ホーム > mixiユーザー(id:60027620) > mixiユーザーの日記一覧 > 12月16日

mixiユーザー(id:60027620)

2019年12月16日02:43

10 view

12月16日

戦犯容疑者としてGHQから出頭命令を受けていた近衛文麿元首相が服毒自殺:昭和20年のこの日。近衞 文麿(明治24年10月12日〜昭和20年12月16日)は、日本の政治家。栄典は勲一等公爵。貴族院議員、貴族院副議長(第10代)、貴族院議長(第9代)、内閣総理大臣(第34・38・39代)、外務大臣(第57代)、拓務大臣(第13代)、班列、農林大臣(臨時代理)、司法大臣(第43代)、国務大臣、大政翼賛会総裁(初代)などを歴任した。
昭和20年12月6日に、GHQからの逮捕命令が伝えられ、A級戦犯として極東国際軍事裁判で裁かれることが最終的に決定した。近衞は巣鴨拘置所に出頭を命じられた最終期限日の12月16日未明に、荻外荘で青酸カリを服毒して自殺した。54歳2ヶ月での死去は、日本の総理大臣経験者では、もっとも若い没年齢である。また総理大臣経験者として、死因が自殺である人物は近衞が唯一でもある。自殺の前日に近衞は次男の近衛通隆に遺書を口述筆記させ、「自分は政治上多くの過ちを犯してきたが、戦犯として裁かれなければならないことに耐えられない…僕の志は知る人ぞ知る」と書き残した。この遺書は翌日にGHQにより没収された。(出典:今日は何の日、Wikipedia)画像は、大礼服に勲一等瑞宝章を着用した近衞。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!