mixiユーザー(id:6002189)

2022年05月14日13:30

101 view

ウクライナ

フィンランドが正式にNATO加盟の方針を表明。スウェーデンもまもなく続く。

これらの国々が中立の状態を捨てて、軍事同盟に加わるのは、ひとえにプーチンのウクライナ侵略戦争が彼らに恐怖感を与えたからだ。

両国は2014年のロシアのクリミヤ併合を見て「これは危ない」と考え、NATOとの連携を強めて準備してきた。

つまりプーチンはNATO東方拡大を防ごうとして、逆に東方拡大を加速してしまった。

自殺点である。

フィンランドとスウェーデンは正式に書面でNATO加盟を申請すると、加盟国代表が「加盟文書」に調印する。

その時点で両国は、NATOの会議に出席できる。(ただし議決権はない)

両国が加盟できるのは、他の全ての加盟国の議会が「加盟文書」を議会で批准してから。批准が完了するには、1年はかかる。

それまでの間に、ロシアはフィンランド・スウェーデンを挑発する可能性が高い。

NATOの北大西洋条約第5条の集団自衛権は、加盟国にならないと発動されないからだ。

このためフィンランドはすでに英国との間で二国間防衛協定を結ぶ。万一の際には、英国が防衛に協力する。

フィンランドは、「ロシア軍はウクライナに釘付けになっており疲弊しているので、フィンランドを同時に攻撃する余力はない」と見ている。

フィンランドとスウェーデンが、いまNATO加盟を急ぐのは、そのためだ。

多くの国々が、NATOに「逃げ込む」ことを望むだろう。

NATO加盟はいま欧州で最も重要な「保険。」だ。
4 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 16:37
    【今起きて居る事の意味】
    ──────────────




    NATOは、本来は共産ロシア
    を仮想敵とする軍事同盟
    だが、ソビエト・ロシアが崩壊し
    た後も解体され無かった。



    是は、 NATOが、 共産主義
    で有ろうが無かろうが、ロ
    シアを仮想敵として居る事
    を証明して居る訳で有る。



    民主主義vs共産主義のイデ
    オロギー対立は、表向きの方
    便に過ぎず、東西対立の
    真の要因は、Sea Power
    vs Land Power で有った。



    で有るから、イデオロギーと
    体制に拘わらず、海洋勢
    力と大陸勢力は、其勢力
    圏の拡大競争に因り必然
    的に競合う運命に有った。



    だが、アメリカ帝国主義が其
    力の源泉で有るペトロダラー
    ・システムに依るドル基軸を失
    った今日、アメリカがユーラシアか
    ら全面的に手を引くのは
    最早時間の問題と言える。



    大変革期には付き物の一
    時的な揺れ戻し反動に過
    ぎぬバイデン政権も、 トランプ
    路線を力尽くで変える事
    は最早不可能で有る事を
    悟り、軍事介入はし無い
    事を早々と明言して居た。



    パックスアメリカーナは終焉した。



    既に百年前、マッキンダーが予
    見した通り、大航海時代
    から五百年続いた海洋帝
    国主義=Sea Power の時
    代は幕を閉じ、Land Pow
    erの時代が到来したのだ。



    で、有る以上、海洋帝国
    主義=資本主義の上部構
    造に過ぎぬ自由主義、民
    主主義も其役割を終える。



    一見、世界の耳目を集め
    た、派手なNATOの東方拡
    大とは裏腹に、NATOが今
    後、世界史の表舞台から
    フェードアウトする事は不可避、



    然う遠く無い将来、恐ら
    くは四半世紀以内にアメリカ
    は、ユーラシアから全面的に手
    を引き、NATOと日米同盟
    は解体消滅する事に成る。



    然う成れば、ヨーロッパはアメ
    リカを抜きにした、ヨーロッパ
    に依るヨーロッパの安全保障
    システムを構築する事に成る。



    NATOと言う、巨大な官僚
    機構を如何に円滑且安全
    に縮小、解体に導き、ヨー
    ロッパに依るヨーロッパの安全
    保障システムを構築するか?



    其処で問題と成るのはヨー
    ロッパとは何処か?で有り、



    ブリテン島、スカンジナビアはヨー
    ロッパか?欧半島の基部は
    何処に定めるか?バルト海
    と黒海を結ぶポーランド、チェ
    コとスロバキア、ハンガリー、ルーマニア、
    ブルガリアの西端ラインか東端
    ラインか?其とも、バルト三国、
    ベラルーシ、 ウクライナの東端をバ
    ルト海アゾフ海に結ぶ線か?



    今、起こって居る事の本
    質は、其処に還元される。




    ──────────────
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 16:38
    【今起きて居る事の意味】
    ──────────────




    其場合、 ヨーロッパとは、 Sea
    PowerとLand Powerが際
    限無く勢力争いを繰広げ
    る地政学上のヨーロッパでは
    無く、自然地理的、歴史地
    理的概念としてのヨーロッパ、



    即ち、簡単に言えば、ラテ
    ン・ゲルマン世界で有り、其処
    にスラブ世界は含まれ無い。



    端的に言って、ヨーロッパと
    は、ラテン・ゲルマン世界で有る。



    ポーランド、チェコ、スロバキア、ブル
    ガリア、旧ユーゴスラビア諸国は、
    スラブ圏が欧半島基部に食
    い込んで居るに過ぎ無い。



    況してや、ウクライナは其等東
    欧諸国の更に東に位置し、
    ヨーロッパから遥かに掛離れ、



    人種民族的にも地理的に
    も歴史的にも、ロシアと一体。



    三十年前迄、ロシアの引力圏
    だった物が、ロシアの一時的
    体制崩壊で離れただけで、



    ロシアが力を取戻せば、元の
    鞘に戻るのは自然な事だ。



    何故ならば、其迄の千年
    に及ぶ歴史の展開の結果
    として其処に落着いて居
    た訳で有るから、当然其
    が歴史の必然なので有る。



    遥か大西洋の彼方の国が
    其処に介入する事の方が
    地理的、歴史的、人種民
    族文化圏的に見て遥かに
    異常な事で有ると言える。



    然う遠く無い将来、ヨーロッ
    パとロシアの境界線は、再び
    ゲルマン、スラブの境界に戻る。



    ヨーロッパ=ラテン・ゲルマン、東欧
    ・ロシア=スラブ世界で有る以
    上、其境界が二つの世界
    の境界線と成るのは自然
    の理で有って、事実、然
    うで有った第二次大戦後
    からソビエトロシアの崩壊迄が
    二つの世界が最も安定し
    て均衡した時代で有った。



    プーチンは、熟柿が落ちるの
    を待っても可かったのだ
    が、歴史と言う物は矢張
    り最終的には力で証明さ
    れる物で有るから、何方
    道必然で有るならば、自
    分が大統領の座に有る今、
    決着を付ける事を選んだ。



    ヒトラーの敗北の原因は、自
    分が生きて居る内に、世
    界征服の要、ハートランドを手
    に入れようと、無茶な性
    急さで事を推進めた為だ。



    或いは、プーチン大統領も同
    じ轍を踏むかも知れ無い。



    だが、仮にプーチン大統領が
    後一歩の所で、ユーラシア統一
    の大偉業を達成出来ぬ儘、
    終ったとしても、此、世
    界史の大潮流は変ら無い。



    いずれにせよ、其が世界
    史の必然で有れば、何人
    も其に抗う事は出来無い。



    世界史は其固有の理法摂
    理に従って展開する必然
    の顕現、帰結なので有る。




    ──────────────
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 16:44


    ウクライナと違い、ロシアはフィンラ
    ンドをロシアの一部と考えて
    無い。況してスウェーデンは尚
    更。其等がNATOに加盟し
    ようがロシアはウクライナを取る。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 16:46

    オウンゴール=自殺点等と言う
    人が一部に居るが、考え
    が浅いとしか言様が無い。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 16:48

    今回の件でNATOが国連
    同様の茶番で有る事が
    ハッキリした上、抑、NATO
    は此先もう長くは無い。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月14日 16:50

    何時迄も有ると思う
    なNATOと西側(笑)!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する