mixiユーザー(id:6088526)

2015年07月08日11:35

256 view

寝言は寝て言え

小林よしのり氏 議員がネトウヨレベル劣化の原因に小選挙区
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=125&from=diary&id=3505204

ならば、言わせてもらおう。
日本の戦後はWGIPという歪んだ民族破壊工作でスタートし、それが70年も続けられてきた。
しかし、それは大間違いのとんでもない愚策であったことは
それを企んだ張本人のマッカーサー自身が、早々と自供しているではないか。
日本国民は、潔さと誠実を重視する武士道の精神的伝統から、常に公平公正を尊重し
リアリズムと真実を重んじる民族であるため
転じて、デマ法螺歪曲捏造などの誤魔化しをとことん嫌う民族性である。
この民族的精神性における重大なポイントを、おバカなキリシタン民族と
信仰なき即物主義の特亜どもは、見抜けなかったどころか
その生真面目さに付け込んで悪ノリし、増長し過ぎたことが
今日の日本人の国民感情の変化の原因となっていることくらい、いまだに理解できんか??
そこには、ウヨだのサヨだのと底の浅いバカまるだしの「経済思想」などは微塵もない。
あるのは、インターナショナリズムという植民思想のために
「ナショナリズム」を奪われてきた民族の、長年の欺瞞に対する激怒だけだ。
インターナショナリズムとは、確固たる個々のナショナリズムの上に成り立つものであり
それが国際社会の成り立ちである。
この当たり前の基本原則を、一見もっともらしい胡散臭いイデオロギーで誤魔化し
70年も騙し続けてきたのであるから、その詐欺がバレた以上は
とことん報復されるのは当然で
まさに「自業自得」による「因果応報」の「信賞必罰」という他はあるまい。
したがって、調子に乗って、これまで騙してきた詐欺師どもは
そろそろその自覚と覚悟くらいは決めた方が良い。
日本国民の精神は、騙され続けたかつてののどかな時代に、いまさら逆戻りすることは
金輪際、あり得ない。
むしろ、今後は手厳しい報復措置だけが待っているだろう。
そして、かつての欧米による「植民地侵略」と「奴隷制による人種差別」が
今や国際的タブーとなっているように
今後は「反日」という思想・言論・行動もタブーとなるだろう。


12 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する