mixiユーザー(id:6205760)

2020年05月10日16:19

86 view

Communications

コミュニケーションズとは「通信。連絡。意思疎通」。他に「疾病に感染する」という意味もあるようだが、COVID19からの通信は拒否したい。
フィリピンにおける防疫措置である地域防疫・街の封鎖は期限が5/15まで。当地のCOVID19発生場所はマニラ市域が圧倒的で約1万人の発症者の70%を占める。その一方で、島嶼国家の中、全く罹患者が出ていない地域もあることから、5/4からは、封鎖を解除されたエリアも出てきた。ただ、JKの所在場所はマニラ市域に隣接しており、通勤者も多いことから、公共交通機関は止められたままで解除はされていない。
よって封鎖が始まった3/18から約二カ月間、JKの行動範囲は宿舎から半径1000m程度の市場と銀行、そして工場がある工業区となっている。この範囲で買い物や仕事で現地の人々と会話でコミュニケーションを摂っているが、中国や日本との通信は仕事面、そして個人的にも重要である。
ところでmixiの皆さんはどんな通信手段を使っているだろうか。30年前は固定電話とファクシミリがそれだったが、windows95からパソコンでのe-mailが加わり、業務文書のやりとりは飛躍的に容易になった。
そして携帯電話類の進化は目覚ましいものがあり、毎年性能が増え、今ではパソコンの機能を代替することも多い。
JKは直近の三年間、we chat(微信)を重宝している。このSNSは中国基点であり、日本、フィリピン、どこでも使えるのが強み。画像・動画も送信可能で、日・英・中の言語切り替えも簡単。
左画像の左は、ネットで知り合いリアルでの交流も15年となったE氏からの連絡。同氏はJK同様永らくの中国生活だが、たまたま所要で日本へ出張した時に中国へ戻れなくなり、今も渡航許可再開を待っている。
左画像中は、フィリピン工場の生産管理女子社員から。彼女の街は隔離者が出たため外出ができず、自宅でテレ・ワークの最中。しかし、当地は電話信号はじめネット通信環境は脆弱で、速度は遅い。
左画像右は、深圳工場の品質担当女史から。製品に関することのやり取りの他、永らく深圳工場へ戻れていないので、「いつ帰ってくるのか」と催促を受ける。
それから、SNSとしてはもう一つLINEを中国以外の地域との連絡にも併用している。
中画像左は、JKの家族グループチャットの様子。日本で流行しているzoomを関西在住の長男に頼み試験通信したやりとり。そこへ女房が好きなキャラクター・カワウソで出てくる。
中画像中は、JKの高校同期生のグループチャット。今年の9月に同窓会を予定していたのだが、この御時勢の折、幹事から来年に延期する通知があり、それへのレスポンス。
中画像右はJKのグループ拠点香港事業所の女性マネージャーから。彼女自作の動画最後に、ウサギでも感染防止で1.5mの距離をとってるシーンがあり、JKはそれにジョークで反論。
右画像は、宿舎での自炊夕食。同じ工業区にある日系企業の社長から、「酒は販売禁止なので、お困りでしょう。一本進呈します」と、バーボンのJim Beamをいただいたのだ。多謝。
いずれにせよ、街の封鎖は続いていてもさまざまなCommunicationsの支えがある。あと数日、頑張ろう。
6 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月10日 21:26
    様々なコミュニケーションツールが今こそ活躍される時ですね。感染症には人々の結束力が不可欠ですが、そこにはデータや状況を解明して事態に迅速に対応するために Information Technologyが不可欠なのだと身に沁みます。
    ただし人ありきで、誤った情報に振り回される事のないようにアナログ世代は申し子になれなくともw正しく、楽しい存在でありたいですね^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月10日 21:28
    いやぁ。。それにしてもJKさんうさぎのおねーさんから同窓会からご家族ご友人とおかおが広くて豊かなコミュニケーションをおもちですね^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月10日 21:59
    遥小姐:
    「様々なコミュニケーションツールが今こそ活躍」。特に若い方達は次々使っていきます。母校レス部若手OB達4名がzoomで顔出し会議。テーマはコロナ禍の中でアスリートができること。ソレを録画して、YouTubeへアップロードしていましたが、ナカナカやるなあと感心しました。
    しかし物事は目前の事以上に、その背景や対比するものも考える事が必要で、コレは我々熟年の意見も必要だろうとも感じました。
    また、別の切り口で見れば、進化している情報手段のプラットホームの一つが5G技術とそれを受け入れる社会です。私見ですが中国と香港はその先頭集団で、益々イロイロな事が普通にできるようになるでしょう。
    「うさぎのおねーさんから同窓会から」。まあ、顔が広いというか、皆にはデカいカオと言われているのですけどね。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月11日 10:09
    JK 様

    日記を再々読させて頂いた中で、
    特に『コミュニケーションズの
    支え』は力強く共感致しました。
    JKさんはいつも公私に亘って、
    その大切を認識され、信頼関係
    の構築されて来ましたので説得
    力があります。

    『繋がり』そして、ステークホ
    ルダー間に限らす、合意形成の
    ツールを持つことの大事さを改
    めて教えて頂きました。
    有難うございます。

    余談ですが、『信頼』という事
    に関して。国民に対する安倍政
    権のコミュニケーションの欠如
    を感じています。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月11日 13:59
    コミュニケーションツールは、今はラインをよくつかいます。
    その時々で違いますが、、、。

    前回のコメントを参考に、コンソメ味の実エンドウスープを作ってみました。
    ジャガイモと豆腐は味噌味で、、、美味しかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月11日 22:32
    イヴ博士:
    「ステークホルダー間に限らす、合意形成のツール」
    合意に至るかどうかを含め、コミュニケーションの重点は「速度と内容」だと思っています。直接会話や電話はもちろん必要ですが、SNSでの画像や動画、関連サイトの紹介も一緒に文字で表記できる通信の在り方は、記録にもなりますし、非常に重宝しています。
    「国民に対する安倍政権のコミュニケーションの欠如」。政権に対する国民からの双方向性を考量した通信をどうするか。マスコミが「世論の代表」として政府に対する意見を報道していますが、それが前記を包含できるとは思いません。
    日本の政治家は常にマスコミをどのようにかわすかが優先で、政策はその次のようにしか見えません。マスコミも国民も政治家にタレントと聖人を求めて久しく、個人的にはがっかりしています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月11日 22:42
    ミント小姐:
    「今はラインをよくつかいます」。SNSの利便性をご存じですね。中国以外ではほかにツイッターやフェイスブック、インスタグラム等々種類も多いです。
    ただし、中国では規制によりそれらは使えないことから、JKにとっては、ドコの誰とはナニで連絡するかを考える必要もあります。
    「コンソメ味の実エンドウスープ」。初夏の香りが漂ってきそうですね。
    今夜の夕食に「コーンとオクラ、ニンジンのスープ」を作りました。次回アップします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月12日 20:37
    まめ吉♪小姐:
    長らくご無沙汰していました。お元気なご様子、何よりです。
    COVID19はパンデミックの文字通り世界中に広がってしまいました。
    ワクチンや特効薬がまだ承認されていないので大騒ぎですが、個人的にはインフルエンザと比較してどうなんだろうという部分も抜けきれません。
    日本への一時帰国は全く予定が立ちません。もし日本へ移動するとフィリピンの外人入国禁止で再入国ができなくなってしまいます。今はビザ申請も不可なのです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する