mixiユーザー(id:61748763)

2017年02月02日22:19

1032 view

「Q&A 効率的な勉強法」『最新脳科学が教える高校生の勉強法』池谷祐二

 大学に入学した年に読んで感銘を受けた本である。脳科学者である著者が、高校生に向けてわかりやすく勉強の仕方を説いている。脳科学と勉強法の組み合わせは、当時としては斬新で話題になったらしい。私も、大学受験前に読んでいれば……とつくづく思う。Q&A方式で、私見を加えた整理を試みた。


●Q. 記憶するにはどうすればよいか? A. 繰り返す

 記憶には2種類ある。長期記憶を作るためには、短期記憶をいかに使うかということが鍵となる。つまり、「生きていくために不可欠かどうか」が覚える鍵だ。

 忘れないためにはどうすればよいのか。脳はそもそも覚えることよりも忘れることをずっと得意としている。忘れる速度は人によって違わない。覚えた直後がもっとも忘れやすい。『予習:学習:復習』の比率は、『0.5:1:2』くらいがちょうどよい



●Q. 効果的に復習するにはどうすればよいか? A.間を空けて繰り返す。あるいは、何度も最初から繰り返す

 もっとも効果的な復習のプランは、
ヽ惱した翌日に、一回目
△修琉貊鬼峺紊法二回目
F鷁麑椶良習から二週間後に、三回目
せ芦麑椶良習から一カ月後に、四回目

 全部で四回の復習を少しずつ間隔をあけながら、二か月かけて行うことで、海馬が情報を、必要な記憶だと判定する。ただし、これはスケジュール管理がとても難しい。もう一つの策として、ヒンドゥー・メソッドがある。

 ヒンドゥー・メソッドとは、毎日、1日目に覚えたことから順に復習する方法だ。つまり、10日目になっても、1日目から9日目までを復習するのである。一見、時間がかかるように思えるが、繰り返すうちに復習する時間は減っていくので、思ったよりも負担は少ない。

 注意点としては、復習の効果は、同じ内容のものに対して生じる点だ。周囲の情報に惑わされて参考書をアレコレと取り替えているとしたら、復習効果を自ら放棄している自殺行為に等しい。

 忘却が早まっていしまう場合がある。新しい記憶を追加する場合である。必要以上に記憶を詰め込むと、覚えが悪くなってしまう。記憶の干渉である。



●Q. 勉強のマンネリ化を防ぐにはどうすればよいか? A. 興味と感情の魔法を利用しよう

 感情を交えて覚えるとよい。実は、一夜漬けは、テスト前の不安感や危機感のおかげである。しかし、ストレスは記憶力を低下させる。無理に詰め込むと、すぐに消えてなくなる。が、余裕のありすぎるスケジュールも、緊張感が持続せず、やる気が停滞してしまう。

 マンネリ化せず、適度な緊張感を保ちながら、興味と感情を適切に活用して勉強することが、効率よく学習できるコツだ。



●参考書選びはどうすればよいか? A. 簡単な方がよい

 参考書選びは第一印象が重要である。相性の良い参考書を使えば、勉強の意欲が削がれずにすむ。難しいことを勉強すれば近道というわけではない。

 高度な参考書と7割くらいできる参考書なら、7割くらいできる参考書の方が力がつく。なぜなら、人間は7割理解できて3割わからない状態が一番学習に意欲がでるからである。

 わからない3割を埋める効果的な手段として、スモール・ステップ法がある。記憶に1つのステップを加えるだけで、学習効率が10倍も違う。いきなり高度なことに手を出さず、少しずつ難易度を上げていった方が最終的にははるかに早く習得できる。



●やる気がでないときはどうすればよいか? A. とりあえず手に付けてみる

 作業興奮という現象がある。とにかく勉強してみる。そして、始めたらしばらく中断しないこと。次第に集中できるようになる。

 あるいは、とにかく机にかじりついてみる。1日目はとにかくつらい。だが、我慢する。2日目も同じく我慢する。すると、3日目には、スランプのことなんか忘れている。



●学習を始める前に何をするべきか? A. 全体像を把握する

 何かを学習しようとする場合には、まずは全体像をしっかりと理解しておくことが大切である。細かいことはそのあとで少しずつ覚えていけばいい。

 入門書が最適である。絵ばかりの本や漫画、子供向けの本を馬鹿にしてはいけない。極限までわかりやすく書かれた本を先に読むことで、あとからの理解がスムーズになる。特に子どもが読むことを想定した本は、その道の第一人者が書いている場合が多い。学問のエッセンスを分かりやすく伝える努力がされており、入り口としてベストだろう。



●科目は均等に学習するべきか? それとも一点突破か? A. 一点突破で能力をつけよう

 学習の転移が重要である。ある分野の理解の仕方を覚えると、他の分野に対する理解の仕方までが上達する。脳は消去法を使うので、ものごとの本質・エッセンスが残る。そのエッセンスが共通している知識は応用が可能である。

 転移の効果は学習のレベルが高くなればなるほど大きくなる。多くのことを記憶して使いこなされた脳ほど、さらに使える脳となる。ある科目をマスターしさえすれば、比較的容易にほかの科目の成績をあげることができる

 どの科目も均等に勉強して、平均的に成績アップを狙うより、ひとつの科目を集中して勉強して、まずはそれを究めてしまうとよい。



●Q. 一番記憶に効果がある方法は? A. 説明すること

 覚えたい情報を友達や家族に説明してみることだ。自分が理解できているか、間違っていないかを確かめることができる。説明する相手は、その内容を知らない人を選ぶ方が効果的である。恥ずかしかったら、ぬいぐるみに向かって説明してもよい。



●五感を使った勉強をするべきか? A. するべき

 必ず手を動かして紙に書き、そして声に出して何度もしゃべりながら記憶するようにしよう。五感を最大限に活用して、海馬をフルに刺激しながら記憶するのが学習の近道である。

 プラスチックシートで文字を隠して暗記する方法は、視覚だけの勉強に偏りがちだ。ときどき、書きなぐったり、声にだしたりしよう。いい気分転換になり、集中力もあがるだろう。

 読む勉強。書く勉強。聞く勉強。うまく使いわけるといい。机に向かう元気があるときは、読んだり書いたりする。元気がないときは、聞く勉強に切り替える。我慢するくらいなら、メリハリをつけて勉強方法を変えた方がよい。



●勉強の効果が出るのはいつか? A. 3か月くらい

 学習量と成績が、等比級数的に伸びるわけ(最低でも3か月続けないと伸びない)は何だろうか。それは、あとから覚えたBの方法記憶が、すでに習得したAの理解をさらに深めてくれるからである。次々と新しい物事を覚えていくと、その効果は等比級数的に増えていく。努力の継続こそが、最も大切な勉学の心得である。夏休みの勉強の効果が出るのは早くても秋以降となる。

 十分な勉強の効果を得たいのならば、やはり最終目標の一年以上前から勉強を始めなければならない。長期的な計画性が大事だ。だが、計画を立てるには訓練が必要だ。最初は、2週間くらいの目標から始めるとよいだろう。



 最後に結ぶ。努力は大切だが、正しい努力をすることはもっと大切だ。正しい努力は技術である。技術だから真似できる。それの技術の元は、書籍からだったり人からだったりインターネットからだったりするだろう。勉強法の大切さを私に教えてくれた一冊だった。

8 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月02日 22:49
    この本買おうと思います。ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月02日 23:03
    > mixiユーザー はい、おすすめの本です。読むたびに発見がありますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月04日 22:36
    努力の方向音痴ってありますよね。勉強法を知ることも勉強のうちですね。まとめがとても分かりやすくて、とてもためになりました。資格勉強に役立てたいと思います。ありがとうございます♡
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月04日 23:39
    > mixiユーザー ちょっとした勉強法を知っているか知らないかだけで、結果がずいぶんと違いますもんね。お互い勉強がんばりましょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月05日 01:14
    池谷さんは昔から大注目の脳科学者です。この人本当に天才だと思うし、天才の能力の扱い方に無駄がないのよね。

    私はもう勉強とか物を覚えるとか相当難しいけど、でも出来る限り頭は使っておかなきゃなと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月05日 06:53
    > mixiユーザー すごい人なんですね。とてもわかりやすい文章で難しい脳科学の知識が書かれていて、頭のキレが伝わってくるかのようでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月05日 23:03
    はじめまして。
    資格取得勉強の参考になります。

    >覚えた直後がもっとも忘れやすい。
    思わず笑ってしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月05日 23:49
    > mixiユーザー 
    はじめまして。高校生向けの本ですが、大人の資格試験の勉強にも通用する本です。

    覚えた直後が一番忘れやすいので、すぐに復習しないといけないそうです。たとえば、90分の講義を受けたら、終わった後の教室に残って、5分間ほど思い出す作業を習慣づける。そうするだけで、記憶の効率が全く違ってきます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する