ホーム > mixiユーザー(id:60165349) > mixiユーザーの日記一覧 > うんざりだが舛添これが最後

mixiユーザー(id:60165349)

2016年05月28日09:18

369 view

うんざりだが舛添これが最後

日本人の資質'には恥を重んじるものが元々備わっている
それは265年間続いた江戸時代から来るもので武家社会を収めていた侍は一番重んじたのは
恥である恥を晒さない生き方だったもし恥を晒さらしてしまったら家名を守るために
切腹をしたものだそれが侍として生きるアイデンティティー( Identity)だったのだ
それから148年経ち日本の東京で日本の恥と言うか人間の恥のようなやつが出てきた舛添要一とい恥曝しである、https://www.youtube.com/watch?v=iRjgdDMtIuE




問題のある百田尚樹に言われるようじゃ完全にOUTである


九州の母子家庭で5人兄弟(4人の姉がいて末っ子)として産まれた舛添要一、人並み以上に金には苦労してきただろうと想像出来る今から2年前これに関わるエピソードがあるこの姉の中に生活保護を受けた人が出てくるそこで九州の役所の福祉課が上京して舛添に会いお姉さんが生活保護を受けているので舛添に生活の援助をと言ってきたのであるこの時舛添はきっぱり断っているこの話を考えると地元に住んでいる姉たちの処に福祉課は行ったと想像出来る、そして三姉妹は良い返事はなかったのだろう、それで交通費をかけ上京した都知事なら何とかしてくれると考えたのだろう?地方の財政難で一人でも生活保護者を増やしたくない、三姉妹は貧しかったのか?だが末っ子の舛添要一はこころがもっと貧しかった
九州の田舎の役所の福祉課がわざわざ上京して姉のことで頼みに来たそれだけで同じ公務員として断ることは出来ない舛添はやはり人間的に問題があるのだからあれほど日本中から侮蔑、嘲笑されても辞任はしないまったく普通の神経を持っていない者なのだ舛添が今後何を言おうと奴は犯罪者である奴が言うことは戯言であるクズ・唾棄すべき男である毎日TVで舛添要一の汚過ぎる話がもう、うんざりであるお前は日本の恥である早く日本から出ていけ話は参議院時代の政治資金規正法に戻る家族旅行・食事・衣服など全て必要経費として要求している、今問題になっている公金横領は参議院時から始まっていたのだ根が深い舛添のこの恥曝しの行為は生活習慣病と書いた週刊誌があるが正にそうであるこいつは議員になったのはそれをするためになったとしか思えない。クズ・唾棄すべき男である、もう一つ付け加えよう下衆であるここまで日本中から言われたたら普通、辞任するのが恥という神経を持っている者ならする行為である
何度も言うが舛添にそのような神経はない、クズ・唾棄すべき男・下衆だかれであるだからどのような環境で育ったのか調べた。そしてやったことや言動を考えると巨悪である本人が記者会見で言った「公金を横領した者には牢屋に入るのが当然」牢屋に入ってもらおう、
舛添の父親は誰だったのか?これらのことはネット上で囁かれている舛添の不可思議な言動の意味が分かるこれは極度の人種差別に当たるので差し控えたいが、・・
もし、舛添が江戸時代に生きていたら切腹どころではない市中引き回しの上、張り付け獄門になっていたろうそれほどの犯罪者だと思う 舛添要一の言うことは200%嘘である100%ではなく、裏と表がぐるりと回り裏も表も嘘これはソシオパスとうい犯罪者の傾向・・
私は
怪物と闘う者は、その過程で自らが 怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを 見返すのだ ニーチェ

人を呪わば穴二つ という言葉を知っている者だが 舛添に関してはどうしても露骨で汚くこんな下らないことで日本がどう思われると考えたら腹に据えこれを最後に書いている。


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する