mixiユーザー(id:6002189)

2020年09月24日03:07

31 view

Corona

欧州コロナ通信 第384回 2020年9月24日

多くの日本人はそこそこの給料を稼いで、物質的貧困からは免れていた。だが果てしない出張や残業のために時間的貧困に陥っていた。

コロナが強いた在宅勤務は、欧米ほどではないとはいえ、多くの日本人に時間的貧困からの束の間の解放をもたらしたのではないだろうか。

時間的貧困も、ばかにできない問題だ。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する