ホーム > mixiユーザー(id:60165349) > mixiユーザーの日記一覧 > 揚げ者の悲しみ 小津と成瀬

mixiユーザー(id:60165349)

2016年01月16日16:19

552 view

揚げ者の悲しみ 小津と成瀬

今、日テレで『奥底の悲しみ戦後70年引揚げ者の記憶』を観る中国、朝鮮に居た日本人は敗戦を迎えソ連兵が襲って来たと言う女性は子供も老婆もレイプされ突然家に押し入ってきて、子供、夫の前で強姦、輪姦をするそれは家の中に限らず昼中道路でも皆が観てる中行われた少しでも抵抗する男は即銃で殺されたその手記や証言がすざましい・・・http://kry.co.jp/tv/okusoko/
作詞家のなかにし礼さんは引揚げ者でその時のことを小説に書いている・・
成瀬巳喜男監督の『浮雲』には南方から引揚げて来た高峰秀子が戦後生きるために米兵の情婦になり、
なんとか生き延びる話しだったが松竹に二人の小津はいらないと解雇された成瀬巳喜男監督その小津監督は軍報道部映画班としてシンガポールに派遣され国旗がたなびくショットを撮っただけで暇で毎日毎日日本では観れない米国の名作映画を観ていたというそして帰国してプチブルジュアの家族を中心に娘が嫁に行くいかないという映画とそれも同じ内容で同じ役者を使い映画を撮り続ける戦争の悲惨さを描いたものは幅員する夫を待つ妻が生活のために売春して幅員してきた夫がそれに気づき妻を階段の上から突き落とすという小津映画で唯一のアクションがある『 風の中の牝雞』という映画があるだけである
私はこの小津という監督の作家性と保守的な生き様が気に食わなく小津映画批判論者なのだが
『奥底の悲しみ戦後70年引揚げ者の記憶』を観てつい思うことを書いてしまいました。
この引揚げ者の記憶を聴き、何がなんでも戦争をしてはいけないとこころに思うのです。
フォト左・小津安二郎 中央・映画浮雲 右・成瀬巳喜男

2 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月16日 17:52
    心打たれる名文ですよ。
    放映予定を見ると、今日の午後すでに終わっていました…
    残念無念です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月16日 18:56
    > mixiユーザー ありがとうございます『奥底の悲しみ戦後70年引揚げ者の記憶』この番組は強烈でした作品賞を受賞してるのでこれから再放送があります、ローカル局の再放送なので観るのが難しいかもしれませんが・・・ http://kry.co.jp/tv/okusoko/


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月16日 19:34
    > mixiユーザー 1/18の午後、こちらのローカル放送がありますので、予定表に入れておきました。
    ほかの予定とぶつからなくてよかった。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月16日 21:20
    > mixiユーザー この番組心が氷ます悲惨過ぎますつい最近の事ですよくもまーそれを考えると晋三は集団的自衛権執行したと思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月16日 21:30
    > mixiユーザー 反戦の気持ちはどうしても私もそこにたどり着きます。次の選挙のためにできることをいろいろとしようと思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月18日 22:31
    > mixiユーザー 
    見ました。
    録画したので、DVDにダビングしています。
    稀有な記録ですね。
    知人にも見てもらうつもりです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月18日 23:05
    > mixiユーザー  それはよかった悲惨ですよね戦争の実態です戦争は人間を人間でなくするまた人殺しにするものです、語ってる方々は墓まで持っていく話しなので語らなかったと言っていますねでもこの体験を後世の人たちに知って欲しかったと・・・かっぱさんに知っていただいた、だけでつぶやいた甲斐があります。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月18日 23:39
    > mixiユーザー 
    こういう内容は個人的なつながりの中で、二人の知人から聞いたことがありました。
    しかし、今回の放映のように映像の迫力ある記録は初めてでした。
    心からの感謝を致します。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する