mixiユーザー(id:608019)

日記一覧

●バック・アロウ・9話。アロウ達の困難とは別レイヤでの国家間ゴタゴタが発生し、それにフィーネ姫の二重人格が話に乗っかってくるという感じ。割とごちゃっとした道具立てでテンポも速いんだけど、実に見やすく構成してあって結構感心している。こっからど

続きを読む

メシ話・おからを使う
2021年03月06日13:30

●おから売ってたので買ってくる。こう見えて私もちゃんと体に気を使った食生活を目指しているという、これがその証左である。ごめんちょっと嘘ついた。おから食材にしたら少々無茶なメニュー作っても健康志向的にそれほど後ろ暗くないんじゃないかと思って買

続きを読む

●裏世界ピクニック・9話。再登場のアカリさんであり、何をするかっつーと友垣のなっつんが怪異に巻き込まれたのでソラヲさんたちの助けを借りつつベアナックルでぶん殴る。いかにもこの世のリクツが通用し無さそうな怪異婆さんを、形がなくなるまでステゴロ

続きを読む

●バック・アロウ・8話。諸々あってリュート国エピソード。いやもうホント、意外性とドンデンで話を面白くしてやろうというサーヴィス精神はヒシヒシと感じられる詰込み具合で面白い。愛だの何だの言うておいて相手のことはあんまり心にかけない姫さまという

続きを読む

●裏世界ピクニック・8話。ネコの…ニンジャ! (withアフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン)という話。ゲストキャラのアカリさん、やたらめったら図太くて、奇怪で異常な状況下でも腕一本で切り抜けて「カラテやってるんで!」という…てっきりこの人が

続きを読む

メシ話・コーラ煮豚
2021年02月21日16:26

●メモ的に夕飯。本日は豚バラブロックを軽く焼き付けてコーラとネギで75度・1hで煮て、醤油とショウガと五香粉加えて1h煮る。付け合わせに人参玉葱ブロッコリを炒めて酒蒸しにしたの(コンソメ味)。パサつかず歯ごたえそこそこありで満足度高し、五香粉は最

続きを読む

●バック・アロウ・7話。壁際にて壁の破壊を試みるも成功せず、ってとこでエッジャ(アロウ)を挟んで二大強国の鍔迫り合いが発生する。この状況を表面的なレベルで受け流してるシュウさんは、はてどこまで見通してることやら。リュート国側の姫と称されるフ

続きを読む

●前日かなり遅くに帰ってきて適当に買った総菜で呑み、寝て起きる。朝昼飯喰おうとしたら食材切らしてたのでウチから数分のコンビニに出て、百円クラスの冷凍チャーハンとミックスベジタブル買ってくる。俺ミックスベジタブル好きなんだよね…。嫌いな人が結

続きを読む

●バック・アロウ・6話。美少年牧場というバカみたいな主題でかなり重くて露悪的なギミック、その上でエエ感じにこれにて一件落着させる寓話性。前にも言うたがこのバランスは谷口的でもあるし中島っぽくもある。いっちいち美少年々々言うのが可笑しいてしゃ

続きを読む

●「手抜きレシピ」で面白そうなのがあったのでやってみる。鶏もも肉にフォークでばすばす穴開けて、皿にポン酢醤油大匙4・焼き肉のたれ大匙1で混ぜた上に皮目上にしてラップやわらかくかぶせてレンジで3分、ひっくり返して2分、あとは余熱で熱を通して出来上

続きを読む

●バック・アロウ・5話。シュウさんが寝返ったとなれば真っ先にやってくるであろうカイ将軍。あまりにも強いが直情的すぎる彼を奇策でかわして生き延びるシュウさんである。シュウさんがもうマジで変化球と策謀に寄って立つキャラなので、どこまで主人公側に

続きを読む

●松屋のマッサマンカレー喰う。旨いという評価を得たということは知っていたが喰ったことはなく、最初のものが松屋ってのはどうかとは思うがまあ、今の私に選択の余裕はそれほどないので気にしない。んでまあ、これは確かに旨かった。個人的にココナッツ風味

続きを読む

●裏世界ピクニック・5話。初の前後編、事故的に裏世界に来たら在日米軍と鉢合わせたという話。これが映画とかならこっから怪異以上に人間のゲンナリするドラマが盛り込まれるだろうなというシチュですよな。1か月も現世と隔絶されてちゃそら人心も荒むよね。

続きを読む

雑文・風呂を快適に
2021年02月01日15:32

●このワンルームに暮らして2年以上、こないだやっと「ユニットバスで湯船に浸かろうとしたらえらい窮屈になるのはバスタブ横の吐水口があるからではないか」ということに気づいた。いやここに吐水口があってそこそこの低水位で湯が流れ去ってしまうってのは

続きを読む

●バック・アロウ・4話。将軍二人の出自とその現在。主に杉田のシュウさん、この人のとても捉えどころのない行動を軸に物語を進める。バッキャロウさんのあり得ない力、信念を分割して分身するという彼の可能性を見て、こっちに寝返ってくるという…この寝返

続きを読む

●カレーメシたまに喰う。以前のレンジ使用からカップ麺準拠の湯を注ぐ方式に変わったのは企業努力であり手間の軽減であろうが、例えば水の代わりにトマトジュース使うなどの工夫(≒メーカ保障はありません)をする分には以前のレンジ方式の方が手軽だった。

続きを読む

●裏世界ピクニック・3話。メインギミックは「時空のおっさん」という…知らんなこれ。MIBみたいな存在なのかな。呼称がすげえ場当たり的というか、ある若い世代の限定的なノリそのまんまで取り繕ってない感じが如実なのでそういう狭いリアリティはある。本編

続きを読む

メシ話・冬は鍋
2021年01月24日15:44

●もつ鍋するに適当に野菜入れてたのだけど、本場ではゴボウ入れると聞いて「洗いゴボウ」っての買ってきた。ゴボウの皮をどの程度むくのかってのも検索したらいろいろあって、むきすぎると味わいがなくなるとか書いてあって、まあいいや適当とする。んで普段

続きを読む

●バック・アロウ・3話。なんだかんだあって、お仲間達は一つの大きな船…ホワイトベースというかソロシップというかアイアンギアーというかゼラーナというか、そんなんを手に入れる。バックアロウさんの目的は壁の外に出ることだが、それ以外の村人たちにと

続きを読む

●楽曲のオマージュってのはいろいろあって、エヴァのdecisive battleがロシアより愛をこめてだとかビッグオーがUボートやセブンやフラッシュやUFOとかから取ってきてるとか、そういうのをあとから知って楽しんでたんだけど、今回はOVAジャイアントロボのビッ

続きを読む

●裏世界ピクニック・3話。「巨頭オ」回。もともと「変なとこ来たら変な集団が居た」とまあその程度の内容しかない、その即物性が何となく怖さの要素でもある、みたいな話である。よってキーとなるのはその「巨頭」たちがどんなけ怖いかってとこですが、少々

続きを読む

雑文・安野光雅
2021年01月17日18:20

●安野光雅が亡くなったとのニュースを受ける。自身がおっさんになったことで最近は「誰々が亡くなった」という感想はできるだけ控えめにしようかな、と思った矢先のことなれど、しかし自分の精神の根幹をなす存在であったので割とショックを受けました。絵本

続きを読む

●バック・アロウ・2話。この語り口のパッパカしたテンポと(今後の展開への)呼応というか寓話性は、確かにベースの一つである中国古典逸話へのオマージュを感じるがそれは単なる気のせいかもしれない。とまれ、主人公のバックアロウさんが割と物語の制約を

続きを読む

●裏世界ピクニック・2話。八尺様登場。怪異にかどわかされそうになっている者を救おうとしたらそれ自体が罠でした、という典型的な流れがちゃんと成立しててちょっと感心する。その前まで描写でソラヲさんがトリコさんにどうも百合懸想気味なのを示した上で

続きを読む

メシ話・もつ鍋とか
2021年01月10日11:02

●近所に和食系のファミレスっぽいチェーン店があって、しゃぶしゃぶ呑み食べ放題で三千円ちょいというコースがあるのでたまに喰いにゆく。んでこないだネット上のメニュー見てたらもつ鍋とかもあると知った。それはぜひ、ってんで喰いに行ってみる。もつ二倍

続きを読む

●新番組・バック・アロウ。谷口悟朗監督で中島かずき脚本という取り合わせ。谷口監督はこういう、そこそこのバジェットで適度に通俗的で明らかにオリジナルのアニメをコンスタントに作ってくれるとてもありがたいお人であり、その上ジャンルが今ではあんまし

続きを読む

●新番組・裏世界ピクニック。お話の概要を見ると、ははあこれ路傍のピクニック(ストーカー)のオマージュなのか。法則の違う世界での冒険ってのはメイドインアビス、お嬢さん二人での奇妙な紀行としては少女終末旅行、その辺を思い出す。主人公二人が大学生

続きを読む

映画話・イコライザー2
2021年01月04日21:17

●録っといてた「イコライザー2」今見た。前作のイコライザーは一見大人しそうなデンゼルおっさんが実は手練れ中の手練れであり、ナメてかかってきたチンピラどもをばったばったとなぎ倒す…という、なんつーかその、洋の東西問わず「やっぱみんなこういうア

続きを読む

●あけましておめでとうございます。本年もよろしく。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/oyadge01/20210101/20210101123719_original.jpgいろんなシワヨセが襲い掛かってくる状況であり、なんかもうヤんなっちゃうんですけども、まあとりあえ

続きを読む

●正月出勤は確定事項で、大晦日はなんとか休みをとれるという状況下、不足人員の補充目的で入ってきた新人さんがものっそい中途半端なとこで来なくなったので、代わりに大晦日も出勤ということになって怨嗟してたら、先の日程の休日を贄として大晦日は元通り

続きを読む