ホーム > mixiユーザー(id:6002189) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:6002189)

日記一覧

Opera
2017年07月31日14:27

バイエルン州立歌劇場は、満席だった。

続きを読む

ドイツ自動車業界
2017年07月30日05:04

去年VWの排ガス不正に関する「偽りの帝国」という本を文藝春秋から出しましたが、今や排ガス不正はダイムラーにも飛び火。ポルシェ・カイエンの一部の車種は、排ガス不正疑惑のために販売禁止。シュトゥットガルト行政裁判所は、来年から同市での大半のディー

続きを読む

ミサイル
2017年07月30日02:55

日本は与党も野党も悲惨な状態だ。北朝鮮がICBMを近海に撃ち込んでも、防衛大臣すらいない。防衛大臣がいても、手の打ちようがないようだが。米国も中国も頼りにならない。北朝鮮の挑発には、打つ手なしか。東アジアにこのような事態が生まれるとは、誰も予想

続きを読む

またテロ
2017年07月29日21:27

ハンブルクのスーパーマーケットで亡命申請者と思われる外国人が、「アラーは偉大だ」と叫びながら、包丁で次々に買い物客に襲いかかり、1人が死亡し7人が重軽傷を負った。おちおちスーパーにも行けない。ドイツは段々イスラエルに似てきた。

続きを読む

Diesel2
2017年07月29日21:16

ドイツの医師の中には、「車のディーゼルエンジンなどからの窒素酸化物のために、毎年ドイツで3万2000人が呼吸器系の病気で死亡している」と主張している人もいる。私も子どもの時には,喘息に苦しんだ。ミュンヘンからもディーゼル・エンジン車を締め出

続きを読む

Diesel
2017年07月29日16:25

ディーゼル車通行禁止には、トラックやバスも含めて例外はあり得ません。さらに裁判所は、VWやダイムラーが計画しているソフトウエアの更新だけでは、不十分と断定しています。つまり車のメーカーは、車のハードを更新しなくてはならず、多額のコストがかかる

続きを読む

ポルシェへの鉄槌
2017年07月29日02:07

ドイツ連邦自動車局(陸運局に相当する)は、「ポルシェ・カイエンが窒素酸化物の排出量を不正に操作するソフトウエアを使用していた」と断定し、同社にリコールを命令。自主的リコールではなく強制命令だから、ポルシェには厳しい措置だ。結局、環境保護団体

続きを読む

Dunkirk
2017年07月28日04:55

私はクリストファー・ノーランの映画が大好きだ。今日見た「ダンケルク」も素晴らしかった。映像が素晴らしい。スピットファイア―のファンには感涙物だろう。https://www.youtube.com/watch?v=F-eMt3SrfFU

続きを読む

スターリン・ゴシック
2017年07月27日03:24

リガで見たスターリン・ゴシック。この種の建物はモスクワは勿論、ワルシャワにもある。共産主義のケルン大聖堂だ。

続きを読む

7月にバルト三国へ取材に行ってまいりました。ロシア軍は今年9月、バルト三国周辺で10万人の将兵を動員した大規模な軍事演習を実施します。ロシアによるクリミア併合以来、バルト三国では、プーチン政権に対する不安が高まっています。こうした中ドイツな

続きを読む

カルテル
2017年07月25日03:59

VW、ダイムラー、BMW、ポルシェ、アウディは、60の作業部会を持ち、過去5年間だけでも1000回にわたって技術的な細部について、「談合」を行っていた。特にアドブルーの容器についての談合は、排ガス不正と直結する問題なので見逃せない。だがカルテル

続きを読む

Brexit
2017年07月24日14:30

知り合いの英国人と話すと、「BREXITは百害あって一利なし。全く理解できない」とこぼす人が多い。BREXITは、グローバル化の勝ち組に対する、負け組の痛烈な「ノー」である。グローバル化に取り残された地域の、ストライキ。その証拠に、ロンドンの金融業界で

続きを読む

コーラス団
2017年07月24日00:26

ある教会コーラス団の、イタリアでのコーラス風景。私はこのコーラス団のお抱え写真家です。

続きを読む

バルト三国
2017年07月23日23:35

バルト三国についての7000字の原稿を書き上げて、写真とともに東京の編集部に送りました。材料が沢山あるので書きがいのある原稿だった。

続きを読む

オストプロイセン
2017年07月23日23:26

ロシア国境から約1キロの地点。手前はリトアニア領。クルシュー・ラグーン(淡水の湾)に突き出た砂州は、ロシア領。この砂州の彼方には、カリーニングラードがある。

続きを読む

巨大談合?
2017年07月23日02:03

VW排ガス不正がさらに拡大。シュピーゲル誌は「VW、ダイムラー、BMWなどが技術的ディテールやコスト、下請け企業などについて談合をしていた」とスクープ。確かに窒素酸化物の排出量を減らす「温度ウインドウ」は横並びだった。事実とすれば、第二次世界大戦

続きを読む

ディーゼル危機
2017年07月22日16:57

2018年1月1日から、シュトゥットガルトでディーゼルエンジンの車が事実上禁止される可能性が強まっている。自動車産業に依存する同市、そしてドイツの自動車メーカーにとっては、大きな脅威だ。来週末に地元の裁判所が禁止を命じた場合、同様の動きがド

続きを読む

VWに端を発したディーゼルエンジンの排ガス不正は、ますます拡大。独検察庁はダイムラーに対しても捜査を開始している。シュトゥットガルトとミュンヘン市は、ディーゼル車の大半を通行禁止にする可能性が強まっている。さらに欧州委員会は、窒素酸化物規制に

続きを読む

ドイツとトルコの対立
2017年07月22日02:14

トルコとドイツは「冷たい戦争」ともいうべき状態に突入した。トルコ政府がドイツ人を含む人権活動家5人を、テロ組織との共謀の疑いで逮捕したのだ。怒った独のガブリエル外相は、夏休みを中断し駐独トルコ大使を呼びつけて、即時釈放を要求。これまでにエル

続きを読む

エストニア
2017年07月22日01:50

エストニアで買ってきた黒パンを食べ終わってしまった〜。こんなに美味しいのなら、2個か3個買ってくれば良かった〜。これ、ドイツに輸入したら絶対に大当たりすると思うんだけど、どうかな?ドイツのパン屋の売上高が減るかも?

続きを読む

黒パン
2017年07月20日15:00

バルト三国で本当に美味いと思ったのは、黒パンだ。香ばしく、噛んでいるとジワーっと旨味が出てくる。ウクライナやベラルーシでも黒パンが美味しかったが、バルトのはもっとうまい。ドイツの黒パンを凌駕する。タリンを離れる直前に焼き立ての黒パンを買い、

続きを読む

Black madonna
2017年07月20日13:49

ビリニュス市民から崇拝されている黒い聖母像。外からでも拝めるのが珍しい。道行く人々はこの像の下に来ると立ち止まり、十字を切る。リトアニアは、バルト三国の中で唯一カトリック教会が強い国。隣国ポーランドと共通の文化圏にあることがわかる。黒い聖母

続きを読む

オストプロイセン
2017年07月19日03:37

今回、初めて旧ドイツ領のオストプロイセン(東プロシャ)を訪れた。現在はリトアニアであるクライペダは、かつてメーメルというドイツの町だった。1944年に怒涛のように東進するソ連軍に占領された。かつて4万人の市民の約90%がドイツ人だった。教会

続きを読む

アールヌーボー
2017年07月18日05:13

アールヌーボーが好きな人がリガに来たら、足が地面に吸い付いて、もう帰りたくなくなるでしょう。

続きを読む

リガ
2017年07月18日05:00

リガのエリザベート通りは、アールヌーボーの華麗な装飾の美術館のようだ。リガは欧州で最も美しい都市の1つである。

続きを読む

KGB
2017年07月18日04:50

リガのKGB本部があった建物。この中で、仮借なき尋問や拷問が行われていた。多くの市民はこの建物の入り口をくぐったきり、二度と帰ってこなかった。内部は薄暗く、死者の怨念がこもっているようで気味が悪い。

続きを読む

今年5月14日にドイツで最大の人口を持つノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州で州議会選挙が行われ、アンゲラ・メルケル首相が党首であるキリスト教民主同盟(CDU)が大躍進した。この州が牙城である社会民主党(SPD)は、前回の選挙に比べ

続きを読む

ドイツ人ジャーナリスト
2017年07月06日14:00

ミュンヘンは気温30度。アウグスティーナー酒造のビアガルテンは、超満員。ここで若いドイツ人ジャーナリストと3時間にわたり議論した。楽しかった。ドイツのジャーナリストも正社員になるのは至難の業で、まず「社内フリーランサー」としてこき使われてか

続きを読む

Kohl
2017年07月02日02:46

今日はストラスブールでコール元首相の「EU葬」が行われた。ーーーーーーーーーーーーーーー統一宰相コールの栄光と限界 東西ドイツ統一を実現し、ユーロ導入など欧州統合の強化に大きく貢献した、ヘルムート・コール元首相が、6月16日に死去した。87歳

続きを読む

Gold Star
2017年07月01日22:49

あまりに暑いので、イスラエルの地ビール「ゴールドスター」で渇きを癒す。テルアビブのロスチャイルド通りのハンバーガー・レストラン「モーゼス」にて。米国の影響か、この町にはハンバーガー・ショップが多い。この店は以前有名なコーシャ料理の店だったが

続きを読む