mixiユーザー(id:61678213)

2020年09月28日16:38

42 view

千葉市美術館 宮島達男クロニクル

フォト


千葉市美術館は、時々ユニークな企画展を行う。
今回は、現代美術「宮島達男 クロニクル1995-2020」。

日曜美術館で紹介された、森美術館「STARS」展のアーティストの一人です。

番組では、村上隆と共によくしゃべる男だなという印象でした。杉本博司、リ・ウファンのある種の寡黙さと対照的でした。

京都造形芸術大学の副学長(2012-2016)も勤めていたそうですから饒舌は必要なのでしょう。


フォト

さや堂ホール 「Floating Time」
フリースペースの展示です。




フォト

フォト


入場口にサイコロが置いてあり、出た数字のパンフレットを取ります。中に、「展示作品を探しましょう」のクエスチョン。

フォト


答は、展示室の窓に作った作品です。



フォト

Counter Skin on Face

フォト

Counter Voice in Cainese Ink

男は宮島達男本人。竹林の中で、男が1から9までの数字を叫び、0の時に墨を溶かした水に顔を沈めるビデオアート。

これは笑える。



フォト

フォト

LEDの作品




最後の展示は大型のインスタレーション。
真っ暗な室内に、天から落ちたように、地上の星が煌めく。

星は点滅する青色LEDの数字。

実用化されたばかりの青色LEDのためか、点滅のたびに微かな電子音が聞こえる。

天空のしじまを震わせているようだ。

フォト

「地の天」1996年 千葉市美術館蔵

『地と天が1つになった「宇宙」がイメージされた円形の中に、197個の青色の光が、まるで星座のように輝いている。生と死の不可分な繋がり。』

急逝した恩師・榎倉康二への追悼が込められている。



なかなか面白い展覧会でした。

6 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月28日 23:37
    千葉市美術館、面白い企画が続いてますね。
    来年開催される田中一村、気になります♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月28日 23:48
    > mixiユーザー 
    田中一村は奄美に移住する前に千葉に住んでいて、千葉の風景を描いています。何気ない風景画ですが画力がよく分かります。「アダンの海辺」は常設です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 00:00
    > mixiユーザー 
    [アダンの海辺]は千葉市美のコレクションやったんですね。
    2年前に佐川美術館で観ました。魅力的な作品ですよね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 00:03
    > mixiユーザー 
    そうなんです。寄託だったと思います。いいよね(^^)v
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 06:56
    千葉市立命は年に一度意欲的な現代をやりますよね。浮世絵半端ないので、年に何回かは行きますかが、講演会がなくなり、千葉在住友達が「コロナ自粛」なので少し敷居が高くなってるので、ご紹介で堪能スマイル
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 15:36
    > mixiユーザー 
    森美術館の「STARS」のほうがいいと思います(^-^)/

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する