ホーム > mixiユーザー(id:60165349) > mixiユーザーの日記一覧 > M・ナイト・シャマランの行末

mixiユーザー(id:60165349)

2016年04月08日20:46

197 view

M・ナイト・シャマランの行末

『シックス・センス』などで知られるM・ナイト・シャマラン監督・脚本の新作『ヴィジット』とと言う
映画があることを知りYouTubeで探して観るそれがこれ
https://www.youtube.com/watch?v=IRNGswSDmbI



何か面白そうと思いTSUTAYAに問い合わせると4月8日レンタル開始するとのことだから楽しみに待っていたそんなこんなで『ヴィジット』について調べることにこのような意見もある
https://www.youtube.com/watch?v=QsDGyfOpkYY




始めタイトルを観た時ああもう観たと思ったのだが予告を観てみていない何と勘違いしたのか?
『ヴィレッジ』(The Village)は、2004年の作品今回は『ヴィジット』(The Visit)は、2015年の作品
あら新作だと思いおすぎの言うことはよく分かる・・・と思いながら
1999年に『シックス・センス』 (The Sixth Sense) を観た時は衝撃的でしたそれでM・ナイト・シャマランが作る新作を観続けてきましたどれも失望するものばかりでそれにめげず17年間観続けてきたわけです・・・でも裏切られ続けて17年『シックス・センス』てそんなに良い映画だったのかと思い昨日家にあった『シックス・センス』のDVDを引っ張り出し確認で観直したのでした。


小児精神科医(ブルース・ウイルス)はこれまで多くの子供を心の病から救ってきたことで市から表彰されるほどの仕事熱心な子供専門の精神科医だった10年前の少年期にカウンセリングを施したビンセント・グレイという青年が家に入ってきて「自分を救ってくれなかった」となじっり、精神科医マルコム・クロウ(ブルース・ウイルス)は銃で撃たれてしまう。その直後、ビンセントが目の前で自殺するという事件に遭遇する

映画の冒頭本編が始まる前にこのようなテロップが出る
【この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい】ブルース・ウィリスのサインが添えられ出てうるのである。この映画がいかに結末が重要かが伺われるこのような傾向の映画は他にもあるヒッチコックの『サイコ』であるヒッチコックは『サイコ』公開の時ラストシーン30分前に映画館を入場禁止にしたその企画が口コミで広がり映画は大ヒットした
『シックス・センス』は誰もが驚くラストは評判になり世界的に大ヒットする私もこのラストに矛盾はないか?と思い二回観に行き納得します昨日10数年振りに観直しM・ナイト・シャマランこのラストに向い繊細に演出していますこの『シックス・センス』はアカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、助演男優賞、助演女優賞にノミネートされます大ヒットしたのでこの『シックス・センス』を観た方は多いと思います。観た方に問たいあのラストは想像できましたか?この一本でM・ナイト・シャマランは世界の映画監督になりますそれから17年間M・ナイト・シャマランは映画を作り続けましたその間のフィルモグラフィーはM・ナイト・シャマラン苦悩の記録ですそして私はこの『ヴィジット』を観てM・ナイト・シャマランの行末を観るようでしたもし私がこの映画を映画館で観ていたら激怒していたでしょう映画館という聖域でこのような下らないものを上映したな思いで唾棄するでしょう、おすぎの言うことがよく判ります
下らないと言ってしまうと身も蓋もないですが問題作とでも言っておきましょうか?M・ナイト・シャマランはこの作品を発表して次回作を作りにくくなってると思いますが?次回作が出た時私は観るだろうか???・・・

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する