mixiユーザー(id:6112183)

2011年04月19日08:51

57 view

【TeaTime】 ポワン・プール・ポワン(4/24追記)

とりあえず写真だけですが。

-----
【4/24追記】
普段、メモ代わりに写真を撮る事も多く、それでいて撮ったことを忘れて放置しているネタもあり。
写真整理をしている際、見つけたのがそんなメモ撮り。
会社の後輩が買ってきたグルメ本から、目ぼしい店を抜粋した画像。

それが、この日行ってきた「ポワン・プール・ポワン」でした。

京都府庁のそば、丸太町から新町通りを北へ上がって1ブロック先のお店。
レトロという感じではないですが、昔馴染みな雰囲気のお店です。
店内はマカロンや焼き菓子等のテイクアウト商品が多く並べられ、イートインスペースはそれほど広くありません。
(2人掛け*4に、3人掛け円テーブル*2程度だったと思います。間隔もかなり狭いので、グループ来店には不向きかと)

平日昼間・天気悪めとあって、イートインのお客さんは無く。
(持ち帰りのお客さんは、途切れることなく来ておりましたが)

先の本に掲載されていた、苺のショートケーキを頼もうと思っていたのですが、追加料金でジェラートとフルーツソースの付いたデザートプレートに出来るという事でしたので、そちらでオーダーしました。
内容は苺のショートケーキ、ジェラートにラムレーズン、ソースはケーキに合わせて苺のものを。

今回iPhone4しか持っていなかった為、写真がイマイチですみません。
(予備でCybershot U50で撮ったものの方が綺麗に撮れていたので差し替えました)

ショートケーキは、上のスポンジがブッセを思わせるふわふわタイプ、下層は割と強めの、それでいて上品な甘さのしっかりしたスポンジが使われています。(ヘーゼルナッツとブラリネが使われているそう)
そして間に生クリームとカスタード、おそらく少し洋酒に浸した苺。
どれも上品で、完成度の高いケーキでした。
自家製のジェラートも、素材の良さが感じられます。ラム酒の香りが効いていて、贅沢な風味。
あと、飾り付けの苺ソースも自家製らしい、苺の美味しさを引き出した代物。
ケーキのスポンジ部分で拭って、きっちり頂きました。

日常的に近くまで来るので、またリピートする事になりそうです。
…仕事中なのは、まあ大目にみてください(^^;)

 ポワン・プール・ポワン
  →http://www.ppp-kyoto.com/index.html

以下、GoogleMap


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する