mixiユーザー(id:6112183)

2011年05月04日00:12

4 view

【一言】 執念深い癖に、都合の悪い事はすぐ忘れる

四半世紀にわたり、毎年その日になると一面を飾る記事って、広島・長崎の原爆投下の日と終戦の日、それとこの記事くらいだろうか?
言論に対するテロは論外だが、報道機関自体が加害者となった事例は、見え透いた言い訳と、これっぽっちの心もこもっていない反省の言葉だけ。
人の噂ほどにすら長く語られないのは何故だろう?

捏造、歪曲、隠蔽。モラルのない取材に、陰口を叩く舞台裏。
報道関係者の関わった暴力、傷害、猥褻事件のなんと多い事か。
利益に繋がると見りゃ、あっさりと志を曲げて媚を売る。
この24年間、報道機関が積み重ねてきた罪の方が、よっぽど重いようにも思うのだが。
いつまでも被害者面・正義面してんじゃねーよ!と、毎年この日が来る度に思うのである。

■朝日新聞支局襲撃から24年、記者の冥福祈る
(読売新聞 - 05月03日 20:20)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1590641&media_id=20
2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年05月04日 05:00
    ニュースから失礼します。
    私も同じように感じますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する