mixiユーザー(id:61748763)

2020年06月06日14:02

56 view

躁うつ病のトリセツ その5 躁への対策 峺撞曄

 私が試した躁に効果のある方法ベスト3は、呼吸、瞑想、仮眠である。

 ただ、激躁を抑えられる方法は投薬と入院以外ないと思う。動かない、話さない、しか取れる方法がなかった(それでも動くし喋る)。


●呼吸法

 うつのときにも躁のときにも効果がある万能薬かもしれない。限られた躁の対処法の中では、手軽さも効果も保証できる方法だと思う。
 深呼吸の仕方は自分に合った方法でよいが、私なりの方法を紹介すると。

仝から7つ数えてゆっくりと息を吐く
鼻から4つ数えてゆっくり吸う
3つ数えて息を止める

  銑を繰り返すのが基本だが、別にこだわってはいない。先に息を吸うときもあれば、息が苦しくて止めずに吐くときもある。
 私が思うポイントは、息を吸うときに鼻から吸うことと、なるべくゆっくりやること、苦しくならないよう注意すること、の3つである。

 回数は1回でもいいし、数分でもいい。瞑想と組み合わせるとなお効果を感じた。
 深呼吸には3つの種類があって、どれも実際に効き目があったものである。超おすすめできる。

・腹式呼吸
 肺ではなく、お腹を膨らませて深呼吸する。私は肺の下の横隔膜を下げて、へそのあたりのお腹にある水風船を膨らませていく感覚で行っている。吐くときは、ゆっくりと風船の中身が、口まで届くホースを通ってしぼんでいくイメージ。一番手軽で一番オーソドックス。
 個人的には、どちらかというと冷静になれる呼吸。

・腹圧呼吸
 腹圧呼吸とは、腹式呼吸とは異なる。ゆっくり深呼吸をするのだが、息を吐くときにもお腹を膨らませたままにする点が異なる。常にお腹のふくらみの維持に力と意識が向く。数回するだけでも、効果あり。
 個人的には、どちらかというと気が落ち着く呼吸。

・胸式呼吸
 自律神経を整えるのに効果があると言われる呼吸法。胸(肺)を大きく膨らませて息を吸い込み深呼吸する。ちょっとした気の高ぶりや、気落ちに驚くほど効く。思いっきり肺に空気を取り込んで、気持ちゆっくり吐き出していくと、気分が晴れる。
 個人的には、どちらかというと元気になる呼吸。


※つづく?
4 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月07日 18:12
    だから病院の主治医がヨガやっているならカプセルを減らせるねと二種類のカプセルを減らしてくれて少し動きが楽になりました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月07日 18:48
    > mixiユーザー いいですね、ヨガ。私も試してみます!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月07日 19:37
    いつもは自律神経を整えるストレッチをしていたのですが、YouTubeのヨガ動画に挑戦してみました。しばらく試してみます。ありがとうございます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する