mixiユーザー(id:60882381)

2017年01月23日12:59

78 view

個人的には「沈んでいた汚染物質が浄化システムの稼働により舞い上がってそれを検出した」が真実なんだと思う。

豊洲 地下水再調査31日にも
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4396801

これはホントに前政権の方針をきちんと踏襲して穏便に滞りなく豊洲移転を目指していたなら起こらなかった事案。つまり穏便な新都知事が誕生してたならこの事業に関わった都職員、業者らと密に連携しおおっぴらになることなくスムーズに移転を目指したであろう。ところが小池新都知事はこれを多いに政争利用する気満々なために事が大きくなってしまっている。普通に考えて6000億もの金を投入して国内事業者に発注して出来上がったものが使い物にならない代物が、ハイ、出来ましたって…(笑)しかしセンセーショナルな報道が先行してしまいもはや衆愚の「反豊洲」が取り返しのつかないレベルにまで達してしまっている。だからこそ新都知事は細心の注意を払ってこの事業に取りかかるべきであったのだが…6000億という巨額をつぎ込んだ一大事業は政治的野心満々の一都知事の手柄のために最大限利用されてしまっているのが現状。都民ファーストって何だ?
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する