mixiユーザー(id:6002189)

2021年03月02日14:24

25 view

Corona

明日は、注目のメルケル首相と州政府のコロナ対策会議。

ドイツ政府も日本政府同様に、対応に苦慮している。

ドイツ国民の間ではロックダウンによる憔悴が高まり、ロックダウン緩和を求める声が強まっている。

人々の間で「ロックダウン疲れ」が広がっている。

一方英国変異株のために、直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数(Inzidenz)は、増えつつある。周辺国では変異株が猖獗を極めている。

こう考えると、直ちに緩和することは危険だ。

メルケル政権は、Inzidenzが一定の水準よりも下がるという条件付きで、4月か5月のロックダウン緩和への見通しを示さざるを得ないだろう。

さもないと市民の不満が爆発する。


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する