mixiユーザー(id:6088526)

2015年01月14日12:27

27 view

談話改訂は欧米次第-古賀に何ができる

■「歴史問題、70年談話で決着を」 自民・古賀元幹事長
(朝日新聞デジタル - 01月14日 00:39)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3224256

ソ連の野望と、その手先となった中国の陰謀に乗せられ
騙されたアメリカの反日政策とハルノートが開戦の切っ掛けで
日本は終戦時には民間人への大空襲に原爆、終戦後のソ連による侵略など
大量殺戮の犠牲を被ったが、それを代償に多くの植民地と奴隷を解放し
国際連盟で主張した人種差別の撤廃を実現したのは紛れもない事実だ。
このため、植民地を失った欧米や
その解放闘争のための戦地となった中国からは恨まれても
解放された東南アジアひいてはアフリカ、南米諸国
そして日朝併合を望んだ朝鮮に対する日本の庇護によって
大国からの支配を免れた朝鮮から恨まれる筋合いはない。
談話の改訂を難しくしている最大の原因は
戦勝国のつもりになって君臨している欧米が
植民地主義の歴史的過ちと責任を認めないところにある。
アヘン支配されていた中国や、終戦時に日本国を裏切って戦勝国を僭称した朝鮮は
虎の威を借りているだけである。
外野の古賀がガタガタ言うくらいなら、元幹事長として欧米の戦争責任を説いて
まずは戦勝国クラブを納得させてこい。


3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する