mixiユーザー(id:6205760)

2021年01月23日18:25

63 view

COVID-19 as Evil

厄災の如しCOVID19。コロナ禍はとどまることを知らず、JKの行動にも大きな影響が出ている。
昨年クリスマスイブ12/24にフィリピンから一時帰国し、PCR検査は陰性ではあったが14日間の自主規制後は必要な用事を済ませて1/16には再びフィリピンへ戻る予定であった。
しかし、問屋はそうは卸してくれなかった。
12/31、比国政府は日本を含むコロナ新株発見の国からのフィリピン渡航を禁止。当初は1/15までであったが1/31まで延長。そして1/7日本政府が告示した緊急事態宣言により、東京のフィリピン大使館は外来者の入館を禁止。本来は同所へ出向き、比再入国のビザ申請をする予定であったのが大幅に崩れてしまったのだ。
必要書類が増え、e-mailでの事前チェックのあと、今のところ、2/1に郵送でビザ申請書とパスポートを大使館へ送り認可を待つしかない。実枚数20枚近くになる英文の申請書類を揃え部分的に公証人役場での公証も必要。手間がかかる。但しJKはフィリピンの国策で運営されている保税工業団内の企業代表であることから、運営事務所から正式な招聘状を所持しているので、ビザの取得は問題ないはず。いずれにせよ一時帰国が長びき、マニラへのフライトは2月下旬となる見込み。
気持ちを切り替えて、日本滞在中でなければできないこと-身体のメンテナンスと、PCやタブレットの修理を済ませるべく日々を送っている。
左画像は修理が終わったPCにwacom製の手描きペン&ボードをつなげて毛筆風に描いた百人一首。小野小町の句である。本式の毛筆にはまだ遠いが、なかなか面白い。
中画像は液晶パネルが本体から浮き上がってしまったタブレ十。これは内蔵バッテリーが劣化し膨張して液晶パネルを押し上げてしまったもので、バッテリーを交換しなければならない。ネットで調べると岐阜県に専門の修理業者があり、問い合わせると部品類もあり受入可能。即送って修理。4日目に戻ってきた。これはスゴイことだなと思った。
右画像はJKの家から車で一時間ほどのところにある白鳥の群生地である。ニンゲンの密は困るが、水鳥達が水田で密になっているのを眺めるのはコロナ禍の心配はないだろう。
千葉県印西市の笠神地区↓
https://www.youtube.com/watch?v=eQL-5G0x3dw
5 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 21:02
    足止めされてるのね(^_^;)

    こんなことはない方がいいけど…でも、こんなことがないとゆっくり日本に居られないからねぇ(^^;
    奥さんの手料理食べて骨休めして欲しいな

    そう思うけど…じっとしてられないよね(^^ゞ
    コロナじゃなかったら一緒にカラオケ行けるかもしれないけど…このご時世じゃ無理だよねぇ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 22:00
    日常の中では簡単に出入りできる場所に、制限がかかるのは不自由なことですね。
    できることに注意を集中しよう。私も同じ心です。
    白鳥たちは野生の本能のままに生きられているということですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月24日 14:32
    huuko小姐:
    そうなんです。フィリピンでは一時国後に再度渡比できる目算が立ったので移動してきたのですけど、結局コロナ新種や日本の感染者が多くなってしまい、今はビザ申請のタイミングを図っている状態。
    自宅なので朝食から女房の料理です。美味しいのですけど確実に太ってしまいますね。
    深圳とフィリピンの二ヵ所を見ているので、リモートワークはコロナ以前から必須でしたから自宅での仕事は平気。メインのPCとタブレットも日本で修理できたのでこれは良しとしましょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月24日 14:45
    まにこ小姐:
    JKの海外生活は26年ですが、毎月深圳とマニラを往復するのがアタリマエ。これができたのでフィリピン事業所も立ち上げられたのですけどね。
    JKは2003年春節後のサーズ流行の時の深圳と香港を知っています。サーズはコロナより格段に毒性が強く、広東省内では街の封鎖が相次ぎました。同年夏には終息したのでコロナも同様に暑くなれば無くなるだろうと思っていたところ、熱帯の各国で爆発的に拡散。フィリピンもその代表例です。同国ではマスクとフェイスシールドが常識になり、夏期毎日5000名の新規患者だったのが今は2000名以下に下がりました。
    白鳥やカモ達、コロナではなく鳥インフルにかからないようにと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月26日 14:29
    >中画像は液晶パネルが本体から浮き上がってしまったタブレ十
    隙間から、得体の知れない何かが飛び出してきそうですね。
    修理出来るとは、日本の技術も凄いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月29日 06:17
    電話やネット環境が整って来ている昨今とはいえ、それでは済まされない取引もまだまだ多いはず。
    ビジネスマンにとってはコロナは本当に困った厄災ですね。
    >20枚近くの英文申請書類が必要
    日本語だって大変なのに。
    ※この度の入院で書類に押しつぶされています。元事務員とはいえ、慣れない書類は読むだけで疲れます。

    JK大兄の毛筆マシン、楽しそうですねぇ目
    我が家も夫に今年からは確定申告、ネット申請を頼もうかしら。
    確か、本人認証の読み取り機械を取り付けるんですよね顔(笑)

    バッテリー交換、5年前にiPhone5を自力でやった事があります。
    バッテリーと器具は通販で取り寄せ。買い替え覚悟だからできましたがあせあせ

    一番困るのはピンセットで摘んだ極小ネジがピーンと飛んで行ってしまう事。
    これを探すのが一番大変でしたw
    探してる時間が一番長かったかも
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月30日 12:08
    ミント小姐:
    液晶パネルを押し上げてしまうほどバッテリーが膨張するのは、考えてみるとチョット怖いですね。過去韓国有名メーカーの携帯電話でバッテリー爆発事故があり、航空機内持ち込み禁止となりましたが、そんなことを思い出しました。
    なおバッテリーは割れると毒性のある液がこぼれてしまうようで、メーカーは厳重に封印しているそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月30日 12:39
    さくら小姐:
    「20枚近くの英文申請書類が必要」。そのうち30%はフィリピンの国営保税工業団地や空港のPCR検査機関等々外部組織からの文書。タガログ語ではないのでJKにも判断できます。尚、比政府は1/22に海外からの渡航に関する声明を出し、渡比用ビザ申請に追加の文書の要求がありました。またまた面倒な。。。
    「JK大兄の毛筆マシン」。リモートワークはコロナ前からやっていますが、文書類がファックスで来ることは無くなり、メールに添付されたワードかエクセル、またはPDFで送られてきます。以前は紙に印刷して署名しそれをスキャナで読み取ってJPG画像で返信をしていましたが、wacom製の手描きペン&ボードでダウンロードした電子文書に直接署名が可能。保存と送信が手早くできることが利点ですね。
    但し、紙に書くのとは異なるので練習が必要ですけど。
    iPhoneのバッテリー交換をご自分でされたのはスゴイ。手先も器用でいらっしゃいますね。JKは交通事故後遺症で左手親指が動かず、昨今は老眼と乱視で肉眼での細かい作業がダメです。2000年頃はPCを何台か自作していたのですけどねえ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する