ホーム > mixiユーザー(id:60165349) > mixiユーザーの日記一覧 > ビリギャルは良い映画

mixiユーザー(id:60165349)

2016年01月10日04:58

153 view

ビリギャルは良い映画

マイミクの巨椋修の新世界さんが先日映画『ビリギャル』が良かったというつぶやき
を読んで私は巨椋さんとは何度かお会いしているので巨椋さんを良い方だと思っているその巨椋さんが
良い映画だと言うので巨椋さんの何かにその映画は触れたのだろうと思った2日ほど前にTSUTAYAで
このことを思い出し映画『ビリギャル』を借りてきたこれは私には大冒険でまさか『ビリギャル』を観る
ことになるとは思わなかったそして今映画『ビリギャル』をDVDで観終えたのであるビックリした巨椋さんが仰るように良い映画なのである・・クズと烙印を押された女高生が一人の教師と出会い、その運命を変えた――。http://birigal-movie.jp/
小学4年レベルの学力だった金髪ギャルが、日本最難関の私大・慶應義塾大学への現役合格を果たす実話を
https://www.youtube.com/watch?v=aZdU6y9NeiI




坪田信貴が書いた本『ビリギャル』の映画化で私は何故こんなに訴えるものがあるのだろうと真剣に考えたそして今
南朝鮮で受験地獄に苦しんでいる若者たちがハングルのスーパーを付け観るべき映画だと思った・・学閥で苦しむ若者たちが希望を持てる映画になっているこのように書くと典型的な映画を想像しがちだが山田洋次映画のように臭味はなくユーモラスでセンスがよい作品に仕上がっている私が今年観た映画のベスト3に入る1位『杉原千畝』2位『クリード チャンプを継ぐ男』3位『ビリギャル』である
『ビリギャル』の監督は土井 裕泰、TBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)・制作1部所属のテレビドラマの演出家で映画は『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』などがある
デリケートな人の感情の交差を上手く描く監督であるビリギャルの母役を演じた吉田羊が存在感がある演技で好かった彼女の人気の秘密が分かったような気がする主役のビリギャルは有村 架純、主役を上手く乗り切ろうとしているそのリアルさに好感が持てる私は巨椋さんのつぶやきを読まなかったらこの『ビリギャル』を観逃すところ私の日常に『ビリギャル』は入ってこないので私の将来にこのことは大きな影響を与えると思います。その意味で巨椋さんには深い感謝を致します。・・次は同じくマイミクのお竜@艶壺さんが連日告知をしている『おやじ男優Z』でも観てみようかな?

フォト左・映画のポスター中央・有村架純と吉田羊 右・本ビリギャルの表紙モデルは本人

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する