mixiユーザー(id:6007866)

2020年05月25日07:35

116 view

『 手紙は覚えている 』


制収容所アウシュビッツで生き残ったユダヤ人ゼブ(クリストファー・プラマー)は夫婦で老人ホームで暮らしていた。一週間前に長年連れ添った愛妻ルースが亡くなり、ルースの死のショックで認知症が進んで、彼は妻が亡くなったことさえ忘れてしまうようになっていた。妻の喪が明けると、同じ入所者で車椅子生活を送るマックスから、「 君と約束したことを覚えているか? 奥さんが亡くなったら、計画を実行に移す約束だ。大丈夫か? 」と告げられる。マックスとゼブはアウシュビッツで生き延びた囚人仲間で、二人の家族はアウシュビッツで殺されていた。彼らはゼブの妻ルースが亡くなったら、自由に動けるゼブが老人ホームを抜け出し、二人の家族を殺した収容所ブロック責任者オットー・ヴァリッシュに復讐する計画を立てていたのだった。マックスはオットーが「 ルディー・コランダー 」という偽名で1940年代にアメリカに入国し、一般人として生活していることを突き止めてたが、同名の候補者は4人存在した。認知症のゼブに替わって、マックスは探索・殺害までの詳細なプランを手紙に書き、ゼブはその指示に従って、途中、何度も電話でマックスと連絡をとりながら、目的のオットーを捜し出す旅に出るのだったが・・・。 (Amazonプライムで配信視聴)


 この先、ネタバレ全開。 







 オットー・ヴァリッシュ本人の顔を知るのは、車椅子のマックスと認知症のゼブの二人しかいない。行動に制限のあるマックスが計画立案と支援に回り、認知症ではあっても自由に歩き回れるゼブが探索・殺害を担うのは合理的だ。マックスは認知症のゼブが何もかも忘れ、オットー探索・殺害計画が頓挫する危険性を考慮して、彼に渡す手紙の冒頭に事態を把握できる「 状況説明 」を明記している。そこには、愛妻ルースが一週間前に死んだこと、ルースが亡くなったあとにゼブが復讐計画を実行に移すと宣言していたことと共に、4人のルディー・コランダーの所在、列車・バス・タクシーなどの移動手段と宿泊場所など緻密な計画が順を追って、丁寧に書かれていた。ゼブは旅の途中で何度も混乱するため、自分の左手首に「 手紙を読め 」と注意を書き込み、それに気がつくたびにマックスの手紙を読み返し、記憶を蘇らせるのだった。

 この映画の怖さは、認知症のゼブがマックスの手紙だけを頼りに、オットー・ヴァリッシュ捜索の旅を続ける過程にある。マックスの手紙に指示に従って、ゼブが銃砲店で拳銃を購入してからは、その怖さが一段と高まっていく。無造作にポーチに入れて持ち運ぶ拳銃(グロック)を他人に見られてはならないのだが、ゼブは認知症である。マックスがゼブに持たせた手紙は探索と殺害のための手引書であっても、ゼブが常に手紙の内容を覚えているはずがなく、拳銃をポーチに入れているという認識も希薄だからだ。国境を超える時、ハラハラさせる演出が巧い。

 ゼブが絶大な信頼を寄せるマックスの手紙(指示書)だが、邦題『 手紙は覚えている 』は少々、映画の内容に寄り添い過ぎているきらいがある。勘の鋭い視聴者(観客)にとって、この邦題は完全なネタバレになりかねない。手紙は覚えているが、ゼブ本人が忘れている重要な過去の存在を邦題が暗示するからだ。私は予告編を見た瞬間から、「 実はゼブ本人が、捜し求めている親衛隊員オットー・ヴァリッシュではないか?」という疑惑をずっと抱いていた。もし、別の邦題がついていたら、この映画をもっとスリリングに観ることができただろう。残念である。

9 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 07:44
    スランプ気味だったアトム・エゴヤンの久々の快作でした。カナダの監督といえばクロネンバーグかドゥニ・ビルヌーブですが、エゴヤンも忘れちゃいかんですね。
    これ、マーティン・ランドーの遺作だったのかなぁ。




    ネタバレあり・手紙は覚えている日記↓
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1956552769&owner_id=2940502
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 08:07
    > mixiユーザー 

     お日記、さっそく拝読しました。

     登場人物の大多数が老人ですから、静かに進行するサスペンスでしたね。クリストファー・プラマーも老けましたが、味というか、存在感があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 20:00
    クリストファー・プラマーがまだ生きていた事が驚き(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月25日 20:43
    > mixiユーザー 

     コメントありがとう存じます。( *´艸`)
     
     フォン・トラップ大佐も歳をとりましたよ。びっくりしたのは、この映画にはブルーノ・ガンツも出てました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月31日 21:44
     すんません。書きかけのようだったので、すぐには控えてましたが、忘れそうなので。

     わたし、最初にこれを観たとき、クリストファー・プラマーの老いに驚きましたが、彼が撮影時に84歳を過ぎていたというのにも驚愕しました。凄いと、ほんとに凄いと思います。おしっこ漏らしてしまう演技なんか、この人が演ずるなんて想像できませんでした。ラストの写真には涙ぐみました。

     また、マーティン・ランドーは何番目のじいさんなのかなあ、とずっと観ていたのにいないので、終わってからマックスだと知り、ひっくり返りそうになり、さらにユルゲン・プロホノフが出ていねえじゃないか、ともう一度観て気づき、「Uボート」のイメージしかなかったので、言葉が出ませんでした。゛ょ謡なら30数年経ってますから、数えてみれば当たり前なんですが。

     役者さんって、ほんとにすごい、と感嘆しました。

     でも、オチはちょっと無理があると思いました。今まで周囲の年寄りを見てきましたが、認知症でも、古い記憶ほど残ってるような感じがするからです。思い込んでわざと忘れてきた、と言う設定なんでしょうが、完全にダメになったわけでなく、まだらボケ状態ならなおさら。

     しかし、いい作品です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月01日 15:45
    > mixiユーザー 

     すみません、書きかけで放置したままになっておりました。コメントをありがとう存じます。

     クリストファー・プラマー、びっくりするくらい老けましたね。個人的に『サウンド・オブ・ミュージック』のフォン・トラップ海軍大佐か、『サイレント・パートナー』の変質的な強盗が最も印象に深いのですが、本作の老けっぷりは本当に驚きました。認知症老人が演技ではなく、素なのではないかと思えるほど、リアリティを感じます。

     ブルーノ・ガンツはともかく、、マーティン・ランドー、ユルゲン・プロポノフも見事な老人ぶりで本当にすごいですね。脚本家が「老人がたくさん出演する映画がないので、老人を主人公にした映画を作りたい」と企画したようですが、なるほどなぁと感心してしまいました。

    > でも、オチはちょっと無理があると思いました。今まで周囲の年寄りを見てきましたが、認知症でも、古い記憶ほど残ってるような感じがするからです。思い込んでわざと忘れてきた、と言う設定なんでしょうが、完全にダメになったわけでなく、まだらボケ状態ならなおさら。

     同感です。父は晩年、認知症が進んでいましたので、本作の主人公の認知症が「脚本に都合の良いところだけ記憶がない」という点は違和感を覚えました。おっしゃる通り、直近の記憶からどんどん消えていき、古い記憶ほど残る傾向がありますね。精神科(もの忘れ外来)の医師の話では、認知症は個々人によって違いも大きいそうですが、父の場合は直近(数分前)の記憶が全く留まらない反面、昔の記憶がどんどん鮮やかになって来ました(最後は4歳、5歳の時の体験談まで話していたほどです)。主人公が愛妻ルースの死の記憶がない、死んだことを理解していないのは認知症として普通なのですが、アウシュビッツ時代の記憶が認知症によって消えているということは考えにくいです。意識的に封印してしまったという設定ならわかりますが、そういう封印さえ、本来、認知症の前には無力だと私は思います。また、主人公がグロックを使いこなして危地を脱することも、親衛隊下士官として拳銃の扱いに慣れており、記憶ではなく「自然に」発砲したとするのが合理的です。とどめのヘッドショットなど、拳銃を初めて持った老人ができる技ではないでしょう。

    > ラストの写真には涙ぐみました。

     「歳月の流れ」を残酷なほど、強烈に突きつけるものでしたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する