mixiユーザー(id:61678213)

2020年07月15日15:10

46 view

美人画の誕生 その五

勝川春章(1726〜1793年)の名前は記憶に残っていない。勝川派は聞いたことがある。

北斎も春章の門人であり、勝川春朗と名乗っていたらしい。


フォト

美人鑑賞図 出光美術館

この絵は、観たことがあります。かなり上等な絵の具を使った派手な画だなと思いました。
しかし、美人群像だとやはり歌麿の「深川の雪」かなと。
大和郡山藩主 柳沢信鴻の注文で描がかれた作品で背景は六義園。




先日、新聞で春章の「婦女風俗十二ヶ月図」の七夕を知り、その斬新な構図、雅さと粋が同居する色彩にハッとしました。


フォト

婦女風俗十二ヶ月図 七夕 MOA美術館

短冊を付けた七夕飾りに、吊るされた片輪車の幕が画面を切りシャープな印象。三人の婦人と盥(たらい)が作る螺旋と対照をなしています。
着物、幕、盥、飾りが織り成す赤と黒の色彩の妙。


七夕の夜、盥を外に持ち出し水を張った。水面に映る星を愛でるという趣向。

裁縫の上達を願い星明かりで、五色の糸を針に通すという宮中から伝わる行事を描いている。


肉筆浮世絵の傑作と言われています。本物が見たい作品です。


フォト

婦女風俗十二ヶ月 蛍火 五月



ネットで調べると他の作品も。

フォト

雪月花図 MOA美術館


フォト

桜花花魁図 太田記念美術館




菊池契月の「少女」もそうですが、まだまだ未見の傑作が多数あるということは幸せなことですね。


8 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月16日 19:25
    春草は、美人画もええんですが、團十郎を描いた歌舞伎絵も結構好きです。三升紋が肩にある骸骨とかユニークで楽しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月16日 21:21
    > mixiユーザー 
    さすが北斎の師。いろんな絵が描けるんだね(^^)v
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月17日 10:31
    > mixiユーザー 
    そうですね。がまんの時期です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 08:02
    風俗画、12ヵ月はその文化歴史も読み取れ面白いです。星明かりで糸を通し裁縫の上達は私には初知見です。宮中行事としては若干違和感あり、興味があります。出典是非、教えて下さいスマイル

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する