝のメが残る広島の緒方の4人の内では、試合の最中の采配では、原に一日の長を感じるのではあるが、和田の“セオリー”に固執し

続きを読む

○日通算
2015年09月10日01:42

この手の話題について述べるときは誤解を得ないように必ず前もって断っておくのだが偉業は偉業であり、彼らが達成した記録というものは決して「割り引いて」述べているのではない。シーズン記録達成の時はシーズン何試合制なのか、或いは日米通算の時はメジャ

続きを読む

模倣かどうかは別にして
2015年09月02日23:03

2020東京五輪のエンブレムが模倣デザインではないか、との騒ぎで世間が賑やかしい。デザイナーの佐野研二郎氏は、他の作品や会社作品まで「模倣ではないか?」との嫌疑がかけられ、人格否定に近い仕打ちを受けて、使用中止を申し出てる状態だ。今回は、マスコ

続きを読む