mixiユーザー(id:6088526)

2017年06月07日11:13

339 view

おバカ反日ども。これを読んでおけ

■首相、中国の一帯一路を評価 「日本も協力したい」
(朝日新聞デジタル - 06月06日 20:19)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4608213

おバカ過ぎる反日どものために、解説してやろう。
中国の朝鮮人取扱マニュアルには
「無理難題を常に押しつけ、実現できないことをなじり続けろ」
という条文がある。
つまり思慮が浅く、短絡的で軽佻浮薄の鮮人どもをコントロールするには
増長させずに、常にプレッシャーを与え続け
萎縮させることで管理しやすい状況下に置くという戦術で
この性質の悪い民族を属国として、長年従えてきた中国らしいノウハウと言える。
           ◇
これまで、対中関係で強固な敵対姿勢を見せてきたアメリカが
その外交姿勢を反転させたのは、いち早くこれを逆手に利用した結果だ。
中共の野望は、米中のG2体制から中国一強のG1へと台頭することにあり
そのために周辺国へ侵攻し、海洋への侵出も図ろうとしている。
尖閣への侵略表明は、その一環でしかなく
当面の本来の目標は、ハワイ諸島への侵出にある。
それを危険視する安倍政権と米政府は
軍事的な中国包囲網であるダイヤモンド構想に合意していたが
日米印合同演習に、豪州が自ら参加を志向したのも、この危機感が背景にある。
残念ながら、肝心のインドが中国に遠慮し、日寄ってしまったのは痛恨事だが。
           ◇
しかしその野望のために、中共は国際社会での孤立が深まった。
その一方で、半島北部は国境緩衝地帯として確保しておきたいが
中共と同様に独裁政権としての国際的容認、核保有の容認
特に覇権国アメリカの承認を得たい北鮮が
保護国である中国との関係よりも、その目的を優先した結果
挑発という子供じみた外交戦術へ独走しているため
中共にとっては、獅子身中の虫のような弱点を抱える形となっている。
その弱点に付け込んだのが、トランプ政権ではないか。
初期の敵対姿勢から一転して
米中関係は良好であるかのように発言するトランプ外交の狙いは
中共の野心を容認する素振りを見せ、おだてるように見せかける一方で
実は、北鮮の管理抑制を強要するプレッシャーを与え続け
中共の増長を抑え込むことにある。
実際に
「もしもお前がコントロールできないようなら、アメリカは実力行使も辞さない。
 そうなれば、お前は四方を敵国に囲まれる地勢となるが、それでもいいのか」
と、脅迫もしている。
安倍政権は、その狙いと戦略を理解していればこそ
同様のプレッシャー戦術をとったと考えるのが妥当だ。
つまり日米ともに
「無理難題を常に押しつけ、実現できないことをなじり続けろ」
という中国の朝鮮人取扱マニュアルを逆手に取り
中国にそれを用いる外交戦術という形である。
ちなみに、こうした戦略体系にあっては
親中派としてウロチョロする二階なんぞは
対中工作に利用するために、泳がされているだけの手駒でしかあるまい(笑
7 15

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 11:30
    国際情勢判断として0点。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 11:31
    具体的に言え、アホ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 14:15
    ハザールの説明がない。もっともらしく見えるがアメリカは一枚岩じゃないし中国も一枚岩じゃない。だから、もう少し簡単に説明できるはずだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 14:20
    イルミナティのロックフェラー側が退潮傾向にあり、アメリカはこれを排除した軍事政権ができた。そもそもハザールマフィアは国益はどうでもよく国同士が戦争して金儲けができればいいから、ハザールは安倍を使って日中対立を装った。

    しかしハザールが終わったので安倍は梯子を外され、今までの政策の転換を図った。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 14:40
    一枚岩でないのは、確かにどちらの陣営も同じ。
    中国は、北鮮を通じて日米韓の三国体制分断のため、離間の計を謀ってきた。
    韓国の徹底した反日は、その成功例の一部だが
    米国に軍事統帥権があり、同盟国である以上は
    韓国としても、反米親中路線に傾斜することは出来ない。
    しかしながら、ダイヤモンド構想に韓国が含まれていないのは
    アメリカにとっては、対中・対北の防波堤として
    三国体制を温存してはおきたいものの
    韓国を本気で軍事的対抗勢力の同朋として
    当てにはしていないことを意味するだろう。
    一方、特亜陣営では、中国はTHAAD配備を巡って
    韓国と反目する一方で、北鮮からは軽視されている。
    その結果、北鮮の執拗なアメリカへの挑発により
    逆に米軍出動の口実を与えてしまった。
    これによって離間の計は、この陣営にもブーメランとなって
    反映する形となっている。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 14:59
    アメリカの戦争経済の背後には
    戦費としての資金市場を狙うイギリス(ロスチャイルド)と
    エネルギー需要や軍備需要を狙うイスラエルがあり
    それを米政府に仲介してきたのが、ロビーストの全米ユダヤ人協会とされる。
    特にこのロビー団体は、共和党政権との親和性が強いことから
    民主党オバマ政権では影響力が弱まっていたものの
    共和党トランプ政権への移行で、再び影響力が復活してくると見られている。
    こうした戦争経済の背景には、そうした第三者が背後で画策していることはよく聞かれ
    例えばインド、パキスタンの対立も、実はイギリスの工作で
    両国の仲裁役を演じる一方で、対立を煽る工作をしているとされる。
    それに対し、中国による抗日対立の激化は、オバマ時代に鮮明化した米国の弱体化に
    中国政府がチャンス到来と判断して、無謀な野心の実現に腰を上げた結果との分析もある。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 16:45
    【追記】

    以前に読んだアメリカの対中戦略に関する解説記事によると
    アメリカが最も避けたいのは、米中による代理戦争の様相となった
    かつての朝鮮戦争の再開であるという。
    北側の南進に対する国連の制裁措置として
    米軍が中心となった連合軍が参戦したが
    半島北部を温存したい中国の参戦により、戦火は予想以上に拡大した。
    この結果、想定以上の犠牲が生じた悪夢が米政府のトラウマとなっている。
    このため、そうした事態を避けるには、中国を敵に回すのではなく
    むしろ味方につけておき、万一、軍事作戦を挙行する事態となっても
    中国がそれを黙認する体制を作る必要があるためとの分析だ。
    しかし、本来は戦費を費やし、わざわざリスクを負って北鮮を叩くよりも
    中国に圧力をかけて動かしておく方が、米政府にとっては一挙両得である。
                  ◇
    ちなみにアジア安全保障会議で、豪州はじめ各国から
    アメリカのアジア情勢への不関与を懸念する声も上がったが
    それは米軍の唐突なシリア空爆で
    「やはりアメリカは中東情勢にしか関心がないのでは」
    との疑念を持たれたためだ。
    だが、米政府の真意は、発足して以来
    過去最低の支持率で低迷し続けるトランプ政権の浮上と
    北鮮への見せしめと二つの効果を狙ったものであると分析されている。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 22:30
    共和党も民主党もロスチャイルドもロックフェラーは同じだけ政治資金を支払っている。政党が変わっただけで政策が変わっては困るからである。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 22:33
    ただ、軍事政権トランプ政権はNWOを推進していない。戦争で死ぬのは現場の兵士だから金融資本と明確に立場が違う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 01:32
    ロックフェラーがアメリカのキングメーカーとは、聞き飽きた話だ。
    トランプは、その傀儡でしかないというNWO関連の話も聞き飽きた話だ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 01:57
    おぃ、せっかくなら
    「G・ブッシュは、地球支配をもくろむレプティリアンだった」
    とかなんとか言ってみろやwww
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 12:38
    実は失われた10支族の中でも最優秀な日本人の覚醒によりアヌンナキとの交信を復活させ世界征服する話でしょ?  (違w
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月08日 13:51
    まぁでも、別の記事で超常現象について朝日記者が語るように
    確たる根拠もなしに、無条件に否定ばかりするのも科学的とは言えないでしょう。
    実は近年の物理学では、11次元まで論証されているとのことですから
    我々が生きる3次元だけが、全てと考えるのは正しくないのかも知れませんね。
    もっと言えば、個人的には陰謀論も地底人説も、否定する気にはならないのです。
    私自身が一度だけですが、心霊を目撃した経験があるので
    四次元を全否定すること自体が不合理なのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月09日 18:55
    幻覚か妄想かも知れませんが 「自分も見える人」 だったんで否定はしませんぜw

    真面目に難しい単語を用い能書きを垂れる人は偶に居ますが、自分はバカ話で流します^^

    上記の方が絡んで来ないので手応えは有りませんが、再登場の暁には楽しく舞って頂きたい所ですwww
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月09日 19:47
    ユダヤ陰謀論というのも、よくできていて面白い話です。
    その究極の頂点に君臨するのが、イタリアマフィアのデルバンコファミリーとか。
    バンコは銀行であるバンクの語源で、金融支配の構想は銀行家だったメディチ家が台頭した
    ルネッサンス期からあるそうですね。
    チャットでイタリア人と会話したとき「イタリアといえば、デルバンコファミリーですね」
    と言ったら「日本人がなぜその名を知っているのですか!これは驚きだ!」と
    たいそう驚き、嬉しそうに興奮していました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する