mixiユーザー(id:6088356)

2019年08月17日23:55

253 view

NGT48山口真帆さん暴行事件

2019年03月14日のツイート

AKB48総選挙も開催見送りですか。一番のドル箱興行をやらない(やれない)というのはダメージでかいな。発端はNGT48山口真帆さんに暴行犯による暴行事件、その運営の対応のまずさから、被害者の山口さんによる告発、そしてなんと被害者が謝罪させられ、そこからグループの闇が暴かれていってしまった。

何が怖いって「被害者を取り巻く環境がグル」という、映画か何かみたいなことが現実にそこにあったってことだよなー。しかもそれがAKB48グループという国民的アイドルグループとまで言われた組織の話っていう。本当、戦慄が走るよ。

要するにイジメの構造があったんだよな。大人のイジメ。子供のイジメでも自殺が出るくらいなのに、大人のイジメはもっと恐ろしい。学校、クラスの中という小規模じゃない、全国規模のような運営会社だけでなく、もっと社会(いや、闇社会か)そのものがグルになって被害者をイジメにかかっていた。


芸能界というのは恐ろしい。女性であれば枕をやらされたりするのは日常だろう(まあ、そんな世界やめちゃえばいいとは思うけど)。しかしアイドルは清純であれという大義名分というのがあって、そういう芸能界の闇のイメージとは正反対なのだ。

山口さんは正直にもそういうアイドルとは清純であるというイメージを、いやあるいは人権そのものか、そういう人間の尊厳をまっすぐに守るために頑張った。しかしその世界においては、逆に正しいものというのは都合が悪く、結局その世界からイジメられることになるのだな。

しかも、山口さんが守りたいのは自分だけでなく、グループのメンバーたちもだ。もうね、私が抱いた山口さんのイメージはモロ「民衆を導く自由の女神」だよ。そこまで頑張っちゃう? まっすぐすぎるし、強すぎる。いつも泣いてるみたいだけど、その涙とは裏腹に、やってることが勇猛果敢すぎるわ。


だから山口さんは、結果的に暴行犯によって暴行を受けることになった。怖い。怖すぎる。これが芸能界だよ。まっすぐにいようとすると、そうなっちゃう。なのに、だよ。山口さんがすごいのは、それでも負けない、負けなかったことだよ。同じような目にあった子たちはどんどん辞めてっちゃったのに。

山口さんの目的は「グループを守りたい、メンバーを守りたい」だよ。分かりやすい。事件が明るみになるとグループが危うくなる、支配人からそう言われたのだろう、被害を取り下げるような形になった。要するに、運営は山口さんに対しグループとメンバーを人質に取ってるようなものだ。そういう構図。

だから運営は「グループを正しくする」という約束なんて平気で反故にできる。グループそのものは運営のものなんだから。運営がグループを掌握してるのだから。悲しいかな、山口さんのものじゃない。だから山口さんのグループを守りたいという目的じたいに無理があるといえば無理があるんだよね。


…かに見えたと思われたそのとき! 山口さんは、そんな情勢に負けずに、思い切って、すべてを明るみにしよう!としたんだね。これは有効だわ。闇の世界に生きる者は明るいところには出てこれないから。山口さんは力を持ってる。頭がよくて表現力がある。これが優れた芸能人なら持っている武器だ。

今なんてそれこそインターネットがあって、能力があれば個人でなんでも表現して発信できるのだ。表の世界に対して。だから山口さんは個人で本当のことを発信することができた。これって、なんでも明るみにできてしまう今の世の中に、古い闇の世界がちょっと対応できなくなってきてるということかもね。

例えば、スポンサー企業というのは、クリーンなイメージが大切ですよね。芸能界、闇の世界じゃやりたい放題って言っても、調子に乗って犯罪まがいのやってることが表沙汰になっちゃったら、表の世界のクリーンなイメージにお金出してくれるスポンサーは、撤退しますわね。


AKB48グループというのは、そのファンは汚い男がほとんどだけど、世間的なイメージとしては、恋愛禁止の清純な国民的アイドルグループですよね。だから大きな顔してやってられる。でも運営含めてメンバーの周囲の環境がグルになってメンバーを暴行してたのが明るみになったら、絶望的ですよ。

その結果が、総選挙が開催できなくなったってことなんじゃないんですか! 山口さんは、運営はメンバーを守ってくれない、って言ってましたよね。メンバーを暴行して、被害者なのに謝らせて、支配人は事件発覚以来、一切表に出ることなく、飛ばされ、首になってどこかに消えた。


もちろん芸能の世界というのは、きれいごとだけではやれないですよ。いろいろ悪いこともしてきただろうし、今もやってるだろうし。でもそれはやりたい放題ではないのですよ。表沙汰になってしまったら一発アウト。NGT48…AKB48グループの裏で、彼らはあまりにもやりたい放題にやってしまった。

それと、人をナメすぎた。女の子をナメすぎた。人一人が持っている力というのは侮れないものなのだ。どんなに巨大な組織であろうと、そこに明らかな弱点があるのなら、突かれれば砂の城のように崩れてしまう。その弱点とは、身から出た錆。組織が成り立っていたのは幻で、最初から無理があったのかも…

成り立ちに無理があるのなら、自然な流れとして、やはり滅びるしかないのかな。芸能界そのものは、人間がいる限りあり続けるだろうし、アイドルという分野も需要があるのだからなくならないだろう。AKB48グループという一個の企業形態のようなものが、存続できない局面にきていると思われる。


NGT48山口真帆さん暴行事件というのは、まさにそういった歴史的な発端となる事件である気がする。ずっと組織に蔓延していた悪い流れが、このタイミングでNGT48に集中し、山口さんに対する暴行被害として顕現したのだ。そして時代に選ばれし者のごとく、山口さんは負けることなく立ち上がったのだ。

山口さんのことは、芸能人であれば、特に若い女の子の芸能人なら、注目してると思うよ。おおむね応援してると思う。それと逆に、闇に屈した子とかは、屈しなかった山口さんを羨んで憎んでるかのどっちか。ていうか、NGT48の中でメンバーがこういう分かれ方してるのも面白い…

ただ応援したい子がいたとしても表立って応援できないだろうけど。言っても芸能界の側の住人である限り、芸能界の闇の力には逆らえない。ツイッターなんかで遠まわしにボカして言及するしかない。そこを山口さん自身は、芸能界に収まらずもっと大掛かりに、表に出て表の力を引き入れた形ですね。


しかし山口さんは本当に強い。辞めるとか、自殺するとかじゃない。自分のためだけでなく、メンバーのために戦おうとした。その結果、本当に表沙汰になってしまった。もう悪い連中も、隠れて山口さんを暴行したりとか手を出せなくなってしまった。

そう、総選挙なんてやってる場合じゃないんだよ、今はマジで。山口さんの言うとおり「グループを正しくする」チャンスだと思うよ。いつやるの、今でしょ。消えた前支配人が果たせなかった約束、今やらなければ、グループ全体が滅びるのみ。それは誰のためにやるのか。誰でもない、運営者自身のために。

相変わらず運営は白々しい嘘を並べていくその姿勢を崩そうとしない。暴行被害にあった山口さんを守ることなどより、匿うもの隠したいものがある運営。まあ知らないけどね。AKB48グループがどうなろうと私は何も困らないので。なるようになるでしょう。ただ、山口さんは応援します。私からは以上です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する