mixiユーザー(id:6147100)

2020年05月24日18:04

47 view

この一か月

 去る4月21日、仕事中に事故をした。駐車中の車にバックでぶつけてしまった。4月10日に別の人が事故をした。事故ゼロ期間といって、この会社でこの期間に事故をしたら犯罪者だ。この人もバック事故で、この会社では一番ダメな事故として扱われている。事故ゼロ期間中に事故をすると再チャレンジをする。絶対再チャレンジは達成しなくてはいけない。再チャレンジ中に事故をした話は聞いた事はなく、ましてやたて続けのバック事故なんて想像もつかない。だが俺はやってしまった。現場検証をしている間、大概悪い出来事は夢で、目が覚めてホッとするパターンで、今回も実は夢じゃないのか?早く覚めてくれと、今までの人生で初めて必死で思ったかもしれない。タイミングと内容が奇跡のコラボレーションで最強の会心の一撃を生んだ。自分が悪く自業自得なのだが、大変なショックを受けた理由は他にもある。ぶつけた車だ。恐ろしい持ち主の恐ろしい車だ。持ち主は裏社会と関りがあると思われている超変人だ。そしてぶつけた車はロールスロイスファントムだ。唯一の救いは中古車だが、新車では5000万位するらしい。不謹慎だが、俺の人生はぼちぼち波乱に満ちているが、動いていないロールスロイスにピンポイントでぶつける俺は何か凄いと思った。傷はバンパーに5僉5僂梁腓さで2儖民ました傷だが105万円かかったそうだ。会社が保険で処理して、自分はペナルチィーで数万円払うだけで済むらしい。今回の事故は色々細かい状況等もあるが、結局は自分の見落としだった。この一か月は降車処分で、明日の給料も手取りで20万円は余裕でないだろう。コロナの給付金がうまい事は入ってくる予定で、貯蓄を崩さず何とかやり過せると思うのも救いだ。今日最終添乗を終え再乗務の許可を頂いて、今度の出勤日から乗務出来る。身体的には辛くなかったが心的には今までの人生で一番辛かった。沢山の人を巻き込み迷惑をかけた巨大な罪悪感を常に感じ、悲しくなる雑務の日々でどうにかなりそうだった。数百人に一人は鬱になり、数百万人に一人は自殺するんではなかろうかと思ったりもした。何はともあれ今後は十分注意を払い、この一か月の日々の記憶を薄れさせず、仕事に取り組んでいきたい。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月24日 23:28
    最近音沙汰無いと思ってたらそんな事があったのか。確か志村けんもその車じゃなかった?
    しかし職業柄仕方ないかもしれないが、期間中とは言え軽い事故でも想像以上に厳しいな。
    人身事故ではなかった事を不幸中の幸いとして前向きに頑張っていくしかなさそうだな。
    早く完全復活する事を祈っているぜ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する